So-net無料ブログ作成
検索選択
テレビドラマ ブログトップ
前の10件 | -

『猫忍』・第1話のファーストインプレッションは・・・。(※少々ネタバレ要素有り?笑) [テレビドラマ]

遂に昨日1/4(水)から、まずその先陣を切って我が地元・tvk(=テレビ神奈川)
にてO.A.がスタートした、かつての『猫侍』シリーズの流れを汲む猫系連ドラ・
『猫忍(ねこにん)』。

本当なら昨夜の第1話はリアルタイム視聴しつつTwitter上で呟き実況でもして
みたかったところなのですが、どうやらその直前にうとうとし始めたのが悪かった
のか思いっ切り寝落ちしてしまいまして(苦笑)、気が付いたらとっくの昔に初回
O.A.が終わった後でございました!(^^ゞ

とは言え毎週録画予約はバッチリ抜かりなく設定しておいたので、今更ながら
つい先程第1話を拝見させて頂きましたわよ~。

物語のテイストが侍系→忍者系に変わったものの、本編の雰囲気的には前作
の『猫侍』シリーズを彷彿とさせるシーンが結構あったように思いました。

それが証拠に今回の第1話には、前作シリーズとのリンクを感じさせるシーンや
台詞がさり気なく紛れ込んでいまして、思わず「おおっ!」とプチ興奮してしまった
のであります!

さて、此処から先は昨日の第1話をネタバレ要素含めてざざっと振り返りたいと
思いますので、まだO.A当日を迎えていないエリアの方々や「自分が観るまで
ネタバレ絶対ダメ!」とお思いの皆様方は、誠に申し訳ありませんが此処で
速やかにお引き取り願いたいと存じます。(^^ゞ



続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

猫×忍者の連ドラが遂にスタート! 特撮系キャストもちゃっかり忍んでる?(^^ゞ [テレビドラマ]

私が数年前に思いっ切り嵌ってしまったアニマル系時代劇連ドラ・『猫侍』シリ
ーズ。

この連ドラがきっかけとなって私は今やすっかり猫派人間(苦笑)と化した訳
ですけど、そんな『猫侍』シリーズを制作したスタッフ陣が再び集結して新たな
猫系連ドラが誕生します!

その名もズバリ、『猫忍(ねこにん)』でございます!

前作の『猫侍』が失業中のお侍さんと猫ちゃんが主人公コンビだったのに対し、
今作の『猫忍』ではタイトルからもお察し頂けるかと存じますが、何と忍者と猫
ちゃんが最強タッグを組みます!

主な粗筋としましては、若き忍者が自身の幼い頃に生き別れた父親に雰囲気
が激似のオス猫と出逢い、その猫を飼い始める事から物語が始まるらしいん
ですけど・・・今作の主役の一人(と言うか実際には一匹と言うべきか?笑)で
あるオス猫・金時君がいわゆるポッチャリ系の猫ちゃんで、前作・『猫侍』シリ
ーズに於けるヒロイン・玉之丞(※別名:玉ちゃん)を演じた御高齢な美魔女
ネコ・あなごさんとはまた一味違った可愛さを見せてくれてるみたいなんです
よねえ~♪

ちなみにそのあなごさんと言えば、今作の『猫忍(ねこにん)』にチラッとだけ
ゲスト出演するらしいではありませんか!

あなごさんの役どころがどんなものなのかは現時点では明らかになっていま
せんけれど・・・もしかして前作・『猫侍』での玉ちゃんとしてカメオ的に再登場
するのか、或いは全くの別キャラとして出演するのか、どちらかのパターンが
考えられると思うんですよねえ~。

私個人的には勿論、玉ちゃんとしての登場であるなら凄く嬉しい限りですが、
果たしてどうなりますやら?
まずは本編を観てからのお楽しみと言ったところでしょうかねえ~♪

そして今作・『猫忍(ねこにん)』には、私が大好きな特撮ヒーロー系ドラマに
以前出演していたキャストさんもレギュラー(又は準レギュラー)・キャラとして
出演しているらしいのですっ!


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

45歳差の恋、成就なるか!? [テレビドラマ]

毎週金曜日のやや深夜帯にテレ朝系列でO.A.中の連ドラ・『スミカ
スミレ 45歳若返った女』。

前回のブログ記事でも書かせて貰った通り、最初の頃は歴代の平成
ライダーO.B.陣(=進ノ介君、ミッチ、黒井さん)のがレギュラー
枠で出演するのを知ったが故にこの連ドラを観始めたんですけど、
次第にライダー勢ではなくストーリーそのものに魅力を感じ始める
ようになって行きました。

実は以上のような経緯もあって、一昨日の仕事帰りに地元最寄りの
書店に寄り道して、小説版の『スミカスミレ』を遂にお買い上げして
しまいました!(^^ゞ

早速今夜から読み始めようと思っていますけど、小説版では原作や
連ドラ版のどの辺りまでが書かれているのか楽しみでございます♪

先週O.A.の第6話では、想い人・真白君が突然の心臓病発症で余命僅か
と言う衝撃の事実(黎さんの婚約者・同じく化け猫で白猫の雪白さん
による)を聞きショックを受けたすみれちゃんが、自分の若返りの源
である黎さんから分け与えられた生気を真白君に譲り渡す事で彼の
命を救い、元の65歳に戻ったすみれちゃん(=澄さん)は真白君に事
の全てを告白し、彼との切ない別れを決意します。

そりゃあ、自分と同い年だと信じて愛しく思って来たすみれちゃんが
実は65歳のおばあちゃんだと知ったら、真白君も気が動転するのは
当たり前ですし、相当に頭が混乱したに違いありません。
すみれちゃん(=澄さん)としてもそれは無論承知の上でしょう。

