So-net無料ブログ作成
STAR WARSシリーズ ブログトップ

銀河の勇敢な姫君は永遠に・・・。(T_T) [STAR WARSシリーズ]

彼女に関する訃報は、本日12/28(水)の未明に届けられました。

しかしながら私が実際にその悲しいニュースを知ったのは、それから半日
以上も経った頃でした。
(今日も例によって朝から仕事でしたのでね・・・。苦笑)

私が幼い頃から大好きなSF映画・『スター・ウォーズ』シリーズで、俗に言う
"旧・3部作(=いわゆるエピソード4~6の事)"に於けるヒロインであるレイア・
オーガナ姫を演じて下さっていた女優、キャリー・フィッシャーさんが心不全
でお亡くなりになったと言うではありませんか!(T_T)

仕事帰りの電車の中、携帯版ニュースサイト経由で彼女の訃報を目にした
私は、一瞬我が目を疑ってしまいました。

確かにレイア姫は、数日前くらいに搭乗していた旅客機の中で心臓発作を
起こして病院に搬送されたと言うニュースがあったのですが、その後の容体
は安定している、との続報が入って来てましたので取り合えず安心していた
ところだったのです。

御年まだ60歳と言うお若さだったのに・・・この時間帯になった今でも全然
信じられませんっ!(T_T)

心臓発作と言えば、つい一昨日も英国の人気デュオ・Wham!のジョージ・
マイケルさんも心不全の為に53歳と言う若さでお亡くなりになったばかり。
(しかもWham!時代の大ヒット曲・『Last Christmas』を地で行くかの如く
クリスマスの日に亡くなるとは、単なる偶然にしては出来過ぎます!泣)

相次ぐ馴染み深い海外芸能人の訃報に、私としても思わず寂しさが込み
上げて来てしまいます・・・。

話題を再びレイア姫に戻しますが、『スター・ウォーズ』シリーズを代表する
正統派ヒロインだった彼女のキャラクターは、当時まだ小学生だった私に
とって凄く憧れの存在でした。

時に可憐で、時に勇敢で、そして時に優しく・・・。
常に凛とした佇まいがとにかく素敵で美しくて本当に大好きなヒロインでした。

当初は旧・3部作の主人公であるルークと良い関係(=いわゆる恋仲ですな。
苦笑)になって行くのかな?と思いきや、何とミレニアム・ファルコン号のソロ
船長と結ばれてしまうと言う、個人的には驚愕の大番狂わせ(苦笑)な展開
には劇場版公開当時本当に驚かされましたし、多少なりともショックでもあり
ました。

だってルークとレイア姫・・・あの二人は見た目にも雰囲気的にも凄くお似合い
のカップルだと確信していたんですものっ!
(彼ら自身も最初の頃はお互いの存在を意識していたような感じでしたし!)

そんな訳で、旧・3部作に於けるソロ船長によるレイア姫への横恋慕の猛プッ
シュ状態(笑)には個人的には物凄く煩わしいと言うか、今で言えば"ウザい!"
の一言に尽きましたねえ~。(^^ゞ

とは言え、エピソード6の中盤辺りでルークとレイア姫が実は双子の兄妹だった
事が判明しましたし、レイア姫がソロ船長と結ばれたのはある意味では正しい
恋愛の結末になって良かったのかも知れません。

ちょうど昨年の今頃に公開されたエピソード7に相当する『フォースの覚醒』では
エピソード6・『ジェダイの帰還(※旧題・ジェダイの復讐)』以来随分と久し振りに
レイア姫としてシリーズに帰って来てくれましたけど、歳を重ねても旧・3部作の
頃のあの凛としたお姿は全く変わっていなくて凄く感激してしまいましたわね・・・。

数時間前に私がTwitter上で「エピソード8でも逢えると信じてたのに!」と嘆き
の呟きをさせて頂いたのですが、それは次回作(=エピソード8)にレイア姫は
登場しないのでは?と思ったからでして・・・今慌てて調べてみましたところどう
やらレイア姫の出番はエピソード8にも含まれているらしく、既にその撮影も終了
しているみたいです。

つまり、来年・2017年に公開予定のエピソード8がレイア姫としての遺作になる
事は間違い無さそうですが、そう言えば現在公開中のスピンオフ作品・『ローグ
ワン』にもレイア姫の姿がチラッとだけ登場しているらしいので、後日タイミング
を見計らって必ずや観に行きたいと思っておりますデス!

