So-net無料ブログ作成
読売ジャイアンツ ブログトップ
前の10件 | -

開幕ダッシュ成功!・・・からの大失速。(T_T) [読売ジャイアンツ]

今季のプロ野球界もセ・パ両リーグのペナントレースが開幕しましてから、
早いものでもう2週間が経ちましたわね~。

我がジャイアンツは序盤こそ5勝1敗と言う好成績で開幕ダッシュに成功した
かに見えましたが・・・先週末の対タイガース戦から昨夜の対カープ戦まで
まさかまさかの4連敗と言う絶不調振りを露呈してしまっております。(T_T)

特に今週火曜日からスタートした昨シーズンのセ・リーグ覇者であるカープ
さんとの3連戦では各試合とも一旦はウチのチームがゲームを有利に運ぶかと
思われたんですけど、何しろカープさんが昨季と同様かそれ以上の粘り強い
攻撃体勢でウチのピッチャー陣を悉く粉砕してしまう始末でした。

とは言え今シーズンは始まったばかりですし、現時点に於いてはまだまだ
焦る必要は無いのかも知れません。

負けは負けとして現実を受け止めつつ、次のゲームに気持ちを切り替えて行く
しかないんですよね~。

今日からは敵地・ナゴヤドームに乗り込んでの対ドラゴンズ・3連戦が始まり
ますが、まず今夜の初戦の先発を務めるのは、今季の開幕投手・マイコラス
さん(=通称:舞妓はん!苦笑)。

開幕戦と先週の対タイガース・3連戦の初戦で連続勝利(現時点で2勝0敗)を
ゲットしている訳ですし、今夜の先発に関しても全く心配はしておりません!
但し、ウチの打撃陣達が今週の4連敗を引き摺っていなければ・・・の話です
けどねえ。(苦笑)

3番打者・勇人君と4番打者・阿部っちが好調をキープしている中で、開幕から
依然として御目覚めになっていない感が強い(苦笑)長野君のコンディション
が現時点では一番気掛かりです。

由伸監督もこれまでの長野君の実力を信じて起用を続けているんでしょうけど、
場合によっては彼をスタメンから一旦外すくらい(最悪のケースは一時2軍降格
も有り得るかな?)の冷徹な英断もしなければならないと思います。

熱烈G党の一人と致しましては、開幕直後に見せてくれた投打の噛み合った
ゲーム展開を激しく期待したいところでございます!

何はともあれ、今季こそ由伸監督を笑顔で一杯にする為にチームが一丸となり
一つ一つ勝ち星を増やしていって欲しいと思います!


GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

  • 作者: 読売巨人軍
  • 出版社/メーカー: 読売新聞東京本社
  • 発売日: 2017/03/18
  • メディア: ムック




読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

  • アーティスト: 宮川泰,小六禮次郎,早川博二
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

"サヨナラ慎ちゃん"伝説、再び! [読売ジャイアンツ]

今年もプロ野球・ペナントレースが昨夜から開幕しまして、初戦カード
の対戦相手であるドラゴンズさんに快勝して白星発進となりました我が
ジャイアンツ。

第2Rとなった本日のデーゲームでは、昨夜から一転してドラゴンズさん
に2点を先制されると言うビハインド状態での厳しい戦いを強いられて
しまいました!(T_T)

仕事から帰宅後、慌ててTVを付けて観戦スタートするも状況は変わらず、
中盤の二死満塁と言う場面で阿部っちが四球押し出しを選んで1点返した
ものの、球場内の雰囲気もやや敗戦濃厚な感じに見えてしまいました。

ところが最終回に、何と劇的な幕切れが待ち受けておりました!

9回裏にランナーが二人溜まったところで、バッターは阿部っち。

相手ピッチャーが放った3球目を見事に打ち返し、レフト方向へ良い感じ
に運んで行ったなあ~・・・と思っていたら何とそのままスタンドイン!

・・・そうです! もうお判りですよね?

阿部っちの起死回生とも言うべきサヨナラ3ランが飛び出し、チームは
開幕2連勝を達成したのでありました!