しかしながらこの時の真白君は、決して年齢と容姿を偽っていたすみれ
ちゃんを嫌いになった訳ではなく、真実を知った後もすみれちゃんを
好きだっただろうと思うんですよね。

そして、彼女が実は65歳だったと知っても澄さんを受け入れる度量が
自分にあるのかどうか、真白君としてはまだ自信が持てなかったのかも
知れません。

それ故に真白君は、すみれちゃん(=澄さん)と一時距離を置こうと
思い、イギリス留学を決心したんでしょうね。
(あくまでもSilver的推測です、ハイ。)

すみれちゃんが黎さんから貰った2度目の青春を引き続き頑張って行く事
(※具体例:就活等)を知って心からのエールを送る真白君の姿に、私は
益々好感が持てましたわね~。

ところがすみれちゃんを主と敬い常にフォローしてくれていた黎さん
は、澄さんが幼少の頃から屏風の絵の中で彼女をずっと見守っていた
経緯もあって(おそらくその当時から澄さんに対してある種の想いを
抱いていた?)、澄さんの笑顔を見たいが為に再び自身の生気を彼女
に分け与えて20歳の姿に若返らせつつ、澄さんの元から忽然と姿を
消してしまった・・・と言うのが先週までの粗筋でございました。

真白君のすみれちゃんへの純粋な恋心は勿論素敵だと思いますけど、
化け猫と言う禍々しい存在でありながら自身の主と見込んだ澄さんを
大切に思う黎さんと言う存在も実に健気で素敵ではありませんか!

何よりも、例え自分の命を削る結果になろうとも澄さんに自らの生気
を分け与えつつ、彼女が失った青春の日々をもう1度取り戻させてやろう
と言う真摯な気持ちがキュンキュンしちゃいますわよね!

願わくば、もう1年以上お付き合いしているオスの野良猫・黒猫のボク
ちゃん(※あくまでSilver的通称です。)にもそんな不思議な力が備わっ
ていて、いつか私に幸運をもたらしてくれると良いのになあ・・・。
(すみません・・・単なる独り言です故、サラッと流して下さいませ。
苦笑)

今週O.A.の第7話では、あっという間に5年後の世界(笑)が描かれる
みたいですわね~。

黎さん不在中ももしかして、子の刻(23:00~25:00の2時間)だけ元
の老婆に戻ってしまう現象は残っていたりするんでしょうか?
(もしもそうなら、その時間帯だけは外出自粛しなければなりません
ものねえ。)

第7話ではすみれちゃんと真白君や黎さんとの5年振りの再会等、2つの
再会が待ち受けているのですが、何と次回予告では真白君がすみれちゃん
にプロポーズしているみたいではありませんか!

この5年の間に、どうやら真白君はすみれちゃんへの想いをずっと変わ
らず温め続けていたようですけど、随分と思い切ったものですわね~。
(遂に45歳差の恋をゲットする覚悟を決めたのかしら?)

果たしてすみれちゃん(=澄さん)は真白君のプロポーズを受けるのか?
それとも黎さんの長きに亘る自分への想いを知って気持ちが揺れるのか?

何はともあれ、最終章と銘打ったラスト2話(第7話+最終回・第8話)も
要チェックですわよっ!!!


スミカスミレ 1 (マーガレットコミックス)

スミカスミレ 1 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 高梨 みつば
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: コミック




スミカスミレ 2 (マーガレットコミックス)

スミカスミレ 2 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 高梨 みつば
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/07/25
  • メディア: コミック




スミカスミレ 3 (マーガレットコミックス)

スミカスミレ 3 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 高梨 みつば
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/01/23
  • メディア: コミック




スミカスミレ 4 (マーガレットコミックス)

スミカスミレ 4 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 高梨 みつば
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/05/25
  • メディア: コミック




スミカスミレ 5 (マーガレットコミックス)

スミカスミレ 5 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 高梨 みつば
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/11/25
  • メディア: コミック




スミカスミレ 6 (マーガレットコミックス)

スミカスミレ 6 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 高梨 みつば
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/02/25
  • メディア: コミック




小説 スミカスミレ (集英社オレンジ文庫)

小説 スミカスミレ (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 香月 せりか
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: 文庫




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『猫侍 玉之丞、江戸へ行く』感想プチレポ♪ [テレビドラマ]

昨年の春にO.A.されていた『SEASON 2』を観始めたのをきっかけにして
そのほのぼのとしてて尚且つ独特な世界観にすっかりどっぷりと嵌って
しまった猫系連ドラ・『猫侍』シリーズ。

その『猫侍』のヒロイン(笑)でいらっしゃいますメスの白猫・玉之丞
ちゃん(演:あなごさん)のルーツが語られるスピンオフドラマ・『猫侍
玉之丞、江戸へ行く』が遂に先日の2/19(金)に我が地元のUHF局・tvk
(テレビ神奈川)でO.A.されまして、早速リアルタイム視聴(+録画予約
もバッチリセッティング!)させて頂いちゃいました!

現時点(2/21現在)ではまだ放映されていない地方局のエリアもあります
ので、当ブログに於けるネタバレは極力避けようと思いますが、まず全編
通して観た感想を書かせて頂くと、ある意味で真の主役となった玉ちゃん
が今回も超キュートで凄く凄く良かったですっ!!!