この度のレイア姫の訃報に、ルークやソロ船長、それに3POやチューバッカも
彼女の突然過ぎる旅立ちを悲しむコメントを寄せているようで・・・特にルークの
メッセージ(彼自身のTwitterから)には私もウルッとしてしまいそうです!(T_T)

永遠なる銀河の彼方へ旅立って行ったレイア姫は、今頃オビワンと再会して
いるのかしらねえ・・・?

何はともあれ、長年『スター・ウォーズ』シリーズをこよなく愛する者の一人として、
私からも作品を代表するこの名言を彼女への手向けの言葉にしたいと思います。

May the force be with you.
・・・フォースと共に有らん事を。(T_T)

それでは今夜の就寝前に、追悼の意味を込めて久し振りにエピソード4のDVD
でも観るとしますか。


スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望

スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD




スター・ウォーズ エピソード V/帝国の逆襲

スター・ウォーズ エピソード V/帝国の逆襲

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD




スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還

スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD




スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産) [DVD]

スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション [DVD]

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



コメント(0) 
共通テーマ:映画

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』@109シネマズ二子玉川・鑑賞プチレポ! [STAR WARSシリーズ]

今月12/18(金)から遂に全国一斉ロードショーが始まった『スター・
ウォーズ』シリーズの最新作でありエピソード7に該当する『フォース
の覚醒』。

先日も当ブログに書かせて頂いているように、子供の頃から既にこの
作品の壮大な世界観にどっぷりと嵌ってしまっている私と致しましては
一刻も早く最新作を観に行きたくて仕方ありませんでしたわよっ!

土日の混雑時を除いていつ頃のスケジュールで観に行こうか検討に検討
を重ねました結果、やはり仕事帰りの夕方辺りが狙い目であると思い
まして、先週末のクリスマス(12/25)にようやく念願を果たす事が
出来ました!
(まあ、自分へのクリスマス・プレゼント的な意味合いも込めてのスケ
ジューリングになりましたけどね。苦笑)

それでは早速今作の乾燥レポを綴ってみたいと思いますが、まだご覧に
なっていない『SW』ファンの皆様方の為に出来るだけネタバレ要素は
含まないように致しますので、その点を御安心の上でこの先へお進み
下さいませ♪



続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:映画

『エピソード7』の全貌が遂にベールを脱ぐ! [STAR WARSシリーズ]

いよいよ本日(12/18)、日本では全国一斉に同時刻(18:30)にて
ロードショー公開が始まる『スター・ウォーズ』シリーズの最新作・
『エピソード7・フォースの覚醒』。

既に小学生の頃からどっぷりと『SW』ワールドの虜と化している私
としましては最新作の制作+公開日の情報解禁以来、今か今かと今日
この日を心待ちにしておりましたわよっ!!!

今作の『フォースの覚醒』は、旧・3部作に於ける3作目である『エピ
ソード6・ジェダイの帰還(旧サブタイトルは『ジェダイの復讐』)』
からおよそ30年経過した時代設定になっていて、新たなキャラクター
達がメインとなってストーリーを紡いで行くようですわね♪

新キャラ達の中で私が最も興味を引くのは、やはり何と言っても新型
ドロイドのBB-8!

私の中ではBB-8の事を勝手に"ビビちゃん"と呼ぶ愛称が定着してしまい
まして(笑)、この子が今作でどんなを活躍してくれるのか凄く楽しみ
だったりします。

何しろあの雪だるまみたいな形状にイエロー系のカラーリングが施さ
れた姿がとにかくキュート過ぎますよね!
果たして先輩格ドロイドであるR2や3POとの"共演"はあるのかしら?
そちらも期待してみたいと思います♪

今作には、旧作の主要キャラクターもしっかりキャスティングされて
いまして、ルーク様やレイア姫のスカイウォーカー兄妹を始めとして
ソロ船長やチューバッカ(愛称:チューイ)の名コンビに加えてドロ
イドの名コンビ(こちらの場合は迷コンビと言った方が正しいかな?
苦笑)であるR2と3POの二人もちゃっかり(笑)登場します!