阿部っちと言えば彼がまだ若かりし頃(苦笑)の十数年前、彼がサヨ
ナラヒットやサヨナラHRを連発させたシーズンがあり、その頃から私
を含めた熱烈G党の間では"サヨナラ慎ちゃん"と言う異名が定着して行き
ました。

ちょうど去年の今頃にはコンディション不良の影響で1軍のベンチには
居なかった阿部っち。
そんな彼が今季は開幕早々から大いに躍動してチームの勝利に貢献して
くれて、ファンとしても凄く嬉しい限りでございます!

きっと今シーズンは、体調もそれほど問題無いのでしょう。
それ故の連日連夜の阿部っちの大活躍に、私は全盛期の彼の姿が戻って
来たような気がしましたし、お立ち台での決まり文句=「最高で~す!」
3連発も久し振りに阿部っちの声のトーンが明るく聞こえました!

ちなみに阿部っちは、今季中に達成可能なメモリアル記録が目白押しと
なっています。

例えば通算2000本安打とか同じく通算400本塁打等、毎試合で順調に
ヒット数を重ねれば今シーズンの間にクリア出来そうな記録があります。

もしも阿部っちの記録達成とチームの日本一奪回が両方同時に成就すれば
これ以上の幸せはありませんわよね!

そんな感じで実に贅沢な夢の実現を改めて願いつつ、明日以降のゲームも
期待したいと思います!


GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

  • 作者: 読売巨人軍
  • 出版社/メーカー: 読売新聞東京本社
  • 発売日: 2017/03/18
  • メディア: ムック




読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今季も開幕白星発進! [読売ジャイアンツ]

遂に今夜から開幕となりました2017年度のプロ野球・ペナントレース!

我がジャイアンツはドラゴンズを本拠地に迎え、今日から3連戦をスタ
ートさせた訳ですけど、お陰様で今年も快勝で開幕白星発進を果たす事
が出来ました!

まず打っては阿部っちや勇人君が開幕戦早々に見事なアーチを放ってくれ
ましたし、投げては自身初の開幕投手を任されたマイコラスさんが7イニ
ング2失点と言う好投を見せてくれましたし、まさしく投打が上手く噛み
合う最高のゲームだったと思いました!

実は正直言いますと・・・今季のオープン戦の成績がかなり良くなかった
(しかも12球団で最下位!苦笑)のでいろいろと心配だったんですけど、
今夜の開幕戦に於けるテンポの良い展開を振り返るとオープン戦の不甲斐
無い成績がまるで嘘のように思えて来ちゃいましたわねえ~。(^^ゞ

明日以降の試合も今夜のような快勝を続けてくれれば、きっと昨年同様に
開幕ダッシュを果たせるのではないでしょうか!

ちなみに明日の先発は、今年の年明け早々にめでたく結婚して20代前半に
して早くも所帯持ち(苦笑)となった田口君。

昨季はチーム最多の10勝を挙げて急成長を遂げた印象が強かったですから、
今シーズンの田口君は益々活躍してくれそうな気がします!

明日のデーゲームは残念ながら、"悲しき土曜出勤(泣)"の為にTV観戦は
後半以降になりそうですけど・・・業務時間が終わり次第、猛ダッシュで
帰宅したいと思っております!

まずは今季初勝利おめでとう、新米パパのマイコラスさんっ!\(^o^)/


GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

  • 作者: 読売巨人軍
  • 出版社/メーカー: 読売新聞東京本社
  • 発売日: 2017/03/18
  • メディア: ムック




読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今季の開幕投手は・・・彼では無く、あの彼を大抜擢! [読売ジャイアンツ]

つい先日まで開催されていたWBC(ワールド・ベースボール・クラシ
ック)の興奮と感動が冷めやらぬ中、いよいよ2日後の3/31(金)には
日本国内に於けるペナントレースがセ・リーグ+パ・リーグで同日開幕
となりますわねえ~。

奇しくも本日付で我がジャイアンツの開幕カード(対ドラゴンズ戦)に
出場予定の1軍登録選手勢が公示され、今年も遂にプロ野球シーズンが
始まるのだ・・・と言う実感が益々湧いて来ました!

そして今季の開幕ピッチャーはと言いますと・・・私も含めて大方の
熱烈G党が予想+期待していた菅野君では無く、何と何と日本野球・
来日3年目のマイコラスさん(※Silver的には勝手に親しみを込めて
"舞妓はん"と呼ばせて貰ってます。苦笑)が大役を務める事と相成り
ました!

