So-net無料ブログ作成
織田裕二 ブログトップ
前の10件 | -

放送作家と天才貴族と・・・新たな"織田ワールド"に嵌ってます! [織田裕二]

実は当ブログにて、織田君関連の記事を書かせて頂くのは実に約3年振りで
ございます!(^^ゞ

前回の主演連ドラ以降、各種メディアで織田君の姿を観る機会が何故かすっ
かり減ってしまいまして・・・強いて挙げれば、此処数年出演している例の住宅
会社CMに於けるあの犬の着ぐるみ(=と言うよりワンコそのものになり切って
いる?苦笑)を纏った彼の姿を複雑な思いで眺める日々が続いておりました。

そんな織田君が、今年もそろそろ終わりを迎えるこの季節に入ってから久々に
新たな映像作品に取り組んでいます!

一つは、先月からスタートした主演連ドラ・『IQ246~華麗なる事件簿~』。
もう一つは、今月11/5(土)から全国ロードショーとなった主演映画・『ボクの妻
と結婚してください。』。

前者の『IQ246』は、織田君演じる天才貴族が退屈な日常から脱する為に周辺
で発生した事件の謎を独自の頭脳とひらめきで次々と解明して行くミステリー系
連ドラであり、勿論毎週しっかり録画予約して楽しませて貰っております!

初回の第1話を観た時、彼が演じる法門寺さんの語り口調が異常に独特なもの
だったので一瞬面食らってしまったんですけど(苦笑)・・・エピソードを観続けて
行く内に、私は別の連ドラに於ける主役キャラとある種の似通った部分を感じた
ような気がしました。

法門寺さんって・・・あの右京さん@『相棒』を更に強烈キャラに仕上げたみたい
だなあ~、とね。(^^ゞ

そう言えば前回の第5話で、やたら英語フレーズを連発するインテリ系刑事さん
を法門寺さんってばわざとらしく「杉下さん?」と呼ぶ場面がありましたっけ。
この台詞から察するに、もしや制作スタッフ陣は『相棒』シリーズを意識してる
のかも?等と思ったりしました。
(ちなみにインテリ系刑事さんとコンビを組む女刑事さんは、かつて本物の右京
さんと相棒を組んでいた若手刑事さんの恋人役でしたわねえ~。苦笑)

毎回のエピソードで様々な心の闇を抱えた犯人達と直接対決しつつ、まさしく
華麗に事件を解決して行く法門寺さんと、彼にあれこれ振り回されながらも
しっかりサポートして行くお目付け役の女刑事さんや法門寺さん直属の万能
執事さん等のサブキャラ達もなかなか良い味出してます♪

犯人達に携帯メールで完全犯罪を指南する謎のキャラ・13ことマリアTの正体
が気になるところですが・・・あのシルエットから独断と偏見で想像しますに私と
してはあのサブキャラがマリアTだと予想しているんですけど、果たして真相や
如何に?

『IQ246』についてはそんなマリアTの正体も含めて引き続き楽しみたいと思い
ます!

そして後者の主演映画・『ボクの妻と結婚してください。』についてなんですが、
タイトルだけは去年の時点で聞いた事がありました。

それはNHKBSプレミアムで、ウンナン(=ウッチャンナンチャン)のウッチャン
(=内村光良さん)主演でこの作品の連ドラが放映されていたのを知っていた
からでした。

連ドラ自体は知っていたものの、残念ながら実際のドラマを観る事は無かった
んですけど、今年に入ってから同じタイトルの作品が映画化される事とそれに
織田君が主演すると言う情報を知って、私は真っ先にウッチャン版の連ドラ
作品を思い出したのでした。
(ちなみにこの作品ってドラマ化される以前に、同じウッチャン主演で舞台化
されたのが始まりだったみたいですね。)

『踊るFINAL』以降、実に約4年振りの映画作品に織田君が主演するとあって、
当然ながら私も観る気満々でタイミングを見計らっていたのですが、つい昨日
(11/16)の仕事帰りに二子玉川へ寄り道して109シネマズ二子玉川でようやく
作品を観る事が出来ました!
(ちょうど昨日は同シネコンでは毎週水曜日開催のレディース・デーでチケット
料金も割安でしたから一石二鳥でしたわよっ♪)