そんな中、私も含めた全世界中の『SW』ファンの間で大いなる謎と
なっている疑問がただ一つ・・・それは、ルーク様の出演がはっきり
と明確になっているにも関わらず、今作の宣伝用ポスターの中には
何故かルーク様の姿が何処にも描かれていないと言う事実です。

もしかしてルーク様は、今作では別のキャラクターとして登場するの
ではないか?と言う憶測もネット上では飛び交っているようですが、
実は私もその可能性を勘ぐったりしている内の一人なんですよね。

今作の新キャラクター勢の中に、約1名ほど私個人的に疑わしい人物
が居ます。

宣伝CMの中でベイダー卿の古びた頭蓋骨を目の前にしつつ、「貴方
を受け継ぐ・・・。」と呟いている謎の人物こそ、ひょっとしたら
30年後のルーク様なのかも知れないと、そんな予感がしてならない
んです!

この謎(=ルーク様の不在)はどうやら今作のストーリーに関して
重要な部分であるらしく、ルーク様がどんな形で今作に登場するのか
はいざ蓋を開けてみなければ判らないと言う感じみたいなのです。

偶然にも今日はシフト勤務スケジュールによって休日と公開初日が
重なっている私なのですが・・・今日はおそらく何処のシネコンでも
大勢の『SW』ファンで大混雑する事はまず間違いなさそうですし、
初回上映分チケットも多分首都圏内や私の超地元である川崎界隈では
既に完売状態だと思いますので後日改めて(初日以降の平日夕方等を
狙って)観に行こうと思っております♪

何はともあれ、一刻も早く新作の感動と興奮と衝撃を味わってみたい
Silverなのでございます!
(※自分の鑑賞日を迎えるまでは、ネタバレの地雷を踏む事だけは
絶対に避けなければね!苦笑)


アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒

アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒

  • 作者: フィル・スゾタック
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2015/12/26
  • メディア: 大型本




スター・ウォーズ エピソード4:新たなる希望 (講談社文庫)

スター・ウォーズ エピソード4:新たなる希望 (講談社文庫)

  • 作者: ジョージ・ルーカス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: 文庫




スター・ウォーズ エピソード5:帝国の逆襲 (講談社文庫)

スター・ウォーズ エピソード5:帝国の逆襲 (講談社文庫)

  • 作者: ドナルド.F・グルート
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: 文庫




スター・ウォーズ エピソード6:ジェダイの帰還 (講談社文庫)

スター・ウォーズ エピソード6:ジェダイの帰還 (講談社文庫)

  • 作者: ジェームズ・カーン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: 文庫




スター・ウォーズエピソード1ファントム・メナス (ソニー・マガジンズ文庫)

スター・ウォーズエピソード1ファントム・メナス (ソニー・マガジンズ文庫)

  • 作者: テリー・ブルックス
  • 出版社/メーカー: ソニー・マガジンズ
  • 発売日: 1999/05
  • メディア: 文庫




スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃 (ソニー・マガジンズ文庫)

スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃 (ソニー・マガジンズ文庫)

  • 作者: R.A. サルヴァトア
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 文庫




スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)

  • 作者: マシュー ストーヴァー
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 文庫




スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: CD




スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: Blu-ray




スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




コメント(0) 
共通テーマ:映画

『STAR WARS』シリーズを改めて熱く語ろう♪ [STAR WARSシリーズ]

テレ東系列で昨夜、長時間に亘って『STAR WARS EPISODE 6・ジェ
ダイの帰還』がノーカットでO.A.されていましたわね~♪

当ブログでも何度か触れた事がありますけど、幼い頃からこのシリーズ
の大ファンだった私は、DVD-BOXを持っているにも関わらず(苦笑)つい
条件反射で結局最後まで観てしまっておりました。(^_^.)

『STAR WARS』のあの独特な世界観は、やっぱり何度観ても全然飽き
ないし、とにかく本当に大好きですわっ!!!

内容的には10年位前に劇場公開されたCG+BGM修正版とも言える
『特別篇』と全く一緒だったんですが、エンディング部分でルークの前に
現れたオビ・ワン+ヨーダ様+アナキン(ルーク&レイア姫の実父=後の
ダース・ベイダー)の霊体が一部修正されていたのを観た時には思わず
プチ感動を覚えてしまいました!

