So-net無料ブログ作成
検索選択
超時空要塞マクロス系 ブログトップ

ちょっとだけ消化不良気味な最終回・・・。(^^ゞ [超時空要塞マクロス系]

先月25日(日)付のO.A.(=TOKYO MX枠)を以って、計2クール(全26話)
の放映が終了した『超時空要塞マクロス』シリーズの最新作・『マクロスΔ
(デルタ)』。

『マクロス』シリーズの定番要素と言えば、敵陣営に対抗する為の"歌攻撃"と
メイン・キャラクター勢による"恋の三角関係"が見どころですが、『マクロスΔ』
に於いても同様の要素が採り入れられました。

"歌攻撃"については女性5人組の戦略ユニットワルキューレが全編を通して
活躍し、そして"三角関係"に関しては主役パイロットのハヤテ+ワルキューレ
の新メンバー・フレイア+旧作でのエースパイロット夫妻・マックス&ミリアの孫・
ミラージュの3人が中心になって物語が進行して行きましたけど・・・私個人的
に言わせて貰うならば、ハヤテ達の恋愛模様が最後まで余り描き切れなかった
ような気がしてなりません。

彼ら3人の関係性については結局、終始ハヤテとフレイアの相思相愛状態で
終わりましたし、ミラージュも最後の最後でようやくハヤテに告白はしたものの
何だかそれが却って取って付けたような感じになってしまったのが非常に残念
だったんですよねえ~。(^^ゞ

確かに、職場仲間に対して最初は同僚として接してきたつもりが相手に対して
徐々に恋心を覚えて行く、と言う展開は旧作(=つまりはファースト・マクロス)に
於ける輝と未沙の関係性を思わせるものでしたが、ミラージュのハヤテに対する
思いの描写がちょっと弱過ぎる印象が個人的には強く感じてしまいました。

ミラージュがもうちょっと頑張ってハヤテに対してモーションを掛けてくれれば
3人の恋愛模様ももっと盛り上がったかも知れませんけど、最終的にはあんな
感じでミラージュの片思い的な感じで振られちゃいましたものねえ~。(^^ゞ

そしてミラージュに関しては、あのマックス&ミリアの孫娘と言う特殊なキャラ設定
があったにも関わらず、その設定が全くと言って良いほど生かされていなかった
と言うのが凄く勿体無かったです。

あのような描かれ方では単なる伸び悩みの女性パイロットにしか過ぎず、しかも
エースパイロット夫妻の血筋を持つにも関わらずその片鱗すら見られませんでした
から、特にミラージュではなく別のサブヒロインに変えたとしても問題無かったかも
知れません。

以前のブログ記事でも書かせて貰ったように、マックスやミリアが今作でゲスト
登場するかも?と言う期待感もあったんですが、それも思いっ切り裏切られて
しまい、とにかくいろんな意味でこのミラージュのキャラ設定は本当にがっかり
でございましたわよっ!(^^ゞ

そんな感じで"三角関係"の要素が何の波乱も無く全体的に落ち着いた感じに
なってしまった一方で、ワルキューレのミステリアスな存在だった美雲さんの
正体(="星の歌い手"のクローン)や今作でのラスボス的扱いとなったウイン
ダミア王国の宰相・ロイドの真の企みが明らかになった部分は割と興味深く
楽しませて貰いましたわね~♪

ただ、この美雲さんにとってのオリジナルと言える"星の歌い手"って結局何者
だったのか?と言う謎が最後まで判りませんでしたし(もしやプロトカルチャー
族の唯一の生き残りだったとか?)、ロイドが密かに企んでいた悪事だって
近年の平成仮面ライダーシリーズに於けるラスボスがやろうとしていた事と
大して変わり映えしないもの(=全人類の意思精神を統合し自分と融合させる、
これは判る人だけクスッとして下さい。苦笑)でしたし、残念ながら要所要所で
消化不良気味な部分が目立ってしまったのも残念と言えば残念でございました。

そして他にも、私個人的に大いに気になる部分がもう一つありました。

それはデルタ小隊やワルキューレを束ねる民間企業・ケイオスのトップとも
言える"レディM"と言う存在についてなのですが、結局最終回を迎えるまでに
その正体は明らかにはなりませんでした。

レディと呼称されるからには当然ながら女性キャラクターなのだろうと思います
けど・・・ひょっとしたら旧作で活躍していたメインキャラクターなのでは?等と言う
憶測や期待感がありました。

そのイニシャル"M"から推測しますに、例えばシリーズの初代歌姫ことミンメイや
今や輝の愛妻となった未沙さん、或いはかつて『マクロス7』シリーズではシティ7
の市長さんにまで上り詰めたマックスの愛妻・ミリアさんや彼女の娘・ミレーヌ等、
Mの付く名前を持つ旧作キャラクター達が何人か思い浮かびました。

しかしながら今作終盤になっても"レディM"は名前のみの登場に留まり、実際に
キャラクターが登場するシーンは最後まで実現しませんでした。
その点もがっかりと言えばがっかりでございましたわね~。(^^ゞ

そう言えば終盤部分でフレイアの右手部分に老化現象(=ウインダミア人は
全般的に30代で寿命を迎えるらしい)が発症してしまったんですけど、晴れて
両想いになったハヤテは結局気付かずじまいだったんでしょうか?