私達G党以外にも、主要スポーツ紙の予想はどれもこれも菅野君が
開幕投手になるのではないか?と想定していたと思うんですけど、
まさかまさかのマイコラスさんに大抜擢された訳であります!

菅野君と言えば、先述のWBCに勇人君や小林君と共に代表メンバー
として選抜され、東京ラウンドや決勝ラウンドで見事なピッチング
を見せてくれた事は皆様方にも記憶に新しいと思います。

そんな菅野君のコンディションは、未だWBCでの投球疲労が完全に
抜け切ってはいないらしく・・・由伸監督は大事を取って菅野君の
開幕投手を断念した模様です。
(ちなみに菅野君の今季初先発に関しては、次戦カードとなる対ベイ
スターズ戦に廻るのでは?との予想がチラホラ有りますね。)

そして菅野君に代わり、由伸監督が白羽の矢を立てたのがマイコラス
さんになったのでございます。

マイコラスさんの大抜擢は、春季キャンプでの状態やオープン戦での
成績を由伸監督他首脳陣の方々が考慮した結果ですから、それらには
私も勿論異論はありません。

寧ろ、大役を任されたマイコラスさんが自身初となる開幕投手として
どんなピッチングを見せてくれるのか益々楽しみになったくらいです!

しかもマイコラスさんはつい先日、奥様のローレン夫人が初めてのお子
さん(長女のリリアンヌ・ジーンちゃん)を出産してめでたくパパさん
にもなった事ですし、きっと今まで以上に気合が入っているんじゃない
でしょうか!

何はともあれ、今季こそ由伸監督を胴上げ出来るよう選手の皆さんには
一丸となって全力で143試合を戦い抜いて行って欲しいと心からそう願う
ばかりです!

そして私個人的には、昨年1度も実行出来なかった本拠地(東京ドーム)
生観戦の機会を1試合でも多く作りたいと思っております。
(まあこればっかりは懐事情の状況にも左右されますので、どうなるか
は先行き不透明なところなんですがね。苦笑)

さあ、それでは昨シーズン同様に今季も開幕3連勝と行きましょうか!
くれぐれも頼みましたぞ、マイコラスさんっ!!!


GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

GIANTS 2017 新化 (YOMIURI SPECIAL 107)

  • 作者: 読売巨人軍
  • 出版社/メーカー: 読売新聞東京本社
  • 発売日: 2017/03/18
  • メディア: ムック




読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

読売ジャイアンツ 選手別応援歌2017

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

無念の惜敗・・・。(T_T) [読売ジャイアンツ]

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)・東京ラウンドに於いて
6戦全勝と言う快進撃で決戦の地・LAへ降り立った侍ジャパンの面々。

準決勝前に行われた強化試合(計2試合)こそ黒星を喫したものの、今日
のゲームの先発を任されたのが我らがジャイアンツの頼れるエース・菅野
君だったと言う事もあり、私はリアルタイムでTV観戦出来ない厳しい状況
下にありながらも彼の好投を信じ、そして侍達の勝利を確信していました。

しかしながら・・・私が仕事を終えて携帯の画面越しに知った結果は残念
ながら全くその逆だったのでありました!(T_T)

今日の準決勝で対戦したアメリカとの点差、僅か1点。

そのたった1点の差を埋められないほど、そして追い越せないほどに今回
の敵さんチーム(=アメリカ)は手強かったと言う事なんですよね。

何しろ今大会では全選手メンバーを大リーガーで揃えて来たと言うのです
から、全く歯が立たなかったと言うのも悔しい事ではありますが納得せざる
を得ません、ハイ。(^^ゞ

とは言え、我らが誇れる侍達は此処まで本当によく頑張ってくれましたし、
何より我がジャイアンツから選抜された勇人君、小林君、そして菅野君も
今大会での勝利に沢山貢献してくれたのですから、彼らには心から拍手を
贈りたいと思います!

来週末にはいよいよ、今度は日本国内でプロ野球のペナントレースが開幕
を迎えます。

勇人君達もその頃までにはおそらく帰国しているだろうとは思いますが、
まず暫くはWBCでの熱戦の疲れを癒して欲しいですし、仮に開幕戦には
間に合わないとしてもウチのチームに合流するのはそれからでも全然遅く
はありません。

世界一奪回を逃した代わりと言っては少々語弊があるかも知れませんが
(苦笑)今度は日本一奪回の為、勇人君にも小林君にも菅野君にも今回
の良い経験を武器に全力でペナントレースを戦って欲しいと願っており
ます!