この霊体シーンについてですが、70年代の劇場公開時や10年前位の
『ジェダイの帰還・特別篇』劇場公開当時には、アナキン役をダース・
ベイダー役の俳優さんがそのまま演じていらっしゃっていたんです。
(だから当然ながら、結構お年を召したアナキンとなっています。)

ところが、EPISODE 4(新たなる希望)、EPISODE 5(帝国の逆襲)、
EPISODE 6(ジェダイの帰還)のそれぞれ『特別篇』がDVD化される
に当たって、このEPISODE 6でのラスト・シーン(=霊体登場シーン)
ではこのアナキン役が若かりし頃の姿に差し替えられているんです!
(EPISODE 2~3で若きアナキン役を演じたヘイデン・クリステンセン
君です♪)

実は私・・・数年前に旧・3部作(EPISODE 4~6)と新・3部作(EPI
SODE 1~3)のそれぞれDVD-BOXをしっかりお買い上げしているの
ですが、長時間観られるような時間がなかなか取れなくて、どちらも
未だに開封していないのでございますっ!!!(苦笑)

しかも先月中旬には、EPISODE 1~6を全て網羅したBlu-ray BOX
まで発売されたらしく・・・Blu-ray対応プレーヤーを持っていない身分
としては激しく羨ましい限りなんです!!(T_T)

まあ取り合えずは、今持っている新旧それぞれの3部作DVD-BOXの
開封日を急がねばなりませんよねっ!(苦笑)

ちなみに余談ですが、旧・3部作のEPISODE 4~6に於けるヒーロー
とヒロインと言えば、勿論ルーク様とレイア姫。

私は当時幼いながらも、このシリーズの終わりにはきっとこの二人が
結ばれるに違いない!と信じて疑いませんでした。

ところがいざ蓋を開けてみれば、EPISODE 5(帝国の逆襲)の途中で
ソロ船長が横恋慕で割り込んで来て(苦笑)、最終章のEPISODE 6
(ジェダイの帰還)では、結局ソロ船長とレイア姫がくっついちゃったん
ですよね~。(^_^.)

ルーク様&レイア姫のカップルも、出逢ってからEPISODE 5の前半辺り
では何だか良い感じのラブラブな雰囲気に見えたんですが、EPISODE
6での衝撃的な事実(=血を分けた双子の兄妹+悪の権化・ベイダーの
実子)が判明してからは、物語的にもソロ船長&レイア姫のカップル成立
へと一気に突き進んでいった訳です、ハイ。(苦笑)

そもそも血の繋がった者同士がお互いを異性として想い合うのは、世間
一般的にもタブーですし、もしも二人がその事実を知らずに愛し合ったり
したら、それこそ“宇宙大河ロマン”とも言うべき『STAR WARS』シリーズ
が国内で言うところの、“ドロドロ愛憎系昼ドラ”と化してしまいます!(^_^.)

ですから、旧・3部作の本編終盤で二人の素性が明らかになったのは必然
だった訳ですが・・・当時の幼い私にとっては少々、と言うよりもかなり納得
いかないカップル不成立だったんですよね~。(苦笑)

劇場版・EPISODE 1~6の公開終了以降は、その後の世界観がノベルズ
版で引き続き綴られております。
(ソロ船長&レイア姫の結婚や、彼らの子供達がメインになる話、等・・・。)

私も以前には、それら続編をお買い上げして読んだ事があるんですけど、
何しろ文庫本は各ストーリー毎に必ず上巻・下巻と2冊セットで同時販売
されていた上に、行数がかなり多くなかなか読み進められなかったりして、
結果的には続編を追い掛けるのを途中で挫折してしまったんです!(T_T)

今やそれらの続編・ノベルズ版はすっかり姿を見なくなりましたけど、映画
本編以降の主人公達がどんな人生を歩んでいるのかはネット上の某・事典
(笑)等で詳しく確認する事が出来るようになりました。

・・・いやあ、時代は本当に便利になったものでございますわね~。(笑)

ごく最近では、EPISODE 2(クローンの攻撃)~EPISODE 3(シスの復讐)
のサイド・ストーリーとも言うべきCGアニメ作品・『CLONE WARS』の劇場
公開やTVシリーズのO.A.等がありました。

NHKのEテレ(旧・教育テレビ)でもつい先月くらいまでTVシリーズがO.A.
されていて、私も時間に余裕がある時は出来るだけ観るようにしてました♪

主役の若きアナキン君やオビ・ワン、それにヨーダ様は新・3部作のキャラを
踏襲して描かれているんですが、彼ら以外にアニメ版のオリジナル・キャラ
が多数登場していた事もあり、このCGアニメ版について実は思い入れが
ちょっと薄かったりするんですよね~。(^_^.)