このシーンを観て私はふと、とある平成仮面ライダーシリーズの最終回を連想
してしまったんですよね~。
(その作品名が判る人が居らっしゃいましたら貴方はかなりのライダー通です!)

ウインダミア人の悲しい宿命を早々と背負う形となったフレイアがハヤテと今後
も恋愛関係を続けて行くにはきっと様々な障害が立ち塞がるに違いありませんが、
二人のその後がどうなって行くのか、個人的にはかなり気になってしまいます。

・・・これって、今月から始まった某・機動戦士シリーズ(苦笑)みたいに、いずれ
セカンドシーズン的な続編が制作されたりしませんかねえ~?(^^ゞ
(或いは劇場版制作決定!的なサプライズでも構いません事よ!苦笑)

まあこれに関してはあくまでも個人的な願望に過ぎませんので、読者の方々は
余り気にしないで下さいませ。
(仮にもし、本当に続編が決定した暁にはこっそりと拍手してやって下さい。笑)

以上、こんな感じで『マクロスΔ(デルタ)』に関する総評を綴ってみました~♪


TVアニメ「マクロスΔ」オリジナルサウンドトラック1

TVアニメ「マクロスΔ」オリジナルサウンドトラック1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: フライングドッグ
  • 発売日: 2016/06/22
  • メディア: CD




「マクロスΔ」オリジナルサウンドトラック2

「マクロスΔ」オリジナルサウンドトラック2

  • アーティスト: 窪田ミナ,コモリタミノル,Mitsunori Ikeda
  • 出版社/メーカー: FlyingDog
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: CD




Walkure Attack!(初回限定盤)(DVD付)

Walkure Attack!(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: ワルキューレ
  • 出版社/メーカー: FlyingDog
  • 発売日: 2016/07/06
  • メディア: CD




Walkure Trap!(初回限定盤)(CD+DVD)

Walkure Trap!(初回限定盤)(CD+DVD)

  • アーティスト: ワルキューレ
  • 出版社/メーカー: フライングドッグ
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: CD




マクロスΔ 1 アル・シャハルの少女 (講談社ラノベ文庫)

マクロスΔ 1 アル・シャハルの少女 (講談社ラノベ文庫)

  • 作者: 小太刀 右京
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: 文庫



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

『マクロスΔ(デルタ)』一応観てます♪ [超時空要塞マクロス系]

本日は久々に『マクロス』系シリーズ絡みの話題を取り上げてみます。
(今チェックしてみましたら、このカテゴリー枠でのブログ記事投稿は
実に約3年半振りとなりました。苦笑)

今年4月からO.A.がスタートした、『超時空要塞マクロス』シリーズ
の最新作・『マクロスΔ(デルタ)』。

80年代に制作された初代作品以来、『マクロス』シリーズがすっかり
大好きになった私としましては、今作『マクロスΔ(デルタ)』が
どんな作品なのか、その情報を知ってからかなりの期待を寄せており
ました。

しかしながら何ともお粗末な事に、初回放送の第1話O.A.スケジュール
チェックを怠っていた事によりうっかり本放送を見逃してしまうと言う
大失態を犯してしまったのでございます!(^^ゞ

しかも放送枠としては、TOKYO MX(地上波)とBS11(BS放送)の
2パターンどちらかで観られた筈だったにも関わらず、それらの放送日
に全く気が付かなかったと言うWパンチ状態だったんです!(苦笑)

今作はまだ放送が始まったばかりですし、第1話の再放送は暫く期待
出来ない事もあり、私は仕方なく"奥の手(苦笑)"を使ってどうにか
こうにか第1話を拝見する事が出来まして、第2話以降はしっかりMX
テレビの放送枠を録画予約登録しつつ毎週楽しませて貰っております。

銀河系に蔓延しつつある奇病・ヴァールシンドロームによって人間が
狂暴化するのを抑制するべく結成された5人組アイドルユニット・ワル
キューレと彼女達を援護するバルキリー部隊・デルタ小隊の活躍を描く
今作ですが、中でも私が注目するキャラクターはやはり何と言っても
シリーズ初代作品で登場したマックス&ミリア御夫妻の孫娘・ミラージュ
でしょうねえ~♪