これまでドラマや映画で織田君が演じて来たキャラクターと言えば、『踊る』シリ
ーズに代表される熱血刑事を始めとして敏腕弁護士に頭脳明晰な外交官、それ
に冷徹な天才外科医等、どちらかと言うとお堅い職業を持つ役柄が多かったと
思います。

ところが此処最近に関して言えば、彼の実生活がそうであるように家庭を持つ
キャラクターを演じる事が増えて参りましたわよね~。

今回の『ボク妻(=ボクの妻と結婚してください。の略)』で織田君が演じたのは
彼が活動する芸能界の中の職業である放送作家と言う役どころ。

これまで数々のバラエティー番組を手掛けてお茶の間の視聴者を楽しませて
来たこの放送作家さんの身に、突然悲劇が訪れてしまいます。

それは末期の重病でしかも余命半年と言う、実に衝撃的な宣告でした。

彼には、いつも朗らかで明るい奥様と素直な息子と言う愛すべき家族が存在
していましたが、そんな家族の為にと余命残り少ない放送作家さんは最後の
企画を思い付きます。

それは・・・自分がこの世を去ってからも奥様と息子さんを幸せにしてくれる
ような、奥様の次の旦那様(+息子さんの新しいお父さん)を探してあげる事
でした。

もしも余命を宣告されたら一般的には、出来るだけ長く生きられるようにと延命
治療をしながら身近な人達と最後の瞬間まで一緒に過ごすと言うのが定番だと
思うんですけど、この作品に於ける放送作家さんの中にこの選択肢は無かった
んですよね・・・。

自分の余命よりも、愛する家族の幸せの継続を最優先させた放送作家さん。
彼の考え方(=家族への愛し方)が余りに立派過ぎて、そして素晴らし過ぎて
・・・私は終始切ない気持ちになりながら作品を拝見させて頂きました。

かつての彼の仕事仲間で現在は結婚相談所の女社長さんにも共犯者になって
貰いつつ奥様に相応しい再婚相手を見付けるその一方で、放送作家さんも独自
の手段で御膳立てを始めて行きます。

或る時は新番組の企画案と偽って、奥様に理想の結婚相手のタイプを聞いて
みたり、又或る時は売れっ子の若手女性タレントさんに頼み込んで自分の不倫
相手を演じて貰ったり(=奥様に自分達の密会現場ををわざと見せ付けそれを
利用して奥様に離婚届を突き付ける口実を作る)と、放送作家さんの悲しい奮闘
は続いて行きます。

ところが前述の女性タレントとの不倫が写真週刊誌にスクープ掲載されたのが
きっかけとなり、放送作家さんの"最後の企画"が奥様にも、そして再婚相手候補
のインテリア会社社長さんにも思いっ切りバレてしまいます。

果たして放送作家さんの家族への思いは達成されるのか?・・・と言うのが本編
途中までの主な粗筋となります。

まだ今作を御覧になっていない方々の為に、結末等のネタバレは敢えて控える事
にしますが、"最後の企画"を命懸けで考え抜いた放送作家さんも、そして彼の真意
を知ってから最終的な決断を下す奥様も、お互いがお互いを心の底から愛し合って
いる素敵な関係を築いていたんだなあ・・・と言うのが全編通してダイレクトに伝わって
来ましたね。

織田君の奥様役を務めた吉田羊さんは、今年の秋クールの某・医療系連ドラ
にも主演されていて(=ちなみに私の別の某・御贔屓俳優さんも病院院長役と
してレギュラー出演中なので毎週観てるんです♪)今やすっかりトップ女優の仲間
入りを果たした感がありますけど、自然な演技がとにかく素敵でした。

そして織田君が見付けた奥様の再婚相手役を演じたネプチューンの原田泰造
さんは、より一層役者としての実力を身に付けたと言う印象が強くなりましたね。

原田さんって基本は勿論お笑いトリオとしての活動がメインですけど結構以前
から俳優としての活動も始めていて私としては割と好印象だったりしますし、寧ろ
ネプチューンとしてよりも役者業の方が向いてるんじゃないかな?とさえ思ったり
します。

今作の終盤からは、とにかくじんわりと泣けるような場面の連続でした。

特に私個人的には、放送作家さんが息子さんに宛てた手紙の内容に危うく号泣
しそうになったほどでした。

先程も書かせて貰いましたように、自身の延命治療よりも残して行く愛する家族の
幸せの継続性を一番に願った放送作家さんの"究極の生き様"、"究極の愛し方"に
本当に胸を打たれましたね・・・。(T_T)

私のような長年の織田君ファンの皆様は勿論の事ですが、御家庭を持つ男性陣
の皆様方にも是非とも観て頂きたいと思います!
ひょっとすると、これまでの家族への愛し方が180度変わるかも知れませんよ?