今回のスピンオフでは班目様(演:北村一輝さん)やその前に飼われて
いた呉服問屋さん宅で暮らしていた以前の玉ちゃんのエピソードが描か
れている訳ですが、このSPドラマに於いても玉ちゃんは何かと波乱万丈
な日々を過ごしていた事が良く判りましたね。(^^ゞ

そして玉ちゃんはTVシリーズでの班目様がそうだったように、今作でも
辿り着く先々で主要キャラ(寺子屋の新任女性教師や足の不自由な飛脚
さん)のそれまで頑なだった心を穏やかなものに変えてくれる不思議な
魅力を十二分に発揮してくれてましたわよっ!

スピンオフの終盤では、後のTVシリーズ『SEASON 1』での主要キャラ
もちょこっとだけ登場しているので、熱烈な『猫侍』ファンの皆様方は
そちらも期待していて欲しいと思います♪

ちなみに明日2/22(月)は"猫の日"と言う触れ込みになっている事に因み、
各種動画配信サイトやテレビ各局で猫を取り扱った様々な特集が組まれて
いるようでして、実はこの『猫侍』シリーズも例外ではないのです!

何と『ニコ生』や『GYAO!』で『SEASON 1』と『SEASON 2』の一挙
配信が一昨日から始まっていまして、『SEASON 1』未見の私としては
早速この嬉しい特別企画に乗っからせて頂いちゃいました!
(両サイト共に、スピンオフドラマのO.A.記念も兼ねているみたいです
けどね。苦笑)

私がこのシリーズに嵌るきっかけとなった『SEASON 2』に比べると
初回シリーズである『SEASON 1』は割とシリアス路線要素が多かった
ように感じましたけど、それでも要所要所でついホロッとする場面も
沢山ありましたし、とにかく1話1話観終わる度に心の中が暖かくなって
行くのを凄く実感しました。
(そう言えば班目様の心の呟きも『SEASON 1』では何となく少なめ
だったかも?)

そもそも『SEASON 2』でのギャグ路線の方が異常だったのかも知れま
せんけど(苦笑)、でも今回の動画配信企画のお陰で『猫侍』シリーズ
は劇場版も含めて全て補完する事が出来ましたわよっ!

先日も当ブログにて書かせて貰っているように、今回のスピンオフ制作
に便乗して、近いうちにTVシリーズの第3弾(いわゆる『SEASON 3』
とも言うべきか?)制作決定!なんて言う朗報が飛び込んで来たりしや
しないか?と早くも期待感で溢れまくってる私・Silverではありますが、
でも玉ちゃんを演じるあなごさんの高齢(=あの超キュートなルックス
で何と御年17歳!)を考慮すると難しいのかも知れません。

唯でさえドラマの撮影って人間の役者さん達(苦笑)にも長時間の拘束
タイム(苦笑)がありますし、それでも前作の2シリーズではあなごさん
の年齢や体調に配慮しながら撮影していたでしょうけれど、今後の新作
制作はやはり期待すべきではないのかも・・・。

何はともあれ、今作の玉ちゃん・スピンオフドラマも素敵なストーリー
に仕上がっていて個人的には大満足なSilverなのでありました!!!


スペシャルドラマ「 猫侍 玉之丞、江戸へ行く 」 [DVD]

スペシャルドラマ「 猫侍 玉之丞、江戸へ行く 」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [Blu-ray]

劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray




劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [DVD]

劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




ドラマ「 猫侍 SEASON2 」DVD-BOX

ドラマ「 猫侍 SEASON2 」DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




劇場版 「 猫侍 」 [Blu-ray]

劇場版 「 猫侍 」 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray




劇場版 「 猫侍 」 [DVD]

劇場版 「 猫侍 」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




ドラマ「 猫侍 」DVD-BOX

ドラマ「 猫侍 」DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




【小説】猫侍 玉之丞、江戸へ行く (AMGブックス3)

【小説】猫侍 玉之丞、江戸へ行く (AMGブックス3)

  • 作者: 八牙ツケ
  • 出版社/メーカー: 山下書店
  • 発売日: 2016/02/08
  • メディア: 文庫




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

玉ちゃんのSPドラマ、放映決定! [テレビドラマ]

一昨年の秋頃に自宅周辺で偶然出逢った1匹の野良猫君(=オスの黒猫、
通称:ボクちゃん)とのお付き合い(=今となってはすっかり"半同棲
生活"的な感じですがね。苦笑)をきっかけにして、猫関連のドキュメン
タリー番組や猫が出演するドラマ番組にすっかり嵌ってしまっている私、
Silver

去年の春に初めてその存在を知った『猫侍』シリーズもその中に勿論
含まれている訳ですが、昨年中にO.A.していたドラマ版の第2シリーズ・
『猫侍 SEASON2』や同年9月に全国ロードショーとなった『劇場版・
猫侍 南の島へ行く』を観て以来、すっかり『猫侍』ワールドの虜と
化してしまいました!(^^ゞ

そんな『猫侍』シリーズに、何と何と新たな展開があると言うではあり
ませんか!

既に公式発表されているのですが、何と玉ちゃんこと玉之丞が主役の
SPドラマが来月放映されると言うのです!

そのタイトルもズバリ、『猫侍・玉之丞、江戸へ行く』!

告知内容によりますと、班目様(演・北村一輝さん)と巡り逢う以前
の玉ちゃんの半生が描かれるらしいです♪

ちなみにテレビ版と劇場版とでは、玉ちゃんの前の飼い主さんはそれ
ぞれ異なるキャラクターだった筈ですわよね?

◇テレビ版(第1シリーズ)=呉服問屋
◇劇場版(第1弾)="猫派"を掲げるヤクザ一家(?)

今回はSPドラマ版と言う事なので、おそらくは呉服問屋で暮らして
いた頃の玉ちゃんが描かれるような気がするんですけど、ひょっと
したら呉服問屋さんに拾われる以前の玉ちゃんまで遡ったりもする
のでしょうか?