天才パイロットと謳われたマックスやミリアの血統を色濃く受け継いで
いる影響なのかミラージュもデルタ小隊のパイロット職に就いていて、
その顔立ちも何処となく若かりし頃のミリアさんのキリッとした表情を
思い起こさせます。
(そして同じくマックス&ミリアの娘であり尚且つ『マクロス7』のヒロ
インだったミレーヌにも似ていますよね♪)

ジーナス家の一族がメインキャラクター(しかもWヒロインの一人)と
して登場していると言う事は、もしかしたらいずれマックスやミリアの
ゲスト的な登場も有り得るのかしら?なんてついつい期待してしまう訳
ですが、果たしてどうなりますやら?

今も書いたようにミラージュがヒロインの一人として設定されていて、
主人公のハヤテ(=ミラージュと同じくデルタ小隊のパイロット)や
もう一人のヒロインであるフレイア(=ワルキューレの新メンバー)と
おそらくは恋の三角関係を演じる事になるんだろうと思うんですけど
残念ながら現時点(=第7話終了時)では恋愛要素は全くゼロと言って
良いでしょう。(^^ゞ

今後彼ら3人がどんな風にそれぞれのキャラクターと関わっていくのか
暫くは展開を見守って行きたいと思います。

そして『マクロス』シリーズ最大の目玉と言えば、敵勢力に対する音楽
(=いわゆる歌)攻撃!

これまでシリーズではミンメイを始めとしていろいろな歌姫が登場して
多くの楽曲を発表していますが、今作に於けるワルキューレの楽曲も
かなりクオリティーが高くて個人的にはかなり好みのメロディーライン
ばかりなんですよね~♪

7月にはワルキューレ名義のファーストアルバムがリリース予定だそうで、
これは確実にゲットしておきたいと思っております!

今作での敵勢力となるウインダミア王国(ほぼイケメン揃い!苦笑)が
率いる空中騎士団の動向も気になりますし、彼らの目的(王子の歌声に
よってヴァールシンドローム発症を促進する)もまだ謎な部分が数多く
あるみたいですし、今後の『マクロスΔ(デルタ)』から益々目が離せ
ませんわよ!


一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

  • アーティスト: ワルキューレ
  • 出版社/メーカー: フライングドッグ
  • 発売日: 2016/05/11
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

『マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』@新宿ピカデリー・初日プチレポ♪ [超時空要塞マクロス系]

先週末の10/20(土)からロードショー公開となった、『マクロス7』と『マクロスF』
のコラボ劇場版・『マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』。

この2作品は同じ『マクロス』シリーズと言えども、時代設定も違えば世界観も
全く異なるものでしたので、まさか今回このようなコラボ劇場版作品になるとは
ちっとも予想していませんでした!

実はこの『FB7』の劇場公開があるのを知ったのは、つい最近の事でして・・・。
奇しくも同じ日から某・宇宙刑事系劇場版公開もあってちょうど良い機会でした
ので、私は新宿で立て続けに2作品を観ようと決心したのでした。(苦笑)

主なストーリーについてはネタバレ要素が殆ど無いので、あっさり書いてしまい
ますけど(苦笑)・・・要するに、『マクロスF』の主要キャラ達が謎の怪鳥から届け
られる謎のビデオによって『マクロス7』の歴史を振り返っていく、と言うものです。
(※その怪鳥の正体は意外なアイツで・・・『マクロス7』を観ていたファンならば
驚く事、間違い無しです!)

まあつまりは、『マクロス7』のダイジェスト総集編な感じだったんですよね~♪

私はてっきり、年齢を重ねたバサラやミレーヌ等FIRE BOMBERの面々とシェリル
やランカちゃんが何らかの形で直接絡むストーリーになるのでは?と漠然と考えて
いたんですが・・・実際に作品を観てみて、ちょっとだけ拍子抜けしてしまいました。
(苦笑)

とは言え、『マクロス』シリーズは初代から大ファンですし当然ながら『マクロス7』
もリアルタイムで全話観ていましたから、当時の映像を大スクリーンで観るのは
本当に久々でしたし懐かしかったですわよっ!!!

『マクロス7』で特に注目していたキャラと言えば、初代シリーズで初の星間結婚
を果たしたマックス&ミリア御夫妻と、彼らの愛娘・ミレーヌでした。

ジーナス御夫妻は全編通してそれほど出番が多い訳では無かったけれど、要所
要所のストーリーではバトル7の艦長(=マックス)+シティ7の市長(=ミリア)と
しての見せ場が結構ありました♪

ただ・・・『マクロス7』時代のジーナス御夫妻、余り仲良くなかったんですよね~。
それって何が原因だったのか、ちょっと今すぐには思い出せない状況です。(笑)

ちなみに今作『マクロスFB7』で主役的キャラになっていたのは、何とランカちゃん
の義兄・オズマ隊長!