ボクの妻と結婚してください。

ボクの妻と結婚してください。

  • 作者: 樋口 卓治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫)

ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫)

  • 作者: 樋口 卓治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/02/13
  • メディア: 文庫




続・ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫)

続・ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫)

  • 作者: 樋口 卓治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/10/14
  • メディア: 文庫




ボクの妻と結婚してください。オリジナルサウンドトラック

ボクの妻と結婚してください。オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: CD




Forget Me Not(初回生産限定盤)(DVD付)

Forget Me Not(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 中島美嘉
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2016/11/02
  • メディア: CD




Forget Me Not(通常盤)

Forget Me Not(通常盤)

  • アーティスト: 中島美嘉
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2016/11/02
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:映画

久々で新鮮な“駄目男キャラ”に超期待! [織田裕二]

『外交官・黒田康作』以来、実に2年振りとなる織田君主演の連ドラ・『Oh,My
Dad!!』が昨夜(7/11)から遂にスタートしましたわね~♪

今回の役どころは織田君の俳優歴では史上初となる、駄目男系のパパ役!

過去に子役が絡んだ出演ドラマは幾つかあったりしましたけど、本格的な父親
役は今作が初体験だそうで・・・それは確かに新鮮さを感じましたわね~♪

そして最近の作品では、熱血漢溢れる所轄刑事@『踊る大捜査線』シリーズや
頭脳明晰且つ冷静沈着な外交官@『外交官・黒田康作』シリーズと言った具合
にしっかりした職業で活躍するキャラクターが多かっただけに、今作での“無職
な科学者(笑)”はかなり斬新な配役だと思いました。

若い頃に発明した研究題材に没頭する余り、家庭を一切顧みず収入源の全て
を奥様頼みにしていたばかりに、とうとう愛想を付かした奥様が失踪してしまい、
挙句の果てには自分達の住まいや研究所すらも失ってしまった新海さんと息子・
光太君。

昨夜の初回O.A.分では、仕方なく公園に設置されたマンホールでその場凌ぎ
の暮らしがスタートした訳ですけど、このシチュエーションを以前に何処かで観た
ような憶えがあるなあ~・・・と思ったら、ふと脳裏に浮かんだのが約20年前に
織田君が主演した連ドラ・『お金がない!』だったんですよね~。

描写の違いこそあれど、あの作品も小さな弟達を抱えて貧困に苦しむ主人公が
粗末な家に暮らしつつ、徐々にチャンスを掴んで成功していく姿を描いたドラマ
でした。

『Oh,My Dad!!』でも、失踪した奥様に代わって息子を養わなければならないと
言うハンデを背負いながらも、自分の夢も決して諦めない・・・ただ単に“駄目男”
では終わらない前向きなキャラクターとして描かれていくような気がしますね♪

織田君演ずる新海さんを取り巻くキャラとしては、他にも新海さんの元カノ(演・
ハセキョーこと長谷川京子さん)が絡んだりするのですが、彼女との再会を機に
二人の関係性が変わっていくのかどうかも注目どころだと思います!

何はともあれ、第2話以降の展開が実に楽しみな新・連ドラでございます!!








◆オマケ◆・・・今作でも主題歌担当を外れる!(T_T)

これまでの織田君主演の連ドラと言えば、決まって彼自身が主題歌を担当
すると言うのがお約束だった訳ですが、今回の『Oh,My Dad!!』では彼では
なくGReeeeNが担当するんですのね~。(苦笑)

確か前作の『外交官・黒田康作』でも劇場版作品の流れからなのか、海外の
コーラスグループさんがテーマ曲を担当していたんですけど、此処暫く織田君
の新曲が発表されていないだけに少々物足りなく感じているのはひょっとして
私だけなんでしょうか?(^_^;)