何はともあれ侍ジャパンの皆様方、此処まで数々の熱戦本当にお疲れ様
でした!

どうか敗戦の悔しさで俯かずに、前を向いて堂々と戻って来て下さい!


2017WBC公式プログラム 2017年 04 月号 [雑誌]: ベースボールマガジン 別冊

2017WBC公式プログラム 2017年 04 月号 [雑誌]: ベースボールマガジン 別冊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 雑誌




がんばれ侍ジャパン!  WBC2017観戦ガイド (ぴあMOOK)

がんばれ侍ジャパン! WBC2017観戦ガイド (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: ムック



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

無傷の6連勝で世界の頂点へ! [読売ジャイアンツ]

先週から開幕したWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)ですが、
小久保監督率いる侍ジャパンは1次ラウンド・2次ラウンド共に1敗もせず
無傷の6連勝で無事に決勝ラウンドへ進出しましたわねえ~!!!

これまでに対戦した5ヶ国のチーム(キューバ、オーストラリア、中国、
オランダ、イスラエル)はどの国も強敵でしたし、正直言って「これは
まずい展開になるかも!?」等とかなり焦ってしまうようなゲームが
沢山ありました。

しかしながら侍ジャパンはそんな私の余計な心配を他所に(苦笑)日に
日に強さを増して行き、厳しい戦いの中で辛くも勝利を捥ぎ取り続けて
来ました。

終わってみれば1次ラウンド+2次ラウンドで6戦全勝の完勝状態で次なる
戦地=LAのドジャー・スタジアムへ乗り込んで行く事になった訳です!

我がジャイアンツから侍ジャパンのメンバーとして選抜された勇人君、
小林君、そして菅野君は、チームの4番打者・筒香君@ベイスターズや
驚異の5番打者・中田の翔やん@ファイターズみたいな派手さこそ無い
もののそれぞれ勝利に貢献する活躍を連日見せてくれていて、TV観戦
している私も彼らの姿が本当に誇らしく思えてついつい嬉しくなって
しまうんですよね~♪

特に小林君に関しては、本来は侍ジャパンの正捕手になる筈だった嶋
さん@イーグルスの故障発生による出場辞退を受けて言わば代役的な
キャッチャーにならざるを得なかった訳でして・・・所属チーム以外
のピッチャーの投球を受ける事になったのは彼にとって色々勉強に
なっているだろうと思うんです。

菅野君とのバッテリーは同じ所属球団(=ジャイアンツ)ですから
既にお互いに気心が知れてますし、菅野君が一番得意とする球種も
当然ながら熟知しています。

しかしながら他球団のピッチャー陣とは、日本代表としての練習を
除けば勿論1度もバッテリーを組んだ事なんてありませんから、その
ピッチャーの球種がどれだけあるのか、そして得意な球種は何なのか
をゼロから学習する必要が出て来る訳です。

そしてそのピッチャーの特徴を生かしつつ敵さんチームのバッターを
打ち取れるような投球を常に意識してキャッチャーミットを構えなけ
ればならない・・・キャッチャーって本当に難しい役割なんだなあ~、
って改めてそう思います。

でも今回、国際試合の代表選手に初めて選ばれて尚且つ実際のゲーム
で先発要員として起用して貰っている小林君は、打撃面では勿論の事
キャッチャーとしても去年以上に成長しているような気がしてます!

この調子だとWBCでの戦いを終えて帰国した後の小林君、ペナント
レースが開幕したら我がチームできっと期待以上の活躍でリーグ制覇
や日本一奪回に貢献してくれるに違いありませんわよ!
(当然ながら、勇人君や菅野君にも超期待しておりますデス!)

昨日、決勝ラウンドの地となる米国へ旅立った勇人君・小林君・菅野
君の3名を含めた侍ジャパンの面々は、まず強化試合を2試合行うアリ
ゾナ州へ到着したらしく、先程ニュース番組で彼ら3人の元気そうな
表情を確認する事が出来ました♪

世界一奪回までは、あと2勝。

我がチームの本拠地(=東京ドーム)でこれまで戦って来た1次ラウンド
や2次ラウンド以上に、おそらく更に厳しい戦いが待ち受けているだろう
と思います。

とは言え、この6試合で侍ジャパンの結束力はかなり高まっている筈!
と私は勝手に信じ込んじゃってます!