まあ彼の場合は、作戦名にFIRE BOMBERの曲タイトル(=『突撃ラブハート』)
を付けているくらいですし、相当前からFIRE BOMBERの大ファンであると推測
されますので、今回の主役は妥当と言えるのではないでしょうか?

そう言えば・・・オズマ隊長やミシェル、ルカ等のS.M.S.スカル小隊が勢揃いして
いたのに、アルト君はやっぱりまだあれから戻って来ていないのかしら・・・???
(=『劇場版・マクロスF 恋離飛翼 サヨナラノツバサ』のラストシーンより。)

そんな感じで個人的には、何だかアルト君の不在が結構気になってしまったの
ですが、『マクロス7』を知らない世代にとってはちょうど良い学習材料になって
いるのではないかと思います。

今作で久々にFIRE BOMBERのヒットチューンを聴けたので、時間があったら
部屋の何処かに眠っているであろうボーカル・アルバムを引っ張り出してみたい
と思っております!






マクロス7 ULTRA FIRE!!

マクロス7 ULTRA FIRE!!

  • アーティスト: Chie,K.INOJO,M.MEG,古屋敏之,福山恭子,KANAME,河内淳貴,田中裕千,ON-DO,菅野ようこ
  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: CD




マクロス7 Let’s Fire!!!/Fire Bomber

マクロス7 Let’s Fire!!!/Fire Bomber

  • アーティスト: Fire Bomber
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: CD




マクロス7 SECOND FIRE!!/Fire Bomber

マクロス7 SECOND FIRE!!/Fire Bomber

  • アーティスト: 福山恭子,Chie,田中裕千,山田貢司,湯川とうべん,太田要
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: CD




マクロスダイナマイト7 DYNAMITE FIRE!!

マクロスダイナマイト7 DYNAMITE FIRE!!

  • アーティスト: 古屋敏之,石川雅敏,高柳恋,田中裕千,ON-DO,M.PROJECT,中山弘
  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: CD




Re.FIRE!!

Re.FIRE!!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2009/10/14
  • メディア: CD




マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 1

マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 1

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray




マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 2

マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 2

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray




マクロス7~銀河がオレを呼んでいる!~【劇場版】 [DVD]

マクロス7~銀河がオレを呼んでいる!~【劇場版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD




マクロス7  リマスターボックス 1 [DVD]

マクロス7 リマスターボックス 1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD




マクロス7 リマスターボックス2 [DVD]

マクロス7 リマスターボックス2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『劇場版・マクロスF 恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~』・鑑賞プチレポ♪ [超時空要塞マクロス系]

先週末からロードショーが始まった『劇場版・マクロスF』の完結編とも
言うべき『恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~』。

私もようやく、昨日の会社帰りに地元のワーナーマイカルにて観て参り
ましたわよっ!!!(^_-)-☆

前作・『虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~』がTV版のカットを一部流用
していたのに対して、今作の『恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~』では
オール新作カットで構成されていましたわね。

その所為か二人の歌姫は勿論の事、アルト姫(笑)も一段と美人さん
になっていたように思います。(^_^;)

そして前作でも感じた事ですが、今回もシェリルやランカちゃんのライブ・
シーンは物凄く見応えがありました!!!

ステージセットや彼女達の衣装がCG効果でコロコロ変わる部分は特に
綺麗でした。
やはり『マクロス』シリーズと言えば、“歌攻撃”は欠かせませんものね♪

それから私が今作で一番気掛かりだったアルト姫・シェリル・ランカちゃん
の三角関係の行方ですが、取り合えず私が望んだカップルっぽくなった
のは良かったものの、ラスト・シーンだけはちょっと納得する訳には行か
ないかなあ・・・。(T_T)

具体的なネタバレは敢えて控えさせて頂きますが、あの結末って昨年
公開の某・劇場版機動戦士系列のラスト・シーンに少し酷似している
ような気もするんですよね。(苦笑)

ちなみに前作や今作では、TV版とやや設定が異なる部分が多少なり
ともあったりしますので、1回観ただけでは理解するのが難しいかも
知れません。

その内この作品もいずれDVD化されると思いますので、私はひとまず
そちらを待ちたいと思っております。

そうそう、余談ですが・・・前作に引き続き、今作の劇場版限定グッズ
もいろいろ購入させて貰ったのですが、シェリルのフォールドクオーツ・
イヤリングは再販版よりも近日中に予約が始まる高額品@バンダイ
公式オンライン・ショッピングサイトの方が結構クオリティー高そうなん
ですよね~♪

中でも基本の片耳バージョンと今作本編でアルト姫がペンダント代わり
にしたバージョンに、今か~な~り購買欲をそそられております!
予約がスタートしたら、思い切って両方申し込んでしまおうかしら?