俳優業だけでなく、シンガーとしての織田君にも大きな魅力を感じている私。

そろそろ久々に彼の熱いライブを観てみたいものですが、何しろ今夏は例の
世界陸上番組でメイン・キャスターを務める事ですし、最早ライブ・ツアー等の
準備に費やす時間なんて無さそうですわよね~。(苦笑)

とにかく今すぐでなくても構わないので、いつか又ライブ・ツアーを企画して
貰える機会を気長に待ってみようと思っております。(^_^;)

タグ:Oh,My Dad!!
コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

笑いと涙と感動のラスト・ダンス!(T_T) [織田裕二]

遂に本日、シリーズのラストを飾る『踊る大捜査線THE FINAL 新たなる希望』
がロードショー初日を迎えました!!!

私も早速、今日の午後一番の上映回を観るべく新宿バルト9まで出向いて来た
訳ですが・・・実は事前に購入していた前売券とは別に指定席を急遽予約購入
しての“新宿出張(笑)”と相成ったのでした。

何故ならば、同じく“新宿方面捜査(笑)”となった青島係長にニアミス面会して
みたかったから!(^_^;)

ちなみに今週の『笑っていいとも!』のTELショッキング・コーナーはまさしく『踊る』
宣伝強化ウィーク(笑)みたいになっていて、(月)真下署長@湾岸署→(火)小池
課長@交渉課→(水)スリアミ@指導員+湾岸署→(木)室井審議官@警察庁と
言うゲスト枠の流れになっていたんですよね~。

これはおそらく・・・と言うよりも、十中八九の確率で今日の金曜日=公開初日には
満を持して青島係長殿が登場するに違いない!と先読みした私は、織田君の出演
が告知される直前に新宿バルト9での指定席券を購入しておいたのです。

初日舞台挨拶@スカラ座も、そしてレッドカーペット・アライバル観覧@同劇場周辺
も全く観る事が出来ない私としては、せめてスタジオ・アルタに突入(苦笑)直前の
青島係長に一目お逢いしたい!と一大決心して早めに新宿に辿り着いたのでした。

そうしてアルタの裏口で張り込み捜査(笑)を行う事、約90分少々・・・残念ながら、
念願の青島係長のお姿を確保する事は叶いませんでした!!!(T_T)

強いて挙げれば、今日のゲストだったタキツバことタッキー&翼の御両人が時間差
でアルタ入りしたのを目撃した程度でございました。(苦笑)

新宿バルト9での上映時刻が刻々と近づいてきた事もあり、私は泣く泣く後ろ髪を
引かれるが如くスタジオ・アルタを後にしました。

でも例え逢えなくても、居る場所は違っていても・・・私と織田君が僅か数十分だけ
同じ区域(新宿)に居合わせた事は紛れもない事実な訳でして、それはそれでプチ・
ハッピーな気分を味わえただけでも良しとしますか!(^_^;)

さて、前置きがすっかり長くなりましたが、ようやく『踊るFINAL』本編の感想を・・・。

シリーズの最終作に相応しく、今作も要所要所で思わずクスッとしたり時にウルッと
涙したり時には大掛かりな演出に驚かされたりと言う風に、かなり慌しい展開だった
のですが・・・主要キャストを始め制作スタッフさん達の強い思い入れが溢れんばかり
に散りばめられていて本当に最高でした!!!

Silverの超個人的な意見としては、あの終わり方は『THE FINAL』と銘打っている
だけあって、凄く納得出来るようなエンディングだと思いました!!!

寧ろあのエンディングから、又新たな戦いが始まるんだなあ・・・とも感じましたね。

具体的なネタバレは、まだ御覧になっていない『踊る』ファンの方々の為にも敢えて
控えさせて貰いますが・・・強いて言うならば、これでようやく本庁と所轄の風通しが
少しずつではあるだろうけど良くなって行くのかな~、等とそんな期待感を持ったりも
しました。

そうか! これが『新たなる希望』とサブタイトルを付けた本当の理由だったのか!と、
今日本編をじっくり観てみて良く判った気がしましたわよ!

『踊る』シリーズと言えば、シーンのあちこちにいわゆる“リンク・ネタ(笑)”がしっかり
仕込んであるのが常識ですけど、今作でも細かなシーンで沢山用意されてました!
(ちょっとしたグッズ・アイテム・ワードやチョイ役のキャラクター達等・・・。)

例えば過去のTVシリーズやSP版・劇場版、加えて先日O.A.の『THE LAST TV』
の関連ネタも数々織り込まれておりました。
それらが果たして何なのかは、是非読者様御自身の目でチェックしてみて下さい!