打つべき人が打ち、守るべき人がしっかり守り切れば必ず勝てますわ!
この勢いのまま、あと2勝をがっちり掴んでしまいましょうよっ!!!

来週スタートする準決勝や決勝戦は現地(=米国)との時差や私の勤務
の都合もあって残念ながらリアルタイムではTV観戦出来ませんけど(泣)
必ず決勝戦まで勝ち進み、最後にはきっとあの煌びやかなトロフィーを
手にするだろうと確信してます!

ちなみに職場には大型テレビが備わっていますので、仕事しながら時々
チラ見する事ぐらいは出来るかも知れません。(苦笑)
その間ぐらいは密かに心の中で絶叫しながら侍ジャパンを応援してあげ
たいと思っております!(^^ゞ

Go for it, Samurai Japan!!!


2017WBC公式プログラム 2017年 04 月号 [雑誌]: ベースボールマガジン 別冊

2017WBC公式プログラム 2017年 04 月号 [雑誌]: ベースボールマガジン 別冊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 雑誌




がんばれ侍ジャパン!  WBC2017観戦ガイド (ぴあMOOK)

がんばれ侍ジャパン! WBC2017観戦ガイド (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: ムック



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

幸先良い白星発進! [読売ジャイアンツ]

野球関連ネタとしては随分久々(=約3ヶ月振り?苦笑)の記事投稿に
なってしまいましたが・・・遂に今週からWBC(ワールド・ベース
ボール・クラシック)が開幕しましたわね~♪

我がジャイアンツからは勇人君、小林君、そして菅野君が日本代表・侍
ジャパンの一員として国際大会に参戦している訳ですが、その内の勇人
君と小林君は昨夜の日本初戦・対キューバ戦でそれぞれ共に5打数2安打
のプチ活躍をしてチームの勝利に貢献してくれておりました!

大会前の練習試合とか壮行試合の段階では、投手陣や打撃陣の調子等が
不安視されていたようですけど、昨夜の対キューバ戦ではそれらをやや
払拭出来るような二桁得点での快勝となり、私個人的には安心しました。

とは言え、油断は絶対に禁物です!

今夜開催される第2戦・対オーストラリア戦は勿論の事、明後日の第3戦・
対中国戦にも確実に勝利しつつ2次ラウンドへ進まなければなりません。

ちなみに今夜の第2戦・対オーストラリア戦に先発するのは、我がジャイ
アンツの頼れるエース・菅野君です!

キャッチャーを務めるのも同じチームの小林君だと思いますから既に息は
ピッタリ合っている筈ですし、何ら問題は無いだろうと信じてます。

しかしながらいわゆる定説として、二桁得点した次の試合では打線が沈黙
しがちなパターンが結構多いので、それさえクリア出来れば今夜の第2戦
も絶対に勝てるでしょう!

何はともあれ、選抜メンバーの御三方には引き続き日本の勝利の為に是非
頑張って欲しいものでございます!

・・・さあ目指せ頂点へ! 侍ジャパン!!!(^^)v

コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016年・・・行く人、来る人。 [読売ジャイアンツ]

今年・2016年は、我が愛しの由伸君が自ら現役選手を退きつつ新たな監督と
言う大役を任された責任と覚悟を持って臨んだ、新生ジャイアンツとも言うべき
1年だったと思います。

私もそんな由伸監督を見守りながら今シーズンの全試合を見届けて来た訳
ですけど・・・結果は皆様も御承知の通り、セ・リーグ2位と言う実に不本意な
成績に終わり、日本一の奪還すら叶いませんでした。(T_T)

シーズン終了後は例年のようにストーブリーグに突入し、その中で主力選手の
移籍が次々と報じられるようになりました。

まず、ウチのチームから他球団へ去って行くのは主に次の彼らです。

◇大田君(→トレードでファイターズへ移籍)
◇小山君(←トレードでイーグルスへ移籍)