ただ両方を購入するとなると、余裕で2万円を超えてしまうんですが?
(苦笑)

これにつきましては、予約が始まるまで自分の懐具合とじっくり相談
して決めたいと思っております。(^_^;)






「マクロスF」MUSIC CLIP集 娘(にゃん)クリ [DVD]

「マクロスF」MUSIC CLIP集 娘(にゃん)クリ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD




マクロスF VISUAL COLLECTION シェリル・ノーム

マクロスF VISUAL COLLECTION シェリル・ノーム

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/10/14
  • メディア: 単行本




マクロスF VISUAL COLLECTION ランカ・リー

マクロスF VISUAL COLLECTION ランカ・リー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/02/20
  • メディア: 単行本




劇場版マクロスF(上)イツワリノウタヒメ (角川スニーカー文庫)

劇場版マクロスF(上)イツワリノウタヒメ (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 小太刀 右京
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/02/26
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

『劇場版・マクロスF 恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~』、遂に明日公開! [超時空要塞マクロス系]

前作の『劇場版マクロスF 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~』公開から
ほぼ1年以上インターバルが空いてしまいましたけど(苦笑)、その続編
となる『恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~』がいよいよ明日26日(土)から
ロードショーとなりますわね~♪

当初の予定では、2010年秋頃の公開と予告されていた『恋離飛翼』。
何故制作に時間が掛かってしまったのか定かではありませんが・・・でも
取り合えず無事に公開出来る事になって何よりでした。

中には、TVアニメを映画化すると大々的に宣伝しておきながら一向に情報
が更新されず、結局作品そのものがうやむやにされてしまった某・機動戦士
系アニメもあったりしますので(笑)、こうして告知通りに劇場公開して貰える
事はファンにとってみれば本当に嬉しいものなんですよね~。

“初代マクロス”世代である私としてもこの『マクロスF』シリーズはTV版から
ずっと観ていましたし、勿論一昨年公開の『虚空歌姫』もしっかり劇場まで
足を運びました。

前回の『虚空歌姫』では、アルト君・ランカちゃん・シェリルの三角関係はTV
版での設定そのままに、ストーリーが若干アレンジを加えてあったのですが、
今度の『恋離飛翼』では彼らの微妙な恋模様に遂に決着が着くらしいです。

個人的な希望を言うと・・・やっぱりアルト×シェリルの方がしっくり来るかしら?

ランカちゃんは最終的に、“初代マクロス”で言うところのミンメイ的な役割で
終わるような気がするんですよね~。 どちらも似たようなキャラだけに・・・。

私が『恋離飛翼』を観に行けるのは、おそらく来週辺りに地元・川崎の映画
館で・・・と言う事になりそうです。
劇場版ならではのストーリーの続きも気になりますが、アルト君達の関係性
がどうなって行くのか凄く楽しみです!!!

では後日本編鑑賞後にでも、ネタバレしない程度に感想を綴ってみますね♪


劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”

劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”

  • アーティスト:ランカ・リー=中島愛, シェリル・ノーム starring May'n
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD




放課後オーバーフロウ

放課後オーバーフロウ

  • アーティスト: ランカ・リー=中島愛,ランカ・リー=中島愛 feat.シェリル・ノーム starring May’n,Gabriela Robin,Tim Jensen,菅野よう子
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2011/01/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『劇場版・マクロスF 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~』・鑑賞プチレポ。 [超時空要塞マクロス系]

去年4月下旬に記事を書いて以来、気が付いたら実に久々の
マクロスF』ネタとなってしまいました。(^_^;)

先月21日(土)からロードショー公開された『劇場版・マクロスF
虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~』ですが、私もようやく昨日の
会社帰りに地元・川崎は新百合ヶ丘のワーナーマイカルシネマズ
へ観に行って参りました!!!

まだ御覧になっていないマクロス・ファンの方々の為に、敢えて
ネタバレ等はしませんが、去年のTVシリーズに比べるとアルト君
+ランカちゃん+シェリルの三角関係がより一層明確に表現されて
いるような気がして、想像以上に結構見応えがありました!

それに加えて、”劇場版”と銘打ってあるだけに、全編の映像も
スケールアップしていましたし、CG効果が去年よりも更に綺麗
に仕上がってました♪
(特にシェリルのライブ・シーンやバルキリーの戦闘シーン等は、
まさしく豪華且つ圧巻そのものでした!)