そう言えば公式HP内に掲載されているキャッチフレーズや予告映像
の中では「飼い主はまだない。」と玉ちゃんが仰っている(苦笑)
みたいですし、或いは野良猫時代(?)の玉ちゃんが見られたりする
のかも知れませんわね~♪

具体的な放映日時は今のところまだ正式発表されていない模様です。

この『猫侍』シリーズは関東圏内の地上波局(きっと今回も我が地元
であるtvkのみかな?)を始めとして、全国各地の地方局やBS・CS等
の衛星チャンネルまで幅広くO..Aされていますので、多分時間差で続々
と放映日が決定して行くものと思われます。

個人的な願望としましては、このSPドラマを経て連ドラ版の第3シリ
ーズ決定!と言う展開まで期待してしまってるんですけど、果たして
どうなりますやら?

玉ちゃんを演じるあなごさんがもう既にかなりの御高齢なおばあちゃん
猫のようですし、もう余り無理はさせたくないとも思いますが、やはり
まだまだ玉ちゃんの可愛さを堪能したいと言う我儘な気持ちもあるん
ですよね・・・。

ドラマ版の第3シリーズが近い将来的に実現するのかどうかはさておき、
まずは来月のSPドラマを楽しみに待ちたいと思っておりますっ!!!


劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [Blu-ray]

劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray




劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [DVD]

劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




猫侍「玉之丞」写真集

猫侍「玉之丞」写真集

  • 作者: 「猫侍」製作委員会
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2014/02/22
  • メディア: 単行本




玉之丞とゆかいな仲間たち--写真集

玉之丞とゆかいな仲間たち--写真集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2015/08/17
  • メディア: 単行本




猫侍カレンダー 玉之丞との一年 2016

猫侍カレンダー 玉之丞との一年 2016

  • 出版社/メーカー: アニューズメントメディア総合学院
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

早くも次週、遂に最終回! [テレビドラマ]

早いものでついこの間に年が明けたと思っていた2015年もとうとう
12月になりまして、あと1ヶ月でまた新たな年を迎える季節になって
しまいましたわね~。

数年前に始まった私を取り巻く過酷な状況は相変わらず好転の兆しが
なかなか見えて来ません。

しかしながら、取り敢えず今は私が出来得る精一杯の事をこなしつつ、
いつかこの現状を打開出来る時が来ると信じて頑張る他はない!と決意
を新たにしている今日この頃でございます。(^^ゞ

さて、10月中旬にスタートした人気コミックの実写ドラマ版・『エン
ジェル・ハート』ですが、私を含めた原作ファンの好感度が益々アップ
していく中、いよいよ次週12/6(日)の第9話を以って最終回を迎えて
しまいます!

この時期は年末特番が増えて来る傾向にありますから、自ずと通常の
放映クール(全11~13話程度?)よりも話数が少なくなるであろう事
は何となくですけど予想はしておりました。

これまでの計8話では、順番が多少前後しましたが原作に於けるこれら
エピソードが描かれました。

◇冴羽さんと香さんとの死別→香瑩(グラス・ハート)との出逢い編
◇シティーハンター誕生秘話編(香さんの兄・秀幸さん登場)
◇ミキちゃん登場編
◇心情移植者(高畑さん)とそのドナーにまつわるエピソード
◇信宏君のかつての仲間・白蘭(パイラン)さん編
◇冴子さんのストーカー(=秀幸さんを殺した犯人)編
◇殺人者(マッドドッグ)を義父に持つ少女(夢ちゃん)のエピソード

そして先日O.A.された第8話では秘密結社・レギオン(=原作コミック
では台湾マフィア・正道会)に香瑩ちゃんが誘拐されてしまい、遂に
チーム・シティーハンター(冴羽さん・海坊主さん・信宏君)が香瑩
ちゃん奪還の為に過酷な闘いを挑むところまでが描かれました。
(これは原作に於ける、新宿抗争編に該当するのでしょうかねえ?)

もしも原作通りにストーリーが進行して行くのならレギオン(正道会)
大ボス・李大人は実は香瑩ちゃんの本当のお父様である筈なので、おそ
らくは親子の御対面編が最終回で展開して行くのだろうと予想されます。

ちなみに原作では李大人は敢えて父親としての名乗りはしていませんし、
ドラマ版でも同じような流れになる可能性はあります。

そして私が次週の最終回で一番注目したいのが、香さんの心臓によって
新たな生命を得た香瑩ちゃんが、冴羽さんと香さんをそれぞれ自分に
とっての新しい"両親"であると認識しつつ冴羽さんを獠爸爸(パーパ)、
香さんを香媽媽(マーマ)と呼ぶに至るかどうか・・・なんですよねえ。

オリジナルの『シティーハンター』ではハードボイルド・テイストが
メインだったのに対し、パラレル作品である『エンジェル・ハート』
に於いては"人と人との絆=家族の絆"がほぼ一貫して描かれていますし、
原作ファンとしてもやはり冴羽さんと香さんに対する呼称(=獠爸爸+
香媽媽)がドラマ版でも登場するか期待している方が大勢居るのでは
ないかと思うんです。
(勿論、私もそれを期待する大勢の中の一人でございます!)