逆に、トレードやFA移籍で他球団からウチの新たなメンバーとなるのは主に
以下の彼らです。

◇吉川光夫さん(←大田君達とのトレードでファイターズから移籍)
◇山口俊さん(←FA権によりベイスターズから移籍)
◇森福さん(←FA権によりホークスから移籍)
◇陽岱鋼さん(←FA権によりファイターズか移籍)

特に11月初旬に大田君のファイターズ移籍が報じられた時には、個人的に
多少なりともショックを受けてしまいましたわね~・・・。

"ポスト・ゴジラ"と期待され、入団当初は彼(ゴジラ君)が背負っていた55番の
後継者となった大田君。

その体格の良さと思い切りの良いバッティングで、いつかはゴジラ君のような
パワー・スラッガーに成長してくれるのでは?と、私も彼の入団発表時@ジャイ
アンツ・フェスタから期待を寄せていただけに、今回のファイターズ移籍は本当
に残念でなりませんでした。

とは言え、活躍の場がただ単にウチのチームから他球団に移るだけなので
あって、大田君の成長がこれでぱったりと止まる訳ではございません。

願わくば来季からはファイターズでの大化け(苦笑)を楽しみにしつつ、出来ま
したらウチのチームにとっての脅威にならぬよう、ほどほどに頑張って貰えれば
と思いますね。(^^ゞ

一方で新加入移籍組のメンバーはと言うと、前在籍チームではいわば主力扱い
で活躍していた選手が殆どであり、これだけ集めておいてもし万が一来季も優勝
を逃したりすればそれこそ大金の無駄遣いと言う大失態に繋がってしまうだけに、
来シーズンこそは是非ともリーグ制覇と日本一奪回を達成して欲しいもので
ございます!

さて・・・そんなこんなで、2016年ももうすぐ終わろうとしております。

個人的には今年も余り良い年ではありませんでしたけど(泣)、来年こそは一発
大逆転!と言わんばかりの超ハッピー&ラッキーな1年に出来ればと思っており
ますデス!

来年・2017年が当ブログにお越し頂きました多くの皆様方にとって幸多い1年と
なりますよう、この場をお借りして心よりお祈り申し上げたいと存じます。

引き続き来年も、当ブログを御贔屓に宜しくお願い致します
それでは皆様、どうぞ良いお年を!!!m(__)m

コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

さらば、我らの誇り高き走塁のスペシャリスト・・・!(T_T) [読売ジャイアンツ]

苦しみもがきながらどうにかこうにかリーグ2位の座を確保したにも関わらず、
CS(クライマックス・シリーズ)ファーストステージにて3位のベイスターズに惨敗
してしまうと言う実に情けなさ過ぎる結果に終わってしまった、我がジャイアンツ
の2016年・ペナントレース。

今季一番目立っていた勝負弱さが今回のCSファーストステージでも改めて
露呈してしまった形になった訳で・・・熱烈G党の一人である私としましても
本当に残念でなりません。

そんなCSファーストステージ敗退から早くも3日経ちましたが、今日になって
またしても残念なニュースが飛び込んで来てしまいました!

我らがジャイアンツにとって、これまでその素晴らしい走塁で数々の得点を
挙げてくれていた鈴木尚広選手が、今季限りでの現役引退を発表したので
ございます!(T_T)

私の母上殿と同じ福島出身と言う事もあってなのか、尚広さんに対しては
ジャイアンツの選手として以外に妙な親近感を覚えていた私。

特に尚広さんの熱烈なファンではありませんでしたけど、彼が代走要員として
グラウンドに姿を現すと毎回と言って良いほど期待に胸が高鳴ったものでした。
おそらくその期待感は私だけではなく、全国各地の熱烈G党の皆様もきっと同じ
思いで彼の走塁を見守っていた事でしょうね・・・。

数時間程前に引退会見も行われたらしく、その概要を先程WEB上で読ませて
貰いましたけど・・・その表情は実に晴れ晴れしく、そして何の迷いも無い清々
しい笑顔を湛えながら尚広さんは引退への思いを熱く語ってくれたようです。

体力の限界を迎えるまでずるずると選手を続ける事よりも、自分の心と正直
に向き合った結果、すっぱりと現役生活に別れを告げる決心をした尚広さん。

これまで何度も神懸かり的な走塁でチームのピンチを救って来た尚広さんは、
最後の引き際までもがまるで野球人生をあっと言う間に駆け抜けて行ったよう
でしたわね・・・。(T_T)

現役生活20年間の中で、ジャイアンツ一筋だった尚広さんの選手人生は遂に
幕を閉じる事になった訳ですが、来年から彼はどんな道を歩むのでしょうか?

