So-net無料ブログ作成

『仮面ライダーゴースト・ファイナルステージ』参戦レポ!(その1・キャラクターショー編) [仮面ライダー]

去る10/15(土)~10/16(日)の2日間・合計6公演に亘って開催された『仮面
ライダーゴースト・ファイナルステージ』@中野サンプラザ。

2日目の16日に関しては最終公演のスペシャル・バージョン(18:00開演)分の
チケットを残念ながらゲット出来なかった都合上、止む無く新宿バルト9での
ライブ・ビューイング参戦となった訳ですが・・・そう言えば第2部・キャストトーク
ショーの途中(=確か19時40分頃と記憶してます)で生中継が数分間程中断
しちゃったんですよね~。

突然、スクリーンが真っ暗状態になってしまいまして、当然ながら私を含めて
客席のあちらこちらから戸惑いの声が続出してました。

これって、私が参戦した新宿バルト9だけのアクシデントだったのでしょうか?
それとも全国規模での共通トラブルだったのでしょうか?

この件に関しては終演後も特に状況説明や謝罪が一切無かったので真相は
藪の中状態なんですが・・・せめて一言くらい何らかのアナウンスをして頂き
たかったですわよね~。(^^ゞ

さて、それでは早速ですが両日分の模様を少しずつ振り返ってみたいと思い
ます!

まずは第1部・キャラクターアクションショー部分から参りましょうか!


◆第1部・キャラクターアクションショー◆

第1部の主な粗筋(冒頭部分)は軽く紹介するとこんな感じだったでしょうか。

**********************************************************

最後の強敵であったグレートアイザーを倒し、自らもグレートアイからのお礼と
称してようやく人間として蘇る事が出来た天空寺タケル。

彼は今日も数名の英雄ゴースト達を相手に、更に強くなるべく修行を続けて
いた。

そんな中、タケルがふと漏らした一言=「一体誰が一番の英雄なんだろう?」
がきっかけとなり、仙人による鶴の一声で『天下一英雄武道会』が開催される
事になる。
(※ちなみに優勝賞品はタケルの父・天空寺龍がかつて仙人に贈呈したと
言う、新選組の隊長・近藤勇が使用していたらしい名刀。)

タケルを筆頭に御成、アカリ等の仲間達に加え、眼魔世界からもタケルに縁
のある人物達が人間界に来訪し、全員がゴースト・スペクター・ネクロムの全
フォームに変身しつつどの英雄ゴーストが一番強いのかを競い合うバトルが
繰り広げられる。

善悪が一切関わらない平和な戦いが展開して行くその一方で、未来世界では
は現代世界に於いてその全てを破壊した筈のデミア・システムが更に進化した
グレート・デミアが人類を支配しようと画策しており、デミアの悪事を断つべく
タケルの未来の息子・アユムがダークゴーストに変身して唯一人奮闘していた。

ダークゴースト=アユムの圧倒的な強さに押されつつあったグレート・デミアは
アユムの存在を消す為に過去世界へ出向き、天空寺家の血筋を絶つ=タケル
の抹殺を新たに企む。

かつてタケルと既に巡り逢いを果たしていたアユムは父の命を救う為、すぐさま
デミアの後を追って過去世界に飛んだ・・・。

***********************************************************

まず最初に、『天下一英雄武道会』と聞いてすぐピンと来た方は数多くいらっ
しゃるかと存じます。

そうです!・・・つまりはあの『ドラゴンボール』の初期ストーリーをあたかもパク
ったかのような展開ではありませんか!(^^ゞ

とは言え、『ゴースト』も『DB(ドラゴンボール)』もいわゆる同じ東映作品の括り
ですし、パクりと言うよりも同じネタの使い回し的な感じでしょうかね。(^^ゞ

大会そのものについてはブロック別(AブロックとBブロック)に分かれての対戦
がそれぞれ繰り広げられ、後にグレート・デミアが乱入してからはそれぞれ関係
性の深いキャラ・チームが結成されつつガンマイザーや眼魔との戦いが展開
していったのですが、ここで特に印象深かった(=と言うより思わずクスッとして
しまった?苦笑)バトル・シーンを少々挙げてみます。

◇カノン(ビリー・ザ・キッド魂)がシブヤ(ロビンフッド魂)とナリタ(ニュートン魂)
の修行僧コンビから不意打ちを食らってしまうも、愛しい妹の危機一髪に慌てて
駆け付けたマコト(ツタンカーメン魂)が二人に逆襲して撃破する。