とは言え、次週予告では何やら"衝撃の最終回!"なんて変な煽り方が
されているようですし、ひょっとしたら原作コミック版とは異なる
幕切れが用意されている可能性も決して否定出来ません。
(元々原作があるドラマ版では、ストーリーの一部改変はごく稀に
見られるケースですものねえ。苦笑)

ドラマ版・『エンジェル・ハート』では主役の冴羽さんや海坊主さん、
それに冴子さんのキャラ再現力が素晴らしかっただけに1クールのみの
終了になってしまうのは非常に残念で仕方ありません。

願わくば来年以降にでも、パート2のドラマ化を是非ともお願いしたい
ところではありますが・・・それに関しましては視聴者の要望次第と
言った感じでしょうかね。(^^ゞ

何はともあれ、次週遂に最終回を迎える『エンジェル・ハート』を
最後までしっかりと見届けたいと思っております!


エンジェル・ハート公式ガイドブック (Bunch comics)

エンジェル・ハート公式ガイドブック (Bunch comics)

  • 作者: 北条 司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/05/16
  • メディア: コミック




日本テレビ系 日曜ドラマ ドラマ「エンジェル・ハート」 オリジナル・サウンドトラック

日本テレビ系 日曜ドラマ ドラマ「エンジェル・ハート」 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2015/11/25
  • メディア: CD




Save me(CD+DVD)(初回生産限定盤)

Save me(CD+DVD)(初回生産限定盤)

  • アーティスト: 西内まりや
  • 出版社/メーカー: SONIC GROOVE
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD




Save me(CD+DVD)

Save me(CD+DVD)

  • アーティスト: 西内まりや
  • 出版社/メーカー: SONIC GROOVE
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD




Save me

Save me

  • アーティスト: 西内まりや
  • 出版社/メーカー: SONIC GROOVE
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

実写版『エンジェル・ハート』は好感触! [テレビドラマ]

今回のブログ記事を書くに当たりまして、マイカテゴリー枠をどちらに
すべきなのか、正直かなり迷いました。
(『その他アニメ&コミック』枠と『テレビドラマ』枠の両方にピタリ
と該当していますからねえ~。苦笑)

散々悩みに悩んだ挙句、今回は『テレビドラマ』のカテゴリー枠として
ブログ記事を綴る事と致しましたので何卒御了解願います。

さて、早速本題でございます!(^^ゞ

先週10/11(日)から日テレ系列にてスタートしました連続ドラマ
エンジェルハート』。

この連ドラは知る人ぞ知る、あの大人気コミック&アニメ・『シティー
ハンター』の世界観を受け継ぐ、パラレル・ワールド版の『シティー
ハンター』とも言うべき同名のコミックが原作であります♪

人気コミック作品を原作とするドラマ作品や映画作品が制作されると
言うケースは今やすっかり珍しくなくなりましたわよね~。

この『エンジェル・ハート』がドラマ化されると言う情報が流れたのは
確か夏頃だったと記憶していますが、原典の『シティーハンター』共々
『エンジェル・ハート』の存在も知っていた私としましては、正直申し
上げて冴羽さん役に相応しい俳優さんが誰なのか、全く想像出来ないで
おりました!(^^ゞ

ダンディーで美女にモテてしかも軽い性格なんだけど、お仕事(※但し
闇のスイーパーと言うとっても危ない仕事ですが。苦笑)はきっちり
こなす・・・そんな似たようなキャラクターの特徴を持つ某・特命係長
殿を演じた私の御贔屓俳優さんもいらっしゃいますが、彼にはやっぱり
冴羽さんのイメージとは少々違うような気がしていました。

それに何故『シティーハンター』ではなくパラレル版の『エンジェル・
ハート』の実写化を選択したのか、一瞬ではありますが首を捻りつつ
疑問に思ったりもしました。

コミック版の『シティーハンター』は勿論の事、アニメ版の同作品に
長く慣れ親しんだ世代の私としましては寧ろ『シティーハンター』を
まず先に実写化すべきなのでは?と思いましたものねえ~。(^^ゞ
(パラレル版の『エンジェル・ハート』は、『シティーハンター』の
世界観を熟知している人でないと知らない世代が多いのでは?)

そもそもコミック作品を実写化する場合、その読者ファンの間で激しい
賛否両論の嵐が巻き起こったりしますし、実写化作品の完成度次第では
痛烈な不評を浴びる事も決して少なくありません。

そんな訳で私も『エンジェル・ハート』の実写化に多少なりとも不安を
覚える中で、遂に先週の日曜日に第1話が放送されました。

初回の第1話が通常放送枠の拡大版と言う、どのテレビ局でも有りがちな
パターンだった訳ですけど(苦笑)、率直な感想を書かせて頂きますと
かなり良かったのではないでしょうか!

冴羽さんを演じる上川隆也さんは、髪型や普段着(アニメ版『シティー
ハンター』ですっかりお馴染みな薄いブルーのジャケット等)も含めて
割と原作コミックにキャラクターを近付けて演じて下さっていると思い
ます。
(何処かお軽い台詞の言い回しも何となく冴羽さんっぽい気がします!)

冴羽さんの愛車・赤のミニクーパーが初回で登場したのもアニメ版での
『シティーハンター』を毎週観ていた私にとっては凄く懐かしかったし
嬉しかったですわね~♪

それに冴羽さん以外のサブキャラに関しても、凄く原作のイメージに
嵌っている方が居ます!