取り合えず映像作品としての『STAR WARS』は、劇場版のEPISODE 1
~EPISODE 6、そして『CLONE WARS』でひとまず一区切りになったよう
ですが、いつかまた新たな世界観を堪能してみたいなあ・・・等とふと思って
しまったSilverなのです♪


[先着購入特典付] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

[先着購入特典付] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産) [DVD]

スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スターウォーズ Prequel Trilogy [DVD]

スターウォーズ Prequel Trilogy [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『STAR WARS:EPISODE 3 ~シスの復讐~』地上波・初O.A.♪ [STAR WARSシリーズ]

数ある洋画の中で私が一番好きな作品と言えば、やはり何と
言ってもSTAR WARSシリーズでございます。

私が小学生の頃から旧・3部作(EPISODE 4~6)は何度と無く
TV等で観ていましたし、その前史である新・3部作(EPISODE
1~3)もしっかり劇場まで足を運んで観に行った程ですからね♪

その新・3部作の最終章である『EPISODE 3 ~シスの復讐~』
が週末の土曜日に、地上波でO.A.されていましたわね!

私・・・喜びの余り、ついうっかりしてHDD録画予約を入れて
しまっていました。(苦笑)

と言いますのも・・・つい先月、新・3部作のDVD BOXをお買上して
いたのをすっかり忘れていたのです!
本当なら、わざわざ録画予約する必要なんて無かった筈なんです
けどねえ~。(^_^;)

でもせっかく録画したものをそのまま消去するのも勿体無いので
(笑)、昨日の午後、長時間掛けてじっくり観させて貰いました♪

新・3部作(EPISODE 1~3)の主役は、旧・3部作(EPISODE
4~6)のメイン・キャラである双子の兄妹=ルーク&レイア姫の父・
アナキン。

彼は幼い頃にジェダイ・マスターのクワイガンに見出され、彼の
弟子であるオビワン・ケノービのその又弟子となるところから
物語は始まり、やがてジェダイ騎士としてのフォースをぐんぐん
身に着けていきます。

アナキンの最大の過ちは、何と言ってもパルパティーン議長との
出逢いでしたね。
(この議長は後に、旧・3部作で銀河帝国軍の皇帝と化します。)

EPISODE 3で、アナキンが抱えていた悩みや苛立ち。

愛する妻(=パドメ)が出産で命を落としてしまう悪夢に悩まされ
たり、ジェダイ評議会が自分の実力をなかなか認めてくれない
(=マスターへの昇格を許可しない)等、自分を取り巻く環境に
満足していなかったアナキンの精神的弱さに付け込んだパルパ
ティーン議長は、自分に従えば全て上手くいく、等と言った口車で
アナキンを誘惑します。

議長の優しい気遣いにアナキンは益々彼に心酔していきますが、
その過程でアナキンは議長の正体が恐るべきシスの暗黒卿こと
ダースシディアスである事を知ってしまいます。

しかし時既に遅しで、アナキンはそうとは知らずに議長の悪事に
手を染め始めている矢先だったのです。
アナキンは議長によってダースベイダーと命名され、議長の正式な
弟子と成り果てるのです・・・。

もしも議長に出逢ったりしなければ、アナキンは凄く優秀なジェダイ
騎士になれたでしょうに・・・そのたった一瞬の過ちが彼を暗黒面へ
と落としていったのです。

愛する妻・パドメを計らずも自らの手で死に追い遣り、そして長きに
亘り尊敬していた筈の師匠・オビワンとの悲しき死闘。

師匠に両足を切断されて、熱く煮えたぎる溶岩の波へ落とされた
アナキンは、オビワンに憎悪の言葉を叩き付けながら遂に力尽き
ます。 そんな彼を悲しく見据えたまま、脱出を図るオビワン。

この二人の壮絶なシーンは本当に見応えがありますが、その一方
で切ないほどの悲しみが押し寄せて来ますよね・・・。

絶命する寸前でアナキンは議長によって救出され、機械化ボディー
への改造手術を施されます。
頭部にはあの無機質な仮面が装着され、ほぼ全身が機械に覆われる
アナキン・・・これがいわゆる旧・3部作に於けるダースベイダー誕生の
瞬間となるのです。

闇に堕ちた父・アナキンから、光に目覚める息子・ルークへと、銀河を
巡るこの物語は受け継がれていきます。
アナキンとルーク、親子2世代に亘る壮大なストーリーは、劇場公開
から30数年が経った今でも尚、色褪せる事はありません。

先月お買上した新・3部作のDVD BOXは、未だに開封出来ていません
けれど(苦笑)、いずれ時間が取れた時にでもじっくり改めて観直して
みようと思っております。


スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『SW・新3部作』、セット価格登場で遂に購入完了♪ [STAR WARSシリーズ]

昨日の会社帰りに、例によって職場最寄の某大型CDショップへ寄り道
した私、Silver。

何気なく映画DVDコーナーを眺めていたら・・・サ行の作品群の中に
どこかで見覚えのあるライトセイバーを携えた二人の戦士のバトル・
シーンがジャケット・デザインされたDVDボックス・セットが陳列棚に
あるのを発見しました。

これって、まさか・・・『スター・ウォーズ』の”新・3部作”DVDセットでは!?