それにしても・・・あのキャラが重要な役割を担っていたり、あのキャラとあのキャラに
意外な接点があったりと、今後『THE FINAL』の関連本が発売されるとすれば主要
キャラクター相関図の矢印マークが相当入り乱れそうな気がしますわね~。(苦笑)

当然ながら今回の『THE FINAL』もリピート鑑賞ほぼ決定な予感がしますが(笑)、
その前に大ヒット御礼舞台挨拶開催を是非企画して貰わなければ!!!
(って言わなくても、おそらく既に広報スタッフさんはその方向で動いているかも?)

メインタイトルを『THE FINAL』と銘打っている以上、そして青島係長自らがきっぱり
と名言している以上、本当に『踊る』シリーズはこれで最後なのか・・・?等と思うと
かなり切なくて遣る瀬無くなってしまうのですが、でもひょっとしたら又いつか数年後
にでも続編を作れる余力が多少なりとも残っているような気もします。

個人的な思いとしては、この『THE FINAL』で終わりとは思いたくないし、決定付け
したくもありません!

そんな嬉しい告知がいつの日か訪れる事を期待しつつ、2度目以降の鑑賞日を検討
し始めようと思ってるSilverでございます!!!(*^_^*)












◆オマケ◆・・・『深夜も踊る』もこれでファイナル!?(T_T)

『踊る』シリーズの劇場版公開が近付くと、これも恒例の如くO.A.されるのが宣伝
も兼ねたミニドラマ枠の『深夜も踊る大捜査線』。

『踊る3』の頃まではスリアミが主演でしたけど、今回の『深夜もFINAL』では何と
あの彼ら3人がスリアミに取って代わって主役を務めました!

◇木島刑事@警視庁・捜査一課
◇草壁中隊長@警視庁・SAT
◇眉田班長@警視庁・爆発物処理班(通称:爆処理)

彼ら3人が顔馴染みだと言うのは、スピンオフ・ドラマ版『逃亡者・木島丈一郎』で
既に知っているので、すんなりとドラマの世界観に入り込めました♪
いやあ~、それにしても木島さん・・・やっぱりあの後、美津子さんと結婚していた
んですのね!!(*^_^*)

主なストーリーはと言うと、木島刑事の奥様・美津子さんが爆弾魔の標的にされて
しまい、大きな縫いぐるみに仕掛けられた時限爆弾の解体に奔走する3人組が描か
れていたのですが・・・ミニドラマの中盤辺りで明かされた中隊長と爆処理班長2人
の異動ネタ+引退ネタがかなり寂しかったですわね~。(泣)

中隊長の北海道転勤ネタはともかくとして、視力の低下を理由に爆処理担当を
引退しようとしていた眉田班長は、今回の事件を解決させた事で引退の決心を
撤回してくれていれば良いのですが・・・。

眉田班長の独特な直感力は、まだ爆弾処理班には必要不可欠だと思いますし、
ずっと居て貰わなくては困りますわよっ!!!(T_T)

ミニドラマ・第4話以降の展開がどうなっていったのかは、もうこれ以上チェックする
事が出来ませんが・・・こちらもいわゆる『新たなる希望』であれこれ想像してみる
のも良いかも知れませんねっ♪


「踊る大捜査線 THE FINAL」 COMPLETE BOOK (ぴあMOOK)

「踊る大捜査線 THE FINAL」 COMPLETE BOOK (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2012/08/28
  • メディア: ムック




踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 シナリオ・ガイドブック

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 シナリオ・ガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2012/09/22
  • メディア: ムック




踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

  • 作者: 君塚 良一 (脚本)
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2012/09/06
  • メディア: 単行本




踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 オリジナル・サウンドトラック

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル シグマ
  • 発売日: 2012/09/05
  • メディア: CD




Love Somebody 完全盤(初回限定盤)(DVD付)

Love Somebody 完全盤(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:織田裕二
  • 出版社/メーカー: NAYUTAWAVE RECORDS
  • 発売日: 2012/09/05
  • メディア: CD




Love Somebody 完全盤

Love Somebody 完全盤

  • アーティスト: 織田裕二
  • 出版社/メーカー: NAYUTAWAVE RECORDS
  • 発売日: 2012/09/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

まずは『THE LAST TV』でウォーミングアップ! [織田裕二]

3時間程前に、チケットぴあから『踊るTHE FINAL』の初日舞台挨拶付チケット@
TOHOシネマズスカラ座の申込当落結果が届いたのですが・・・やはり案の定、
思いっ切り落選しておりましたわよっ!!!(T_T)

これまで織田君が関わるイベント系チケットでは、悔しい事に殆ど当たった例が
ございません!

