So-net無料ブログ作成

『QUIT30』ツアー@大宮ソニックシティ(2日目)・参戦プチレポ♪ [TM NETWORK]

先月29日(水)のよこすか芸術劇場を皮切りに、現在秋冬のライブ・ツアー
『QUIT30』真っ最中なTMのお兄様方。

今週の11/12(水)~11/13(木)の2日間には、関東圏内の大宮ソニックシティ
での公演が開催されまして、私も昨夜の大宮2日目に参戦して参りました!!

それでは早速昨夜の模様を振り返る(※注:多少ネタバレ要素を含みます)と
同時に、このブログ記事をご覧の皆様にまたまたお願い事がありますので、
御了解の上でこの先へお進み下さいませ。



先月の横須賀初日から比べてみますと、若干のセットリスト曲順変更や主に
映像面での演出部分に進化が見られたように思いましたわね~♪

特に、映像で登場するオトナな女性に成長したキャロルさんの台詞字幕が
横須賀初日よりもかなり判り易い文面に修正されていた気がしました。
(具体例:「蜘蛛の巣云々・・・。」等と言う台詞が別のものに差し替え、他。)

そして前回の横須賀初日レポでも書かせて貰いましたけど、横須賀2日目より
セットリストから抹消された例の某・メモリアルソングについては、大宮公演
でも復活する事はございませんでした・・・。(T_T)

つい先日の先生からの呟きによりますと、どうやら大宮公演辺りでステージの
全体像や構成は完成されるらしいので、おそらく今回のツアーでのセットリスト
は大宮でほぼ固まったのかも知れませんわね~♪

そんな感じで個人的にはちょっとだけ残念な部分があったりするんですが、でも
何より今回の冬ツアーではお兄様方御本人が終始とにかく楽しそうにステージ
を展開してくれている事ですし、もうそれだけで全然オッケーですわよっ!

特にこの『QUIT30』ツアーでは、先生がとにかくアクティブで素敵なんです!

先日も当ブログに書いたかも知れませんが、此処近年のTMツアーではほぼ
キーボード要塞の中に籠りっ放し(苦笑)だった先生が、今回の冬ツアーでは
後半部分でショルキー片手に要塞から脱出して下さる場面が多々あるのです。

それにショルキー・プレイに加え、演奏時には積極的にコーラス参加までして
下さる場面が今ツアーは非常に多いんですよね~♪

ちなみに今回先生がお使いになっているショルキーは、黒と赤の2種類仕様。

黒のショルキーの時は、木根氏との某・直接対決(笑)コーナーにて。
そして赤のショルキーの時には、終盤パートの某・定番ソングにて、それぞれ
使い分けていらっしゃるようです。

そう言えば赤のショルキー・プレイの時、何と先生はステージ前方のみならず
ステージ右端ギリギリの部分にまで客席に近寄って下さったんですよ!!!

その時の先生の行動に思わずクスッとしてしまったんですが、ちょうどステージ
両側に大きなスピーカーが迫り出していた影響なのか、先生は一旦ショルキー
をステージ・スタッフに預けつつステージを降り、スピーカーを避けながら再び
ステージ上に上がって右端に寄って来て下さったのです。

とは言うものの、その同じ場面で木根氏は先生と違ってスピーカーを軽々と乗り
越えてそのまま反対側=ステージ左端ギリギリの部分へ向かいつつギターを
懸命にかき鳴らしておいででした。(^^ゞ

先生と木根氏の言わば対照的な行動をその場で見比べていた私は、改めて
御二方の性格の違いと言うものをまざまざと見せ付けられた気がしました。
(苦笑)

昨夜の大宮2日目、私のお席は1階18列のやや右寄りだった事もありまして、
あんなに間近で先生の神々しいキーボード・プレイを拝ませて頂けた事に
ついつい超興奮してしまいましたわよっ!

何よりステージ上の先生の表情が本当に充実していて、自分達が紡いでいく
ステージを先生御自身が楽しんでいらっしゃるかのようにも思えるほどです。

振り返れば・・・6~7年前のTMツアーでは、何処と無く表情に精彩を欠きつつ
何かに苦悩し、何らかの重荷を背負っている印象すらあったステージでの先生。

おそらくそれは、自分にいずれ訪れるであろう制裁の瞬間を恐れていたのかも
知れませんし、又は何らかの罪の意識を感じ始めていたのかも知れません。

それはともかくとして、此処最近の先生はTMとしての活動が目白押しな状況も
あってなのか、とっても穏やかな表情になられているのがFANKSの一員である
私としても非常に嬉しく思います!

そんな風にこれまでにないほどアクティブな先生に負けじと、今回の冬ツアーで
意外な大活躍(苦笑)を見せて下さっている木根氏に関しても、珍しい事に私は
何故か不思議な格好良さを感じてしまっているのですっ!(^^ゞ

そもそも私は、お兄様方の中では断然“ウツ様派”の筈なのに・・・どうして今回の
冬ツアーに限って、木根氏が魅力的に見えてしまうのか?

