So-net無料ブログ作成

『Glamloid』ツアー@大宮ソニックシティ・超プチレポ! [access]

今年も当ブログにお越しになって下さった読者の皆様方、新年明け
ましておめでとうございます!!!m(__)m

2016年の今年こそ、個人的には今の厳しい現状を打開しつつ最高の
1年にするべく昨年以上に頑張らせて頂く所存であります!

又、当ブログ的には今年も気ままに様々なフェイバリット・ジャンル
を熱く激しく(苦笑)綴って行こうと思っておりますので何卒本年も
宜しく御贔屓にお願い申し上げます♪

それでは早速ではありますが、昨年の大晦日に大宮ソニックシティで
開催された、我が最愛のデジタル・ユニットであるaccessの秋冬ホール・
ツアー『Glamloid』千秋楽+カウントダウン・ライブの模様をざざっと
振り返ってみたいと思います!



今回のツアーFINAL@大宮、元々は追加公演と言う括りなんですけど
その当日がたまたま大晦日と思いっ切り被った事から、いっその事
年越しライブにしてしまえ!と言うスタッフの便乗商法的な思惑(※
あくまでも推測です!笑)により、実に久々(=2年振り)のカウント
ダウン・ライブと相成りました。

カウントダウン扱いになった事で、開演時刻も22:30とかなり遅めの
時間帯にセッティングされたので、私は昨年最後の仕事を終えて帰宅
するや否や、すぐさまその週の分の衣類洗濯からスタートしつつ夕飯
を食してから余裕を持って大宮に向かう事が出来ました♪

そして珍しい事に定刻きっかりに(苦笑)ライブ本編がスタートし、
中盤の映像コーナー・『AXS CHANNEL(当日はこれまた珍しく
"あくせすちゃんねる"と平仮名タイトルに変わってました!)』を
挟みつつ、次第にカウントダウンの瞬間を迎える時間帯に近付いて
行ったのでした。

ちなみに大晦日版の『あくせすちゃんねる(笑)』は、これまでの
"サイコロ・トーク"(サポメン勢の柴ちゃん+Cちゃん+守尾さんを
含む)ではなく何と何と大ちゃんとHIROの二人っきりの温泉宿ロケ
と言う、"年末夫婦旅行(違)"だったのでございますっ!!!(^^ゞ

私の記憶が正しければ、おそらく今回のロケ地はこちらだったのでは
ないかと推測されます。(もしも「違うよ!」と言う御指摘の意見を
お持ちの方々がいらっしゃいましたら、是非ともコメント入力欄にて
訂正依頼の御連絡を頂ければと存じます。苦笑)

http://www.kawarano-yu.com/
(おがわ温泉・花和楽の湯)

此処でしたら関東圏内ですから日帰りロケが可能でしょうし、しかも
ダーリンの実家もある埼玉県内でもありますし(それはあんまり関係
無いか?笑)、様々な要因でロケ地に選ばれたものと思われます。
(個人的にはお泊りロケでも全然オッケーでしたけどねっ!)

二人は露天風呂でまったりと寛いだり宿泊部屋で美味しい料理に舌鼓を
打ったりしながら2015年の総括や2016年への展望を熱く語り倒しており
ましたわね~♪
(映像コーナーのエンディング部分では他にも、露天風呂内でやや微妙な
上司&部下系の小芝居をしながら熱燗を楽しむ彼らの様子も映っていて、
とにかく可笑し過ぎましたっ!苦笑)

accessファン歴・21年を誇る私ですけれど、まさか年越しライブの映像
コーナーの中で彼ら2人の浴衣姿とか露天風呂で湯船に浸かる逞しくて
美しい半裸状態のお姿(笑)を目の当たりにしよう等とはこれっぽっちも
予想しておりませんでしたわよっ!(^^ゞ

例え仕事とは言え、彼らのこう言うプライベート・モードなお姿って
滅多に見られない事ですし、この映像は是非とも私達ファン側に何らか
の形(つまりは正式に商品化する等)でご提供願えないものかしら!?

この素敵な映像が流れている最中、殆どのaccessファン達が歓喜の
悲鳴を上げ続けていた事は言うまでもありませんでしたわね~。(^^ゞ

さてさて、そんなこんなで刻一刻とカウントダウンの時が近付く中、
どの辺りで本編に一旦区切りを付けるのか・・・私は腕時計を時折
チェックしつつハラハラしながらライブの推移を見守っておりました。
(ステージ後ろのスクリーン上には、時々カウントダウンの残り時間
が表示されていました。)

ところが新年5分前になっても尚、曲が終わるような様子が全く見られ
なかったので、さすがに私は心配になって来てしまいました!(^^ゞ

そして気が付けば新年を迎える直前のナンバー終了時点であと僅か
数十秒と言うギリギリの状況になってしまっていたのでした!