強いて言えば2年前の『踊る3』公開時、大ヒット御礼の一環として企画された
合計10回連続舞台挨拶イベントにて、辛うじて六本木ヒルズでの舞台挨拶を
観覧出来た事があるくらいでしょうか・・・。(苦笑)

今回の落選に伴い、初日当日に都内某所で行われるという『レッドカーペット・
アライバル』のイベントに駄目元で申し込んでみましたが・・・これって、どうせ
スカラ座と同じ有楽町周辺なんでしょ?
(時間的に言っても、その辺りしか考えられませんわよね~?笑)

舞台挨拶はN.G.でも、せめてレッドカーペットを歩く織田君や主要キャスト勢を
この目でしかと見届けてみたいのですが・・・果たして吉と出るか凶と出るか?
サブタイトルの如く、ほんの僅かな希望に賭けてみたいと思っております!!

さて・・・そんなこんなでいよいよ公開初日が今週7日(金)に迫って来た『踊る
THE FINAL』。

本作の1ヶ月前の事件を描いた最後のSPドラマ版・『THE LAST TV サラリー
マン刑事と最後の難事件』が先週末の土曜日にO.A.されまして、私もようやく
本日録画したものを全編通して拝見する事が出来ました!

中国警察から研修の為に湾岸署に所属している王さんの結婚式を軸に、青島
係長を始めとした湾岸署の面々のドタバタした活躍やや室井さんや鳥飼管理官
等、警視庁側の内なる思惑を余すところ無く描いたドラマでしたけど・・・いやあ、
最初から最後までクライマックス・・・おっと違った(笑)、最初から最後まで実に
『踊る』ワールドらしい展開だなあ~、って思いました!

2年前に係長に昇進した青島君は、相変わらず悪戦苦闘しつつも自分の部下
・・・じゃなかった(笑)、“仲間”を上手い具合にまとめていましたわね~♪

Silver個人的に言えば、青島君は上司としてかなり憧れる存在だったりするん
ですが、自分のすべき役目を部下に簡単に押し付けちゃうところ等はすっかり
湾岸署の昔ながらの体質に馴染んじゃったんだなあ~・・・とも思ったりしました。
(苦笑)

とは言うものの、どんな状況に追い込まれようとも自分の中にある信念は今も
色褪せずに持ち続けているのだと感じましたね。

強行犯係の面々=夏美さんや緒方さん、和久君に栗山君、王さんもそれぞれ
様々な思いを抱えつつも、最後はやっぱり自分達をまとめる青島係長の指示
を信じて共に行動していく・・・『踊る3』で培われた信頼感はSPドラマ版でより
一層強固なものになったと思いました。

そしてそんな頼れる仲間を、今回の『THE LAST TV』で青島係長は“家族”に
例えました。

自分の結婚する相手が国際手配犯だと知った王さんが、絶望の余りに彼女を
道連れに死のうとした時、青島君は自分の部下を誰一人失いたくないと切々と
語り始め、王さんも確かにその一人だと説得しました。

Silver的には、此処のシーンが一番ウルウルしてしまった場面でした!(T_T)

『踊る』ワールドの作品は思わずクスッとしちゃうようなシーンが多い事でも有名
ですが、こうして時にふと涙を誘う名場面も数え切れないくらい沢山あるんです!

結婚式以外のシーンでは、新・スリアミ(=真下現署長+魚住課長+中西係長)
VS旧・スリアミ(=神田前署長+秋山前副署長+袴田現副署長)の滑稽な派閥
争いだったり(笑)、警視庁側が室井さんとすみれさんを極秘裏にお見合い結婚
させようとしたり、更にはセキュリティーの甘過ぎる(笑)湾岸署内にダンディーな
窃盗犯(=捜査一課の刑事に化ける!笑)が出没していたり(=正体はあの元・
『ザ・ハングマン』!笑)と言う具合に、いろいろな場面で呆れるくらいに可笑しい
展開が続出でしたわね!