例えば、高島礼子さん演ずる冴子さん。
例えば、ブラザー・トムさん演ずる海坊主さん。

『エンジェル・ハート』での冴子さんは『シティーハンター』での妖艶
な要素は余り描かれていないので、今回の冴子さんのキャラ描写はあの
程度でちょうど良い雰囲気を出してくれていて個人的には好きですね。

それから海坊主さん(=ファルコン)はまるでアニメ版やコミックから
抜け出たような完成度の高いキャラクター作りをされていて、トムさん
が演じる海坊主さんは何処からどう見ても間違いなく海坊主さんです!
(苦笑)

ただ一つ不満を言えば、元・傭兵と言うキャラクターとしてはトムさん
の体型がやや頼りなさ過ぎる部分がどうしても目立ってしまいますけど、
まあそれはそれで仕方ありませんよね。(^^ゞ

そして昨夜の第2話での回想シーンで登場した香さんのお兄さん・秀幸
さんをあの一条様@『仮面ライダークウガ』こと葛山信吾君が演じて
くれたのですが、もうまさしく原作の『シティーハンター』や『エン
ジェル・ハート』でのイメージぴったりの風貌でかなり感動してしまい
ましたわよっ!(=髪型+眼鏡+トレンチコート!)

やっぱり葛山君は『クウガ』での一条様と言い2時間サスペンスドラマ
枠と言い、刑事役が良くお似合いだわ♪と改めて実感しちゃいました!

他のメインキャラの印象ですけど、後に冴羽さんと香さんの義理の娘的
な存在となる香瑩(シャンイン)ちゃん(演・三吉彩花ちゃん)や彼女
の仲間で後に彼女と同様に組織を脱退し海坊主さんが経営する喫茶店・
CAT'S EYEに住み込み+弟子入りする信宏(シンホン)君(演・三浦
翔平君)については「もうちょっと頑張れ~。」ってところでしょうか
ねえ~。(苦笑)

初回の第1話と昨夜の第2話を拝見させて貰い、私の中で今作に対する
好感度はかなりアップしましたし、次回以降も引き続きチェックして
みるつもりでございます!

次週の第3話では、早くもあの"幸福を呼ぶ少女"ことミキちゃん(原典
は『シティーハンター』で後に海坊主さんの愛妻となる元・傭兵の美樹
さん)が登場するらしいのですが、確か原作の『エンジェル・ハート』
ではもう少し遅い出番で初登場する筈ですわよね?

とは言え、連ドラ版『エンジェル・ハート』はおそらく1クール(=全
10~13話前後くらい?)で終了するでしょうから、少ない話数で収める
為には出来るだけメインキャラとサブキャラが中心のエピソードに絞り
込んでいきそうですし、それ故に他のエピソードを飛ばしてストーリー
を進めて行くつもりなのかも知れません。

何はともあれ、次回の第3話も今から楽しみな『エンジェル・ハート』
でございますっ!!!


エンジェル・ハート コミック 全33巻完結セット (BUNCH COMICS)

エンジェル・ハート コミック 全33巻完結セット (BUNCH COMICS)

  • 作者: 北条 司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/09/09
  • メディア: コミック




エンジェル・ハート公式ガイドブック (Bunch comics)

エンジェル・ハート公式ガイドブック (Bunch comics)

  • 作者: 北条 司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/05/16
  • メディア: コミック




シティーハンター完全読本 (ロマンアルバム)

シティーハンター完全読本 (ロマンアルバム)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2015/07/25
  • メディア: ムック




エンジェル・ハート オリジナル・サウンドトラック

エンジェル・ハート オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ,岩崎琢
  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2006/09/20
  • メディア: CD




エンジェル・ハート ヴォーカルコレクション Vol.1

エンジェル・ハート ヴォーカルコレクション Vol.1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2006/06/21
  • メディア: CD




エンジェル・ハ-ト ヴォーカルコレクション Vol.2

エンジェル・ハ-ト ヴォーカルコレクション Vol.2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2006/12/20
  • メディア: CD




エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.1 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.1 (完全限定生産)

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: DVD




エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.2 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.2 (完全限定生産)

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD




エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.3 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.3 (完全限定生産)

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD




エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.4 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.4 (完全限定生産)

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD








コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『猫侍 南の島へ行く』@109シネマズ二子玉川・鑑賞プチレポ♪ [テレビドラマ]

今年4月からO.A.された連ドラ版・第2弾の『SEASON2』を観始めて
以来、その独特で滑稽でしかもほのぼのとした世界観にどっぷりと
嵌ってしまった『猫侍』シリーズ。

その最新作となった劇場版・第2弾『猫侍 南の島へ行く』が9/5(土)
から遂にロードショー公開されましたわね~♪

この劇場版の情報を知ってからと言うもの、早く観に行きたくて仕方が
無かった私でしたが、ようやく昨日9/7(月)の仕事帰りに最寄りのシネ
コン=109シネマズ二子玉川へ寄り道して拝見しに行って参りました!

平日の夕方と言う微妙な時間帯だった所為なのか、観客は私を含めて
僅かたったの4名と言う、何だかまるで映画館の一室を貸し切り状態!?
みたいな、ちょっとした優越感に浸る事が出来たひと時でありました!
(苦笑)

ちなみに此処・109シネマズ二子玉川ですが・・・何と何と、初日舞台
挨拶で主人公コンビの班目様(演・北村一輝さん)と玉之丞ちゃん(演・
あなごさん)が来場していたと言うではありませんか!!!

実はこの初日舞台挨拶情報を知ったのはつい1週間前の事でして・・・。

気付いた頃にはもう時既に遅し状態で、舞台挨拶付指定席チケットは
完売となっていたのでした。

春先から気になっていたシリーズだったのに、何故もっと『猫侍』関連
について情報のアンテナを張り巡らせていなかったのだろう!?
もう少し注意深くチェックしていれば、こんな失態を演じずに済んだで
あろうものを!!!

映画館内に掲示されている額縁入り宣伝ポスターに班目様こと北村さん
の直筆サインが書かれてあるのを確認しつつ、私は今更ながら初日に観に
来なかった事を激しく後悔するのでありました!(T_T)

さて肝心の映画本編ですが・・・まあとにかく中身があって無いような
ストーリー展開になっていて、終始クスッとする場面は数知れず!