後にHIRO曰く、大ちゃんのソロ・パートがいつもよりも長過ぎた所為
では?等とリーダー殿に責任を擦り付けていたんですけど(苦笑)まあ
何しろ大ちゃんってば、ソロ・パートの時に大晦日に大抵流れる定番曲・
『第9(又は歓喜の歌)』のお馴染みのメロディーを引用して無駄に長々
と引っ張っていたのが実は私も何となく気にはなっていたんですよね~。

それが結果的に、切羽詰まった状況を作ってしまったと言えるかも
知れません。(苦笑)

HIROが実にわざとらしく危機的状況をリーダー殿に伝える中、スク
リーン画面は再びカウントダウン時間表示に切り替わり、彼らと私達
は声を揃えて2016年に変わる瞬間をどうにかこうにか無事に迎える事
が出来たのでありました!(^^ゞ

新年を迎えた瞬間、客席の頭上からは何と無数の銀テープが降り注ぎ、
今ツアーで初めて1階席中央部分に座席を陣取る事が出来た私はここぞ
とばかりに奮起して見事計6本の銀テープを確保する事に成功しました!

ちなみに銀テープにはツアータイトルである『Glamloid』のロゴに加え
大ちゃんとHIROの直筆メッセージが共に赤文字でプリントされており
ました♪
(大ちゃん=正統派コメント、HIRO=ややおふざけモードの文面!笑)

ライブ本編終了後、ECタイムを待つ間には本編の某曲にて大活躍して
くれた2匹の恐竜ちゃんコンビが大きな酒樽をステージ上に運び込む光景
が暗転した会場内から見て取れました。

そして二人が再び登場してからは、2016年に向けた抱負トークが色々と
展開しておりましたわね~。
(時折、彼らそれぞれから無茶振り的なトークもあったりしましたがね。
DA=温泉でライブ!とか、HIRO=一挙8曲の新曲同時リリース!等。笑)

十数分間のMCトークが一段落した後、ようやくサポメンの柴ちゃん+
Cちゃんを呼び込んでから大ちゃんとHIROによる鏡開きが行われまして
全メンバーに酒樽からお神酒が振る舞われつつ、客席側のファン達には
"エア杯(笑)"を指示して一斉に乾杯と相成りました♪
(その瞬間、私は「乾杯!」ではなく「プロージット!」と某・元帥
閣下殿の如く心の中で密かに叫んでおりましたわよっ!苦笑)

ちなみに私は基本的にアルコール駄目な人間なのですが、もしも愛しの
彼らから直々に振る舞われるお神酒だったら多分軽く1杯程度なら飲めた
のでは?と思いますっ!(^^ゞ

ECでは他にも、ライブでしか披露されないあの名曲を久々に聴かせて
貰っちゃいましたし、同コーナーの2曲目では何と白い巨大風船が数個
客席内に強制投入されたり(=その内の1個が何故かステージ上に残され
つつダーリンの目の前で破裂→中から通常サイズの白い風船が多数飛び
出して来てHIRO慌てる!の図がやたらおかしかった!苦笑)カウント
ダウン終了直後もその余韻に浸る余裕すらないくらい大いに楽しませて
頂いちゃいましたわよ!

そんなこんなで新年明けてから25時15分過ぎにECパートも終了し、私は
運行本数が激減されたJR路線や私鉄路線の終夜運転の中、約2時間掛けて
帰宅の途に就いたのでした。
(自宅到着は軽く28時を廻った頃でございました!苦笑)

と言う訳で2年振りのaccessカウントダウン・ライブになった訳ですけど、
やっぱり年越しの瞬間を愛しい彼ら2人と過ごせると言うのはテンション
MAXになっちゃいますわよね~♪

こう言う季節柄のイベントは毎年開催すると大抵の場合マンネリ化する事
は間違いないので(苦笑)又いつか・・・そう、また数年後かで全然構わ
ないので次回も素敵な企画を是非とも組んで貰いたいものです!
(特に映像コーナーに於ける彼らの露天風呂入浴シーンはグッジョブ!!
だと言わざるを得ないくらい最高でしたわよっ!)

今回のカウントダウン・ライブは『ニコ生』でも生中継されていました。
諸事情で現地参加出来なかったaccessファンの皆様にとっても大いに
楽しめたのではないでしょうか?
(タイムシフト期間は丸々1ヶ月間有りますので、私はギリギリまで
待ってから本編映像を堪能したいと思っております♪)

以上、こんな感じで大晦日のaccess年越しライブの模様をお届けして
みました~♪


Winter Ring Affair(A盤)

Winter Ring Affair(A盤)

  • アーティスト: access
  • 出版社/メーカー: Darwin
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: CD




Winter Ring Affair(X盤)

Winter Ring Affair(X盤)

  • アーティスト: access
  • 出版社/メーカー: Darwin
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: CD




Winter Ring Affair(S盤)

Winter Ring Affair(S盤)

  • アーティスト: access
  • 出版社/メーカー: Darwin
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。