そしてキャラ設定や相互関係等、TVシリーズと若干変えてある
部分も多々見受けられました。
(アルトとランカちゃんの関係や、シェリルのマネージャー・グレイス、
そしてTVシリーズではランカちゃんの兄だったブレラ等・・・。)

これはおそらく私だけの感じ方かも知れないんですが、今回の
『劇場版・マクロスF』は、俗に言う”ファースト・マクロス”の劇場版・
『超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~』をかなり意識
して作ったのではないかしら?と言う強い印象があるんですよね♪

今回の劇場版はTVシリーズを再構築+新作カットを加えつつ前編・
後編に分けて制作されるらしく、現在ロードショーされているのは
前編部分に当たるそうです。

ちなみに残る後編部分は来年秋頃の公開だそうで、サブタイトルは
『~サヨナラノツバサ~』となっています。

何だかこのサブタイトルからして、妙に意味深な感じですわね。(^_^;)

TVシリーズでは結果的に曖昧に放っておかれてしまった(苦笑)アルト
君+ランカちゃん+シェリルの三角関係ですが、果たして来秋公開の
劇場版・後編では何かしらの決着が付くのでしょうか?
アルト君が選ぶのは、一体どちらの”歌姫”なのかしら???

後編の公開はまだまだ先の話ですが、早くも続きのストーリーが凄く
気になっているSilverでございます!!



ユニバーサル・バニー

ユニバーサル・バニー

  • アーティスト:シェリル・ノーム
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: CD




劇場版 マクロスF~イツワリノウタヒメ~「CMランカ」

劇場版 マクロスF~イツワリノウタヒメ~「CMランカ」

  • アーティスト: 坂本真綾,一倉宏,黒河影次,ガブリエラ・ロビン,菅野よう子
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: CD




pink monsoon

pink monsoon

  • アーティスト: シェリル・ノーム starring May’n,Gabriela Robin,菅野よう子
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『マクロスFRONTIER』、一応観てます♪ [超時空要塞マクロス系]

私がかつて80年代に毎週観ていたアニメの一つと言えば、『超時空要塞
マクロス』シリーズが挙げられますが、今月からその最新作『マクロス
FRONTIER』がスタートしました。

一番最初のシリーズで活躍していた一条君、ミンメイ、未沙の世代からもう
随分な年月が経ってしまった設定になっていますが、前作『マクロス7』と
比べると今作の『マクロスFRONTIER』は、初期の頃の『正統派マクロス・
シリーズ』を継承していると言っても良いかも知れません。

ちなみに前作の『マクロス7』では、いわゆる”ファースト・マクロス”世代の
主要キャラだったマックス&ミリア夫妻の他に彼等の娘・ミレーヌがヒロイン
登場していたのですが、彼女よりもバサラの方が目立ってしまって(※元々は
彼が主役でした)、個人的には余り思い入れが感じられなかったんですよね。

今作の『マクロスFRONTIER』については、キャラクター・デザインが今一つ
私の好みではないんですけど(苦笑)、初期シリーズへのオマージュとも
受取れるようなストーリー仕立てにはかなり興味を惹かれてしまいます!

◆主人公の戦闘機パイロット・アルト+中華レストランでバイトする少女・
ランカ+トップアイドル・シェリルが織り成す(予定の)三角関係。
◆マクロス・シリーズではお約束な、”艦内閉じ込められ・ネタ(笑)”。
◆ミス・マクロスフロンティア・コンテスト。
◆同コンテストに参加していたメリンという苗字を持つ女性。
(※第一世代での”ミス・マクロス・コンテスト”で登場したジャミス・メリンと
何か関係が?)
◆同コンテストでランカが審査の時に歌っていた『私の彼はパイロット』。

等・・・なかなか懐かしいアイテムが要所要所に出て来るんです!

残念ながら今回の”ミス・マクロスフロンティア・コンテスト”では、ランカは
落選してしまいますが、ひょっとしてその内ランカもかつてのミンメイの
ようにアイドルとしてデビューするんでしょうか?
そしてシェリルとトップアイドルの座を賭けたライバル対決(※行く行くは
アルトを巡る恋の鞘当?)が始まる・・・とか?
そこまで進展するには、まだランカが幼過ぎる気もするんですが・・・。(^^ゞ

本編は始まったばかりなので、現時点では様子見と言った感じですが、
今週以降も出来るだけ欠かさずにチェックしていこうと思っています♪

ヒロインの一人=シェリル・ノームのシングルはこちら。

ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late

ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late

  • アーティスト: シェリル・ノーム starring May’n,hal,佐藤大,菅野よう子,マイクスギヤマ,ガブリエラ・ロビン
  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント
  • 発売日: 2008/05/08
  • メディア: CD



そして『マクロスFRONTIER』・OPテーマ曲です。

トライアングラー

トライアングラー

  • アーティスト: 坂本真綾,Gabriela Robin,菅野よう子,高田みち子
  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