それにしても真下署長ってば・・・『交渉人・真下正義』での主役を始め、『踊る2』
でのちょっとしたクールな活躍が割と格好良いと思ってたんですけど、署長に就任
した途端にすっかり湾岸署の腐った体質に染まってしまいましたよね~。(苦笑)

まあ元々刑事だった頃から湾岸署に所属していた事もあって、真下君を取り巻く
キャラ達に素直に影響されたのだと思いますが、敢えてSilver的願望を言わせて
貰うなら、前任者とは全く異なるタイプの署長=例えば刑事時代に習得した交渉
術を署長自ら使っちゃうような、頭の切れるアクティブな署長さんになって欲しい
と期待していたんですっ!(^_^;)

そう言えば・・・終盤の鳥飼管理官とのやり取りで室井さんが例によって例の如く
(笑)ボソッと口にした秋田弁=「へばなすたっちゃ」の意味が全く判らない!!

室井さんがこれまで警察で尽くしてきた行為を鳥飼君が「所詮それは偽善だ。」
等と失礼な発言で侮辱した直後の秋田弁だったんですが、多分今回のも日常
会話的な方言で余り深い意味は無いような気がします。

ネット上で“秋田弁・解説コーナー”みたいなWEBがあれば良いんですけど・・・。
明日以降、時間があれば探してみようかしら・・・?

そしてそして・・・本編終盤にて、室井さんとの別れ際にすみれさんが残したあの
言葉は、もう既に1ヶ月も前から湾岸署を辞める決意を固め始めていた事になる
訳ですよね?

本編で電話のやり取りをしていた相手は、おそらく大分に住むすみれさんの親御
さんの筈で・・・あの時点ではまだ、青島君にすら相談出来ていないのだと思われ
ます。

この流れを受けて、『踊るTHE FINAL』ではどんなエンディングが待っているのか?
サブタイトルである『新たなる希望』が意味するものとは、一体何か?
嗚呼・・・公開初日が益々楽しみになって来ましたわよっ!!!

何はともあれ、『踊るTHE FINAL』公開まであと4日でございます!!!(^_-)-☆


踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 オリジナル・サウンドトラック

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル シグマ
  • 発売日: 2012/09/05
  • メディア: CD




Love Somebody 完全盤(初回限定盤)(DVD付)

Love Somebody 完全盤(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:織田裕二
  • 出版社/メーカー: NAYUTAWAVE RECORDS
  • 発売日: 2012/09/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

公開迫る最後の劇場版! [織田裕二]

15年と言う長きに亘る歴史に、遂に幕が下ろされる事となる『踊る大捜査線』
シリーズですが、そのラストの劇場版作品となる最新作・『踊る大捜査線 THE
FINAL 新たなる希望』がいよいよ来月7日(金)からロードショー公開されます
わね!!!

この時期に来てようやくTVCMスポットが流れ始めたのですが・・・何やら青島
係長殿が被疑者に撃たれるような描写があったりして、まさか今度こそ本当に
危ない状況に陥っちゃうのかも!?等と内心不安になったりしております!!

そんな中で、数日前に発売された『THE FINAL』のコンプリート・ガイドブックを
早速購入して来まして、今作に於ける主要キャラの位置付けが明らかになって
参りました!!!

そこで本日はその中でも私・Silverが特に気になっている登場キャラクター達に
ついて少々綴ってみたいと思います♪


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

すみれさんの直属上司が天国へ・・・。(T_T) [織田裕二]

本当ならば本日のブログ記事は、別内容でお届けするつもりでいました。

ところが、今日突然舞い込んで来た訃報に今はただ驚きと悲しみに動揺
しまくっているSilverでございます・・・。(T_T)

今年9月公開予定の最新劇場版で15年と言う長い歴史にピリオドが打た
れる事になっている、『踊る大捜査線』シリーズ。

その連ドラや劇場版で、湾岸署・刑事課盗犯係所属の中西係長役を演じて
下さった小林すすむ氏が昨夜、御病気の為に亡くなられたと言うのです!!
(プチ嗚咽)

一連の訃報報道によりますと、どうやら中西係長は『踊るTHE FINAL』の
撮影時から体調を崩していらしたそうで・・・全ての撮影が終わった直後に
病院で検査を受けたところ、いきなり「余命は2~3週間」と言う無情の宣告
をされてしまったそうです。

具体的な病名も既に報道されていますが、当ブログでは敢えて触れません。
ですがそれにしても・・・そんな残酷な仕打ちってありますか!?(T_T)

おそらく中西係長は、単なる体調不良か何かでは?と思いつつ軽い気持ち
で診察を受けたのではないでしょうか?