主な粗筋は公式サイトに書かれている通り、四国・土佐藩への単身赴任
をお姑さんから勧められた班目様が玉ちゃんを連れ立って現地に向かった
筈が、何故か見知らぬ南の島へ流れ着いてしまい、そこでドタバタ劇が
繰り広げられる・・・と言った具合です。

ストーリーの流れ的に言えば連ドラ版ではなく前作劇場版の続きとして
捉えてみるとすんなり入り込めると思います♪
(要するに連ドラ版と劇場版では、多少ストーリーやキャラ設定の違い
があるのでは?と個人的には解釈しています、ハイ。)

相変わらず眉間に皺を寄せながら心の中でゴチャゴチャと呟く班目様は
面白過ぎましたし、玉ちゃんは『SEASON2』よりも更に超キュートに
なっていて本当に抱きしめたいくらいに可愛かった!の一言に尽きました
わよ!!!

玉ちゃんを演ずるあなごちゃん、実はもう相当の高齢なおばあちゃん猫
なんですが、そんなのを一切感じさせない可愛さなんですよね~♪

特にあの丸々とした緑色の瞳にはもう堪らない可憐さすら感じますもの!

もしも借家住まいでなければ、私もあんな可愛い猫を飼ってみたいです!
(とは言え、去年の秋頃から仲良くなったオスの野良猫・黒猫ちゃん=
通称・ボクちゃんとの長い付き合いを思えば、最早彼は私の家族の一員
と言ってもおかしくないかな?)

映画本編は、全体的に劇場版の前作や連ドラ版と同様に要所要所でコメ
ディー要素がふんだんに織り込まれていて非常に楽しく、その一方では
緊張感溢れる殺陣シーン、そしてさり気なく挿入されている思わずウルッ
としてしまう場面等、『猫侍』シリーズの独特な持ち味があちこちに散り
ばめられておりましたわね~♪

今作・『猫侍 南の島へ行く』に於いて、Silver的にツボだった部分は
ざっと挙げるとこんなところでしょうか?

◇班目様の土佐単身赴任を阻んだ真の黒幕は、何とあの御方だった!?

◇南の島の住人が使う言語に、イチイチ日本語っぽい部分がある!
(その理由は本編を観れば判明します。)

◇同じく、現地の女の子(=玉ちゃんの恋のお相手となるオスの黒猫君
の飼い主?)が班目様の名前をわざとらしく言い間違う!

◇玉ちゃんと現地の黒猫君とのラブ・ロマンスに班目様、軽く嫉妬心?
(果たして彼女と彼の恋の行く末はいかに・・・?)

◇南の島のお宝を狙う女海賊(演・映画コメンテーターでお馴染みの
LiLiCoさん)が異常なほどに存在感があって良かった!
(班目様に色目を使うところなんかまさしく女優っぽかった!苦笑)

◇映画本編にもチラッと瞬間的に登場していたあの御方がエンドロール
であの名曲(しかも"猫侍Ver."として一部歌詞をアレンジ)を熱唱!
(私は本編のそのシーンを観た時点に於いて、その独特な声を聴いた
だけですぐにあの彼だと判りました!)

それにしても、何故今作の主題歌があの曲なのだろう?と上映終了後に
何度も首を傾げそうになってしまいましたわよ!
まあそれもおそらくは、受け狙いの一部ではあったのでしょうけどね。
(苦笑)

いずれにしましても今作『猫侍 南の島へ行く』は無理に畏まって観る
必要が無い、実にお軽い内容(苦笑)になっていますし、とにかく心を
真っ新にしてただ純粋に楽しく観ればそれでもうオッケーだと思います!

もしも懐事情が許せば、もう一度観に行ってみたいですわね~♪


猫侍「玉之丞」写真集

猫侍「玉之丞」写真集

  • 作者: 「猫侍」製作委員会
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2014/02/22
  • メディア: 単行本




【小説】 猫侍 久太郎、江戸に帰る (AMGブックス)

【小説】 猫侍 久太郎、江戸に帰る (AMGブックス)

  • 作者: 新井 淳平
  • 出版社/メーカー: 山下書店
  • 発売日: 2015/05/27
  • メディア: 文庫




【小説】 猫侍 玉之丞、争奪戦 (AMGブックス②)

【小説】 猫侍 玉之丞、争奪戦 (AMGブックス②)

  • 作者: 新井 淳平
  • 出版社/メーカー: 山下書店
  • 発売日: 2015/08/04
  • メディア: 文庫




玉之丞とゆかいな仲間たち--写真集

玉之丞とゆかいな仲間たち--写真集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2015/08/17
  • メディア: 単行本




ドラマ「 猫侍 」DVD-BOX

ドラマ「 猫侍 」DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




劇場版 「 猫侍 」 [DVD]

劇場版 「 猫侍 」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




ドラマ「 猫侍 SEASON2 」DVD-BOX

ドラマ「 猫侍 SEASON2 」DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD




コメント(0) 
共通テーマ:映画

シーズン2の舞台は謎の孤島! [テレビドラマ]

日本では今年・2015年明けからBS局・Dlifeにて放映がスタートした
サイエンスホラー系の海外連ドラ・『HELIX -黒い遺伝子-』。

このドラマには、私が80年代頃からファンを続けさせて貰っている
真田広之さんが重要キャラクターとしてレギュラー出演していた事
もあって、DlifeでのO.A.は毎週欠かさず拝見しておりました。

前作のシーズン1・最終回では、真田さん演じるハタケ・ヒロシ博士
の実の娘・ジュリア(=主人公であるアランの元・奥さん)が何故か
敵対していた筈の怪しい企業(謎のウィルス開発を真田さんに依頼
した会社)の経営陣の一人(?)として君臨していたのが実に衝撃的
で不可解でした。

実はこの謎の企業=イラリア・コーポレーションの役員や社員はどう
やら真田さんが開発したウィルスに感染→治癒した後に不老不死の
存在(+両目が銀色に変色する)と成り得た人材ばかりで構成されて
いるらしく、イラリア側の人間ではないものの真田さん演ずるハタケ
博士も何と不老不死の体を得ていたみたいなのです!
(そんな訳で、実際のハタケ博士の年齢は一体幾つなのやら・・・?)