今年最後の衝動買い。(苦笑) [超時空要塞マクロス系]

先日某3人組ボーカリスト様のディナーショーへ向かう途中、川崎駅
隣接のCDショップでまたしても私は衝動買いをしてしまいました!
(苦笑)

数日前に何気なくCDオンラインショップをあれこれと巡っていました
ところ、『劇場版 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の
HDリマスター版DVDがリリースされる事を知った私、Silver

以前、”完全版エンディング・テーマ曲『天使の絵の具』をバックに
したED映像が追加されたもの)”の劇場版DVDを購入していた私は
余り気にも留めずにその場は終わったのですが、先週の木曜日に
お台場へ向かう途中に川崎で時間潰しをする為に某CDショップへ
立ち寄ったところ、そのリマスター版DVD(初回限定盤)が陳列棚に
置いてあるではありませんか!

その陳列棚付近をウロウロする事、十数分・・・昔から『マクロス』
シリーズが大好きな私は遂に意を決して、その初回盤とついでに
『クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンメビウス』のDVDを共に
手に取って精算レジへと向かったのでした。(^^ゞ

HDリマスター版『劇場版マクロス』の初回限定盤は、想像よりも意外と
大きなBOX仕様になっていまして、店員さんがわざわざ大き目の手提げ
紙袋に入れて下さっていました。

当日の御買い上げ金額、約14,000円也!
遂に年の瀬にもやっちゃいましたか、私の悪い癖である”衝動買い”を!
(苦笑)

来年こそはこの癖を出来るだけ減らしたいと思っていますが・・・でも
又欲しいものが出現したら速攻で御買い上げしてしまいそうで何だか
嫌な予感がしているSilverなのでした。(^^ゞ

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 メモリアルボックス (初回限定生産)

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 メモリアルボックス (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2007/12/21
  • メディア: DVD


↓こちらは通常盤です。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2007/12/21
  • メディア: DVD


↓『劇場版マクロス(HDリマスター版)』と一緒にお買い上げした
”メビウス・総集編”とも言うべきDVDです♪

クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンメビウス

クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンメビウス

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2007/12/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

『マクロス』サウンドの生みの親、永遠に眠る・・・。(T_T) [超時空要塞マクロス系]

只今自宅で、『MACROSS THE COMPLETE』のサントラ盤DISK-1
に収録されている『涙のバイオリン』が切なく流れる中、このブログを
書き綴っております。

本日付のYahoo!ニュースで知った事なのですが、ピアニスト
羽田健太郎さんがつい先日、がんでお亡くなりになられたそうです。
まだ58歳と言う若さだったようですが、この世を去ってしまうには
余りに早過ぎる年齢じゃありませんか・・・。(T_T)

私にとってハネケンさん(※羽田さんの愛称)と言えば真っ先に思い
浮かぶのが、かつて私が大好きだった変形ロボット系&三角関係
モノ(苦笑)のSFアニメ『超時空要塞マクロス』の音楽を手掛けていた
事です。

今年初め、真新しいノートPCにようやく『マクロス』のタイピングソフトを
インストールした際に、こちらのブログでこのアニメに触れさせて頂いた
事がありますが、まさかこんな形で再び『マクロス』の話題を書こうとは
夢にも思いませんでした。

『マクロス』は、単なるロボット・アニメやSFアニメに留まらず、3人の
若者達を中心に、いわゆる青春や恋愛をテーマに掲げた人間ドラマ
でもありました。

TV版『マクロス』が徐々に人気を獲得していくと、後に劇場版『マクロス』
も公開されるのですが、TV版でも劇場版でも『マクロス』サウンドは
何処かクラシカルでメロディアスで、とにかく耳に心地良かったという
印象が非常に強かったです。

それが例えバルキリー・バトロイドタイプVSゼントラーディー軍との
激しいバトル・シーンで流れるBGMであったとしても、余りガチャガチャと
騒がしく感じたりはしませんでした。
やはり曲調がオーケストラ風にまとめられていた影響があったの
でしょうね。

そしてメインの若者3人が織り成す三角関係を表現したようなメロディー
では、全体的に甘くて切なくて、聴いているうちに自分の心の中に
『マクロス』サウンドが沁み込んでいくような錯覚を覚えたりもしました。

数ある私のお気に入りアニメの中でも、キャラクターやストーリーに
加えて音楽もまとめて大好きだと言える作品は、おそらく後にも先にも
この『マクロス』だけなのかも知れません。
それくらい思い入れが強い作品だったと思います。 

出来ればハネケンさんには、『マクロス』を超えるような素晴らしい
アニメ音楽をもっと沢山作って頂きたかったです・・・。(T_T)