その理由は例えば、木根氏の今回のパーマ・ヘアだったり、彼のソロ・パートや
フィーチャー・パートでの躍動感を見せ付けられている影響が十分考えられます。
(木根氏のヘアスタイルに関しては、昨夜御一緒させて頂いた2人の年上FANKS
御友人方も同じように「格好良かったよね♪」と感想を述べられていました。)

そして冬ツアーに於ける木根氏の見せ場の一つである、先生との某・直接対決
(苦笑)コーナーでは、まるで「こんなのはどうだ!?」と言わんばかりに先生に
対して次々と攻撃を仕掛ける木根氏の様子が妙にムキになっているようにしか
見えないんですよね~。(^^ゞ

実はこの時、TMの名曲の一つである某曲のサビメロを弾いて下さっていたのに
一瞬で気付いてしまい、更に興奮度のボルテージが上がってしまったSilver
でございました。(苦笑)

そんな攻撃モードな木根氏にやや困惑した苦笑いを見せつつ「仕方ないなあ。」
と言ったような表情を浮かべて、彼に嬉しそうに応戦する先生・・・。
彼ら2人のステージ・バトルを、私は微笑ましく拝見させて貰いましたわよっ♪

何だか今回の冬ツアーで木根氏の意外なカッコ良さを見せ付けられてしまった
気がしないでもありませんけど、多分この先も私がウツ様→木根氏に心変わり
するなんて事は絶対に有り得ないでしょうねえ~。(^^ゞ

来月参加する、東京国際フォーラム公演@有楽町では一体どんな風に進化を
遂げているのだろうか? 更なる期待感を膨らませつつ、また1ヶ月後にお兄様
方に再会出来る日を心待ちにしたいと思います♪

では・・・最後になりますが、私から改めてのお願いがございます!

先日、当ブログ内に於いて、ツアー千秋楽となる12/10(水)東京国際フォーラム
の余りチケットを譲って下さる方を募集させて頂いていますが、残念ながら本日
現在お申出は届いておりません。(T_T)

そこで本日より、少々条件を変更したいと思います。

現在私の手元にある12/9(火)公演分チケット(計1枚)と、今この記事を御覧に
なっているFANKS様方がお持ちになっている12/10(水)公演分チケットとを
交換して頂ける方も同時に募集させて頂く事とします!

ちなみに12/9(火)公演分の座席は、1階31列30番台後半のお席となります。

もしも交換を承諾して下さる方がいらっしゃいましたら、是非こちらの記事下に
ありますコメント欄に、次の必要項目を御入力下さい。

◇交換希望者のお名前 (本名又はハンドルネーム)
◇交換希望者の御連絡先 (PC用メールアドレス又は携帯用メールアドレス)

尚、当ブログ記事に御入力頂きました内容は、個人情報保護の為にこちらには
一切掲載致しませんので、どうぞ安心して御入力頂ければと存じます。
(※交換取引成立後、御提示頂いた個人情報は責任を持って削除致します。)

以上、引き続き皆様方からの暖かいお申出を心よりお待ち申し上げております!
何卒何卒、御協力を宜しくお願い致します!m(__)m


CAROLの意味

CAROLの意味

  • 作者: 小室哲哉
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2014/11/15
  • メディア: 単行本



↑昨日と一昨日の大宮公演・2DAYSに於いて、こちらの先生御執筆のCAROL
関連本が一般発売に先駆けて先行販売されておりました♪

で、大宮ではこの発売を記念して、ライブ終演後に何と何と先生御自身による
サイン会も開催されたようなんです!

私も昨夜の大宮2日目にこの本を購入しつつ、限定10名と言うサイン会抽選に
臨んだのですが・・・やはり残念ながら落選となってしまいました。(T_T)

そもそも私にとっては“神”的な存在である先生ですし、そんな神々しい御方に
やたら無闇に近付いてはならないのだぞ!と言う、真なる神様の思し召しだった
のかも知れないな・・・と、抽選外れに妙な納得をするSilverなのでした。(苦笑)


QUIT30 (2枚組CD+DVD)

QUIT30 (2枚組CD+DVD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2014/10/29
  • メディア: CD




QUIT30 (2枚組CD)

QUIT30 (2枚組CD)

  • アーティスト: TM NETWORK
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2014/10/29
  • メディア: CD




QUIT30

QUIT30

  • アーティスト: TM NETWORK
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2014/10/29
  • メディア: CD




CAROL DELUXE EDITION(完全生産限定盤)(DVD付)

CAROL DELUXE EDITION(完全生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: TM NETWORK
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2014/12/24
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。