スターウォーズ Prequel Trilogy [DVD]

スターウォーズ Prequel Trilogy [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



やっとやっと、この私にもお買得のチャンスが訪れたんですのね!(*^_^*)

『スター・ウォーズ』に於ける”新・3部作”とは、ルーク・スカイウォーカー
の父であるアナキンの少年時代から青年期への成長を経て、やがて彼が
ダーク・サイドの権化ダース・ベイダーへとその身を落としていく過程を描いた
ものです。

この”新・3部作”、これまでにそれぞれ単品でDVD化されたのは知って
いたのですが、”旧・3部作”の時のように3作品セットで販売される時期を
待っていたのです♪
どうやらこのボックス・セットは、昨年12月にリリースされたもののようです
わね~。

早速本日、某CD店のオンラインショップ・サイトでしっかり購入手続を完了!
早くても今週末頃には、我が家に届くように注文しておきました。

あとは現物到着後、いつ開封するかのタイミングだけですが・・・実は私、
以前お買い上げした”旧・3部作”のDVDボックス・セットをまだ一度も開封
していないのですっ!(苦笑)

更に、未開封状態なのは、『スター・ウォーズ』シリーズだけではありません。
昨年中にオンラインショップや御贔屓アーティストFC経由で購入したDVD類
の中に、未だに手を付けていないものが多数あったりします。(^_^;)

これだけ溜めてしまうくらいなら休日に少しずつでも消化しておくべきだったと、
今更ながら後悔してますけど、何しろ時間が足りなくて足りなくて・・・。

まあ今となっては後の祭りなので(苦笑)、空いている時間に出来るだけDVD
鑑賞を進めていこうと思います。
我が家には遂にハイビジョンテレビが導入された事ですし、さぞかし映画系の
DVDはそれまでPCのDVDプレーヤーで観ていた時よりも迫力満点でしょうね!



↓今日現在も尚、我が家で未開封状態の(笑)”旧・3部作”DVDボックス・セット
はこちらですっ♪


スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産) [DVD]

スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ルーク様との御対面ならず・・・!(T_T) [STAR WARSシリーズ]

台風の接近による悪天候が危ぶまれたこの3連休でしたが、何とか
最終日の今日も何とか天気が持ってくれて良かったですわね~♪

と言う訳で、先日も書かせて頂きましたが7/19(土)~7/21(祝・月)
の3連休中に幕張メッセで行われた『STAR WARS CELEBRATION
JAPAN』のイベントに本日参加して来ました!!!(*^_^*)

AM10:30過ぎに会場到着した私は、受付でベイダープレミアム専用
チケットに交換して貰い、公式パンフレットを購入してから入場したの
ですが、さすがに場内はSTAR WARSフリーク達で溢れ返ってました♪

そして会場案内図をゲットし、取り合えず場内を適当に廻ってみる事に
しました。

ここでふと気が付いた私、Silver。
主要キャストのサイン会はどうなっているのかしら?

もしルーク様のサインが直接頂けるのなら是非とも参加させて頂きたい!
と参加前から希望していた私は、サイン会の情報をいろいろと探してみた
ところ・・・何と衝撃の事実を知ってしまいます。

・・・来日キャストのサイン会が、全員有料とは酷過ぎますわっ!(T_T)
(事前にキャスト毎のサイン・チケットを購入しなければならなかったの
ですっ。泣)

しかも主役のルーク様に至っては破格の20,000円と言う価格だった
らしく、あいにくそれほど多くのお小遣いを持参して来なかった私は
敢え無く断念せざるを得ませんでした・・・嗚呼、麗しのルーク様!(T_T)

ルーク様が駄目なら、せめて幼き日のアナキン役を演じたジェイク・ロイド
君のサインにしようか?とも思いましたが、そうなると帰りの電車賃が危うく
なりそうな感じでもあったので、キャストのサイン会は残念ながら不参加
にする事を決意したのでした・・・。(号泣)