例えば引退選手の殆どがごく当たり前に経験する野球解説者?
それとも在籍チームに残留して来季のコーチングスタッフに就任するのか?

私個人的には、是非後者の方で熱望したいところなんですが・・・。

走塁のスペシャリストとして長年活躍して来た尚広さんの実力を生かした上で
願わくば来季の走塁コーチとして若手選手達をビシビシ指導して貰いたい!
そして来シーズンこそ、チームを頂点の座に導いて欲しいと願わずには居られ
ません!

いずれにせよ、尚広さんが来年以降にどんな人生を歩んで行こうとも私は変わ
らずに彼を暖かく見守って行くつもりでございます!

現役生活20年間、尚広さんがジャイアンツの勝利の為に沢山貢献して下さった
事は絶対にいつまでも忘れません!
長い間、本当にお疲れ様でした! そして・・・有難うございました!m(__)m

来年から始まる尚広さんの第2の人生がどうか有意義なものになりますように、
心からお祈りしておりますわよっ!!!


Be Ready ~準備は自分を裏切らない~ (扶桑社新書)

Be Ready ~準備は自分を裏切らない~ (扶桑社新書)

  • 作者: 読売巨人軍 鈴木尚広
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2016/09/02
  • メディア: 新書




失敗することは考えない

失敗することは考えない

  • 作者: 鈴木尚広
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:鈴木尚広
コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

悔しきペナント終戦の日・・・。(T_T) [読売ジャイアンツ]

昨夜9/10(土)の本拠地ゲーム・対カープ戦に於きまして、我がジャイアンツは
残念ながら2年連続でリーグ優勝を逃してしまいましたわね・・・。(T_T)

確かに今季のカープは、例年とは一味も二味も違った勢いと言うものがあった
気がしますし、そんな彼らの勢いを此処まで止められなかったのは現時点で
2位のポジションに甘んじている我がジャイアンツの重大な責任だと強く痛感
致しておりますです、ハイ。(苦笑)

こう言う結末になってしまった以上、何を言っても良い訳になりますし誰の所為
にもしたくはありません。
選手の皆は勿論の事、由伸監督や全てのコーチングスタッフの皆様が全力を
尽くして戦い続けた結果がこれなのですから、私を含めた全国各地の熱烈G党
もこの事実を受け止めるしかないのです。

ただ私自身の思いとしては、今季から新たな指揮官となられた愛しの由伸君に
監督として初めての優勝を是非とも味合わせてあげたかったんですがねえ・・・。

いずれにしろ、もう今日からはCS(クライマックス・シリーズ)進出の座を賭けた
戦いへと切り替える事となった訳ですが、その2位の座もナンダカンダでやや
危ない状況なんですよねえ~。
(=3位・ベイスターズさんとは現時点で4.5ゲーム差!)

CSのファーストステージでは2位チームのホームゲームとなりますので、もしも
万が一3位に転落でもしたりするとその本拠地開催が不可能になってしまうの
です!

それ故、ホーム(リーグ2位)で戦う時とアウェイ(リーグ3位)で戦う時とは選手の
モチベーションが明らかに違って来ると思うんですよねえ~。

ですから此処は一つ、ベイスターズに追い越されないように何としても2位の座
を死守して貰うしかないのでございます!

もしもファーストステージを勝ち越し出来れば、ひょっとしたら続くファイナルステ
ージではかつての某・球団のように優勝チームを撃破して日本シリーズに出場
出来る奇跡的な逆転劇が待ち受けているかも知れませんし、寧ろ是非ともそう
あって欲しいと願わずには居られません!

何度も申し上げますが、ペナントレースには残念ながら一区切り付いてしまい
ましたけど、まだウチのチームには日本シリーズに出場出来る可能性が僅か
ながら残っております。

その小さな可能性を信じて、今日から続いて行く消化試合(泣)を一戦一戦大事
に戦って行って欲しいと、我が愛すべきジャイアンツへ思いを新たにしたSilver
なのであります!

コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 読売ジャイアンツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。