でも多分天国にもピアノぐらいは置いてあるでしょうから(苦笑)、
きっとハネケンさんは天上の国でも、御自身が奏でるピアノの美しい
旋律で死せる者達の魂を慰めたり安らぎを与える役目を担っているに
違いありません。 いえ、今はそう信じていたいですね・・・。

何故だかここ最近、著名人の突然の訃報が相次いでいます。

人気ユニット・ZARDのボーカリスト坂井泉水さん、かつて大映系ドラマ・
シリーズの常連俳優さんで『この薄汚えシンデレラ!』の名台詞が
印象強かった石立鉄男さん・・・そしてこの度のハネケンさん。

特別にファンだった訳ではありませんでしたが、テレビやミュージック・
シーン等で御馴染みだった方々がこうして突然逝ってしまわれるのは
やはり切ないものがあります。
しかもどなたもまだお若い年齢でしたし、もっともっと第一線で活躍
出来る方々だっただけに、余計に残念でなりません。

これが果たして彼らの『宿命、或いは運命』だったのか、それとも
『時代の終わり』を告げるものだったのか・・・そう考えただけでも
思わず悲しくなってしまいますね。(T_T)

『マクロス』と言う素敵な作品と巡り逢えた事に深く感謝しつつ、
ハネケンさんの御冥福を心よりお祈り申し上げたいと思います・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

マクロス・タイピングソフトをやっとインストール! [超時空要塞マクロス系]

大晦日の夜に新ノートPCへ切り替えてからと言うもの、お蔭様で去年以上に
快適なPCライフを過ごしております!

何よりも、旧ノートPCでは機能不足で出来なかったようないろんな事が次々と
実現しているのですから、これを快適と言わずして何と言いましょう!(^^ゞ

まず私がネット設定を移行した直後に起こした行動は、以前お買い上げしていた
にも関わらず、旧ノートPCのDIRECT Xと言う機能が足りなかった為にインストール
出来なかったタイピング・ソフトを再インストールした事でした。

タイピング・ソフトと言いますと、人気アニメキャラクターを用いたソフトが多数発売
されていますが、その中でも私が使ってみたかったのが『超時空要塞マクロス』の
タイピング・ソフト『愛打2』でした。

しかしながらタイピング・ソフトと言うのは元々、PC初心者がタイピング・レッスン
時に用いるものであり、私のように自宅や職場でバリバリPCを使っている人間には
所詮無用のソフトなのですが(苦笑)、『マクロス』と言うアニメが昔から好きだった私は
その好奇心からついついお買い上げしてしまったのであります。(^^ゞ

で、早速旧PCにインストールしようとしたところ、何やらエラー表示が出てしまい結局
インストールに失敗してしまったのです。
エラー原因を知りたくて、早速PCメーカーに問い合わせのメールを送ってみたところ、
すぐに回答が届いたのですが、その原因と言うのが先程も申し上げたDIRECT Xと言う
グラフィック関係アプリケーションのバージョンが古い為だと判りました。

しかも、その旧PCに最新のDIRECT Xを公式サイトからダウンロードしても、PC本体の
機能自体が不足している為にその最新版DIRECT Xを生かす事が出来ない旨の説明
もあって、私は非常にがっくりしてしまいました。(^^ゞ

一時は、せっかく購入した『愛打2』を中古ショップに売却してしまおうかとも考えましたが、
いつか新PCに買い替える日が来るかも知れない・・・と思いつつ、暫くの間は部屋の隅に
眠らせておく事にしたのです。

そして昨年のボーナス支給日、遂にそのチャンスは巡って来ました!
PCのカタログ等を細かいところまでチェックし、DIRECT Xが最新版であるのを確認して、
私は念願の新PC買い替えを果たしたのです♪

まだインストールしただけで本格的に使ってはいませんが、この『愛打2』は『劇場版
マクロス』の映像や設定がメインになっているらしく、映画版の映像もところどころで
見られるらしいです。 近々、時間に余裕のある時に使ってみたいと思っております!

それから余談ではありますが、昨日よりこのブログのサイド・バーで熱帯魚を
飼い始めました!

他所の方のブログで初めて拝見して、『これは可愛いなあ~♪』と個人的にかなり
好印象だったので、早速私のブログでも設定してみる事にした次第です。

まるで、去年10月に惜しまれつつ終了してしまった、『アーブロ(=accessのブロード
バンド!ニッポン!)』の番組内で、曲が流れている時に映し出されていた水槽みたい
ですよね! ・・・ええ、実は思いっきり、それを意識して設定しております!(^^ゞ

こんな感じで、マイPCがバージョン・アップした事により今後も次々と新しい機能を
体験してみようと思っております!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
超時空要塞マクロス系 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。