サイン会に参加出来ない代わりに、ルーク様のトークショーでもあれば
まだ救われたのですが、更に不幸は重なるもので(苦笑)彼が出演する
トーク・コーナーは一昨日と昨日のみの開催だったらしいです。
嗚呼・・・ことごとくついていない私なんですのね。(T_T)

悔し紛れと言っては何ですが(苦笑)、サイン会を断念した私はお財布
の中身と相談した上でグッズ類をいろいろと購入しちゃいました。

◆エピソード1~6までのベストチョイス・サントラ盤
『ザ・コレリアン・エディション』
◆STAR WARSトランプ・ダブルデック(ヒーロー集&悪役集)
◆主要キャラのデフォルメ・キーホルダー
(ルーク、アナキン、レイヤ姫、R2-D2の計4種類)
◆キーカバー(R2-D2 & C-3POの計2種類)

そして会場内をランダムに廻っていたところ、ルークの故郷・惑星
タトゥーインに棲息する怪物・デューバックの試乗ブースで、私は
見覚えのある物体を発見!

WOW !!! デューバックの周りを、あのR2-D2がちょこまかと動き
回っているではありませんか!!!(*^_^*)

既に多くのファン達が携帯カメラやデジカメでR2を撮りまくっていて、
私もすかさずその輪の中に入って、可愛い可愛いR2を激写、激写、
また激写! 結局合計4枚も携帯カメラに収めてしまいましたっ♪♪

実は、私がR2-D2を生で観るのはこれが初めてではありません。

数年前の事ですが、日頃御贔屓にしている某キーボーディストの
ソロライブにて、突然R2-D2が登場した場面があったんですよっ!

その時の演奏曲が確かロボットをテーマにしたものだったかと記憶して
いるのですが、まさか彼のライブにR2が”飛び入り出演”しようとは
全く思いもよらなかったので、驚きと嬉しさでついつい興奮してしまった
思い出があります。

R2はそのデューバック試乗ブース内をあちこちと移動しては、ファン
の為にシャッターチャンスを用意してくれているみたいでした。
私の居るポジションにもちゃんと来てくれて、「PI-PO-PA-PO・・・」等と
話し掛けられているような錯覚を感じましたね~♪
いやあ~、この子はもうとにかく本当に可愛くて賢くて大好きです!!

R2-D2の長年の相棒と言えば、翻訳ドロイドのC-3PO。

その役を30年間ずっと演じてこられたアンソニー・ダニエルズ氏の
講演が最終日の今日に行われ、私もしっかり拝見させて頂きました。

ダニエルズ氏って、素顔も3POにそっくりなんだなあ~・・・と思ったのが
私の第一印象だったでしょうか。
温厚そうで紳士的なおじ様で、しかもトークもユニークで楽しかったです。

元々は舞台役者だったそうですが、ルーカス氏と出逢ってから『STAR
WARS』に参加する事になり、それから3POのコスチューム制作秘話や
ロボット役を演じるに当たって苦労した事等、ファンには非常に興味深い
エピソードを1時間に亘って話して下さいました。

ちなみにダニエルズ氏が登場した時、最初は普通に拍手で迎えられた
のですが、何故か『エピソード6・ジェダイの帰還』で3POがイウォーク族
に神の如く崇められた時のポーズをやらされる羽目になってしまい(苦笑)、
場内の観客全員で両手を挙げて3POを崇めるポーズを取りつつ、改めて
ダニエルズ氏をお迎えしたのでした。(^^ゞ

ラッキーだった事、残念だった事・・・まあいろいろありましたが、やはり
参加して良かったな~、と思いました。
日本公開から30年経った今でも、こんなに全世界で愛されている『STAR
WARS』の人気の高さを改めて思い知らされました。

来月には、『エピソード2』と『エピソード3』の間に位置する”クローン大戦”
をメインに制作されたSW史上初のアニメ作品『STAR WARS クローン・
ウォーズ』が公開されるそうです。

今日のイベントでもダイジェスト版を拝見しましたが、実写版に引けを
取らないほど迫力があって面白そうです!
SWファンの私としてはこのアニメ作品も絶対に外せないと思いますし、
是非劇場へ足を運んで観てみるつもりでございます!