なので、シーズン1の後半になってからハタケ博士とジュリアが実の
父娘だと言う間柄が明らかになった時も見た目からはそれほど年齢差
が感じられなくて、違和感が有りまくりだったんですよね~。(苦笑)

多くの謎を残したまま終了したシーズン1でしたけど、何とこれに続く
シーズン2が製作されたとの事で、Dlifeでは先週の7/18(土)から放映
がスタートしました!

今作のシーズン2では、前作(シーズン1)の主人公・アランの弟で先述
のウィルスに感染して人格暴走した経緯を持つ(その後アランの治療を
施されて完治)ピーターが主役っぽい扱いになっているようですね。

そしてアランの有能な部下で尚且つ彼と恋人関係的な間柄だったサラが
ピーターの部下的な立場で再登場しています。

ピーターとサラは、船上で多数の乗客が謎の病死を遂げた原因を突き
止めるべく、唯一の生き残りとなった女性乗客の案内で緑溢れる未知
の孤島に辿り着きます。

あら? 前作で主役だったアランは何処へ行ったの?等と心配していま
したら・・・何と何と今作から30年後の世界でその行方が判明します!

・・・そうなんです。

今回のシーズン2では、どうやら現在の世界と30年後の世界と言う2つの
時間軸が複雑に絡み合いながらストーリーが綴られて行くようなのです。

何だかこの時代設定って、確か6~7年前にO.A.されていた某・平成仮面
ライダー・シリーズにも似たようなケースがあった気がするんですが?
(このネタ、判る方だけクスッとして下さい。苦笑)

30年後の世界では、依然として全く容姿が変わらないジュリアがアラン
の行方を捜しているかのような描写が第1話で見られたんですが、彼女
とアランは衝撃的な形で再会を果たす事になります。
(詳細は、今週金曜日の深夜に再放送される第1話を要チェック!)

ピーターやジュリアに加えて、シーズン2では嬉しい事にハタケ博士こと
真田さんも引き続き再登場するらしいですし、今作でハタケ博士がどんな
形でストーリーに絡んで来るのか非常に楽しみな『HELIX -黒い遺伝子-』
でございます!
(しかしながら某・Wikiによりますと、この『HELIX』は残念な事にシー
ズン2で打ち切りが決まったみたいですわね~。苦笑)


HELIX ー黒い遺伝子ー シーズン 2 COMPLETE BOX [Blu-ray]

HELIX ー黒い遺伝子ー シーズン 2 COMPLETE BOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




HELIX ー黒い遺伝子ー シーズン 2 COMPLETE BOX [DVD]

HELIX ー黒い遺伝子ー シーズン 2 COMPLETE BOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD




HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン 1 COMPLETE BOX [Blu-ray]

HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン 1 COMPLETE BOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン 1 COMPLETE BOX [DVD]

HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン 1 COMPLETE BOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『猫侍SEASON 2』、感動の(?)フィナーレ! [テレビドラマ]

私が4月頃から突然嵌ってしまった、時代劇+動物系連ドラ・『猫侍
SEASON 2』が我が地元・tvk(=テレビ神奈川)にて遂に最終回を
迎えてしまいました!(T_T)

そもそもこの連ドラはちょうど4月頃に『スカパー!』加入契約3周年
記念特典として無料視聴する事が出来ていたCSチャンネル・アニマル
プラネットでO.A.していたのがきっかけで観始めたのですが、1話→
2話→3話と見続けて行くうちに玉之丞ちゃん(メスの白猫)の異常な
程の可愛さにじわじわと惹かれて行ったんですよね~♪

『猫侍2』は基本的には1話完結的なエピソードが続いておりました。

殆どのエピソードが有り得ない意外な展開ばかりでとにかく笑える要素
が満載でしたけれど、その一方では何処かで心がほわっと暖かく感じる
シーンもしっかり織り込まれていたりして、その度に思わず目頭を潤ま
せてしまったりもしました。
(ちょっと私自身の境遇と班目様のそれが何処となくリンクしている
ような気もしていたので・・・。泣)

ところが、第9話ぐらいに班目様のお姑さんが上京して来た辺りからスト
ーリーは風雲急を告げて参りました!

他の放送エリアではまだ最終回を迎えていない地域もあるかと思います
ので具体的なネタバレは敢えて控えさせて貰いますが・・・まあ何にせよ、
班目様と玉ちゃんが今後も"ツンデレ"な関係でずっと一緒に暮らしていく
であろう事は間違いありません!とだけ申し上げておきましょう。(^^ゞ

今秋公開予定である劇場版の第2弾・『猫侍 南の島へ行く』も公開日
が正式に9/5(土)に決まったみたいで益々楽しみになっちゃいました!

この劇場版パート2をもし無事に観る事が出来ましたら、また当ブログ
で感想を綴ってみようかと思っております♪










































コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - テレビドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。