◇しかし頼れる兄に救われたカノンは自分が最後まで勝ち残るべく、今度は
マコトに対して不意打ちを食らわせる。 カノン「隙有り! お兄ちゃん!」
可愛い妹にこっぴどく裏切られた形のマコトは「・・・カノン~!!!」と悲痛な
叫び声を上げる。
(可愛い見た目とは裏腹のカノンちゃんの強かさにはさすがのお兄ちゃんも
形無しですわね~。苦笑)

◇ガンマイザーとの対戦でチームを組んだアラン(サンゾウ魂)+アリア(ヒミコ
魂)+ジャベル(リョウマ魂)は、ジャベルが大天空寺での修行の末に取得した
と言う新必殺技『タコヤキ(苦笑)』をアランとアリアに伝授。
アリアは戸惑いながら、そしてアランは「俺は眼魔世界で一番のたこ焼き屋に
なる!(苦笑)」と訳の分からぬ気合を込めて共に必殺技を繰り出す。
(アラン様ってば・・・目指すところが絶対におかしいんですけど!苦笑)

◇ジャベル(リョウマ魂)がグンダリを呼び込もうとするもやはりと言うか案の定
と言うか1体も現れず苦戦状態に・・・その上、アリア(ヒミコ魂)から「アンタが
無駄遣いしたからでしょ!」と軽くお怒りを食らう羽目になる。
(さすがは"グンダリ無駄遣いおじさん"の異名を取るだけの事はあります。笑)

◇ゴエモン魂とタッグを組んだ御成が感慨深げに「またゴエモン殿と一緒に戦う
事が出来て、拙僧は幸せですぞ!」と語るもゴエモン魂に全くその気は無く「わし
は他の強い者と組みたかったぞ!」と素っ気なく返答、御成を再び落胆させる。
(この御二方はは相変わらず相思相愛には程遠い間柄らしいです。笑)

とまあ、いろいろと突っ込みどころが満載のシーンが結構ございました、ハイ。

そしてこの『天下一英雄武道会』には何と何と、死後の世界(苦笑)からタケル
君のお父様・龍さんもムサシ魂とタッグを組んで密かに参戦していまして、ムサシ
魂との共闘や自慢の息子・タケル君との対決を心から喜んでいましたわね~♪

第1部のキャラクターショーの結末は、タケル君+龍さん+アユム君と言う親子
三代の奇跡の共闘が実現し、無事にグレート・デミアを撃破してめでたし×2と
相成り、アユム君と龍さんはタケル君との強い絆を改めて感じながらそれぞれ
未来世界と死後の世界へと戻って行くのでした。

エンディングの部分では素顔のタケル君+マコト兄ちゃん+アラン様+御成
さん+アカリちゃんが登場し、一番の英雄は会場に来てくれた観客の皆だった
と称賛しつつ、ここで御成さんがふとある疑問を投げ掛けておりました。

それは私も凄く気になっていた、アユム君の母親が果たして誰なのか?と言う
謎の部分だったのですが・・・結局はあやふやにごまかされて最後まで明らか
にはなりませんでした。

そもそも『ゴースト』本編では、タケル君他メイン・キャラクターに関する恋愛描写
のストーリーは全くありませんでしたし、最終回でいきなり登場した新キャラ・アユ
ム君の正体がタケル君の未来での息子だと言う設定もこの『ファイナルステージ』
で初めて明かされたキャラ設定でしたので、母親が誰かなんて当然ながら誰にも
想像が付く筈ありません。(^^ゞ

タケル君に一番身近な異性と言えば、幼馴染のアカリちゃんですけど・・・彼女の
場合はタケル君にとっては恋愛対象と言うよりもちょっと年上のお姉ちゃん的な
存在なんだろうと思うんですよね~。

とは言え、タケル君やアカリちゃんにとって未来世界はまだ何年も先の時代ですし、
その間に二人の間にひょっとしたら恋愛感情が芽生える事も十分有り得る訳です
から、決して可能性が無いとも言えない訳で・・・。

まあその辺りの解釈については、『ゴースト』ファンそれぞれの想像に任せる、と
言ったところなんでしょうね。

と言う訳で、かなり遅いタイミングになりましたが、先週末に開催された『仮面ライ
ダーゴースト・ファイナルステージ』第1部の模様とざざっと振り返ってみました。

次回は第2部・キャストトークショーのレポートをお届けする予定ですので、もう
少々お待ち下さいませ!





コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。