↓本日購入のサントラ・ベスト盤です♪


スター・ウォーズ-ザ・コレリアン・エディション

スター・ウォーズ-ザ・コレリアン・エディション

  • アーティスト: ジョン・ウィリアムズ,ロンドン交響楽団
  • 出版社/メーカー: SMJ(SME)(M)
  • 発売日: 2008/07/16
  • メディア: CD




◆オマケ◆・・・個人的に気になったもの♪

このイベント内のとある物販ブース内で、スタッフさんが着用していた
Tシャツのロゴに一瞬釘付けとなってしまった私、Silver。

『アイ(※アルファベットのI)・ラブ(※ハートマーク)・FORCE』

当然このフレーズは、ジェダイ騎士の力の源・フォースに因んで
デザインされたものでしょうが・・・実はこれ、私の大の御贔屓で
ある某2人組デジタルユニットのツアーグッズ用Tシャツロゴにも
しっかり流用されていたりします。(^^ゞ

”アイ・ラブ”シリーズのロゴは随分昔にも大流行だった記憶があり
ますが、今また再ブレイクしているんでしょうか?

見覚えのあるフレーズを『STAR WARS CELEBRATION JAPAN』
でも見掛ける事になろうとはこれっぽっちも予想しておらず、やや
苦笑いするしかなかったSilverなのでした。(^^ゞ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『STAR WARS CELEBRATION JAPAN』に参加して来ます♪ [STAR WARSシリーズ]

突然ですが・・・私・Silverは今月19日(土)~21日(祝・月)に幕張メッセで
開催される『STAR WARS CELEBRATION JAPAN』と言うイベントに急遽
行って来る事になりました!(*^_^*)

実はですね、こう見えても私は昔から相当のスター・ウォーズファンなので
ございます♪

旧・3部作(エピソード4~6)はTV放映時から何度となく繰り返し観ましたし、
後にDVDセットまで御買い上げしちゃいました。
そして当然ながら新・3部作(エピソード1~3)もしっかり劇場に足を運んで
観に行きました。

そう言えば昔、まだコカ・コーラがガラス瓶タイプで販売されていた時、
『STAR WARS』の公開記念キャンペーンか何かでコカ・コーラの王冠
の裏蓋にいろいろなキャラクター・メカニック等の写真がプリントされて
いて私も当時かなり集めていたものですが、今では3POバージョンの
ただ1個しか残っていません。

確か別バージョンの王冠もあった筈なのに・・・何で処分してしまったの
かしら!?と今更ですが時々後悔するんですよね~。(^^ゞ

当ブログのプロフィール欄には、お気に入りカテゴリーの中にSTAR WARS
シリーズを挙げさせて頂いておりますが、実際にはこちらのブログでこの
テーマに関する話題を書くきっかけがなかなかありませんでした。

ところがつい最近になって、『スター・ウォーズ』第1作(エピソード4)が日本
で劇場公開されてちょうど30周年を迎える記念として、幕張メッセで今月
大掛かりなイベントが開催されるのを知り、無性に行きたくなってしまった
のです!

気が付いた時には既にチケットが販売されていたらしく、私は先日慌てて
チケットを御買い上げ、3日間の内の最終日・7/21(祝・月)に参加する事に
決めました。

何と今回の『セレブレーション・ジャパン』イベントには、シリーズのメイン・
キャストだった俳優さん達が多数ゲスト出演するそうではありませんか!

中でもやはり注目なのは、私がこのシリーズで一番大好きなルーク様
ことマーク・ハミル様です!

30年前のあのイケメン振りに比べたら、もう随分とお年を召している事と
存じますが、きっとルーク様の王子的イメージを残しつつ更にダンディーさを
増していらっしゃるに違いありませんわね~♪

ルーク様の他には、双子の妹・レイア姫ことキャリー・フィッシャー様、
そして『エピソード1 ファントム・メナス』で後にルーク&レイアの父となる
ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時を可愛く演じて
いたジェイク・ロイド君も来日してくれるようです。
本当に当日、彼等に直接逢えるんだろうか? もう今からドキドキです!

このゲスト講演の他にも、今回のイベントではいろいろ見どころが沢山
あるみたいで、果たして1日で廻り切れるかどうか非常に心配ですが(笑)
出来るだけ時間を掛けて『STAR WARS』の世界をたっぷりと堪能して
来ようと思っております!(*^_^*)


↓『スター・ウォーズ セレブレーション・ジャパン』公式HPはこちら♪
http://www.celebrationjapan.jp/cj/home.html



スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
STAR WARSシリーズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。