ところが、いざ蓋を開けてみたら非常に深刻な病気だっただなんて・・・!!
もしもこれが私の立場だったら、絶対に耐え切れない悔しい事実だわ!!!

でも中西係長は、この宣告を冷静に受け止めていたんだそうです。
『踊る』シリーズでのコミカルな役どころとは打って変わって、演じた御本人は
きっと強い精神力の持ち主だったのかも知れません・・・。(T_T)

中西係長の決め台詞(?笑)と言えば勿論、盗犯係で一番頼れる部下である
すみれさんを呼ぶ時の3連呼=「恩田君、恩田君、恩田君!!!」ですけれど、
今度の『踊るTHE FINAL』で本当にラストの3連呼になってしまうんですね・・・。

中西係長の訃報を受け、湾岸署の面々=青島係長やスリアミの面々が追悼
コメントを寄せてくれているようですが、肝心のすみれさんは今どんなに悲しい
気持ちを抱えている事でしょうか!!!(T_T)

何しろ同じ盗犯係でしたし、直属の上司と部下と言う関係でもありましたから
『踊る』シリーズでは青島係長の次に一緒に居る時間が長かった事と思うん
ですよね・・・。

今頃中西係長は、先に天国へ旅立って行った和久さんと再会してるのかしら?
そしてひょっとしたら、こんなお小言をぶつけられているのかも・・・?

「おめぇ、此処に来るには未だ早過ぎるじゃねえか!・・・なんてな。(苦笑)」

訃報によれば、まだ58歳と言う若さだった中西係長。
世間一般的に考えてみても、お亡くなりになるには余りにも若過ぎますよね。

全シーンを撮り終えた『踊るTHE FINAL』は現在鋭意編集中だそうですけど、
本編の完成版をチェック出来ないまま亡くなられてしまったのはきっと御本人
としても凄く無念だったに違いありません・・・。(T_T)

そんな中西係長の代わりにはなれないかも知れませんが、公開時期が来たら
私も心して中西係長の“最後の3連呼”=「恩田君、恩田君、恩田君!!!」を
自らの目に・・・そして耳に焼き付けたいと思っております。

この場を借りて、中西係長こと小林すすむ氏の御冥福を心からお祈り申し上げ
たいと思います。

『踊るTHE FINAL』に向けての盛り上がりを、どうぞ空から見守っていて下さい!
中西係長殿!!!(T_T)

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『踊るTHE FINAL』、遂にクランクアップ! [織田裕二]

今朝もいつものように朝食等摂りながら出勤の支度をしつつ『めざましテレビ』を
観ていた訳ですが、その中の芸能コーナーにて、シリーズ最終作となる劇場版・
『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』クランクアップの模様が流れており
ました。

それにしても“新たなる希望”って・・・あの『スター・ウォーズ』・EPISODE 4と全く
同じサブタイトルじゃありませんか!
いつの間にこんなサブタイが決定していたんですの~??(苦笑)

青島係長殿を始めとして、すみれさんや真下署長、そして室井さん達が撮影スタ
ッフさんからクランクアップの花束を贈呈された映像が流れているのを観て、「嗚呼
・・・これでとうとう『踊る』シリーズも終わってしまうのか~。」と、かなりの寂しさを
覚えるSilverなのでした。(T_T)

もしも今後も『踊る』シリーズが何らかの形で継続されるのなら、願わくば更に年齢
を重ねた青島係長殿が、やがて湾岸署の新・署長に就任する姿を観てみたかった
かな・・・と思うんですよね~。

確かに係長殿は、神田・前署長や真下・現署長に比べるといわゆるノンキャリア組
の“脱サラ刑事”と言う立場であり、相当の努力と功績を重ねないと署長というポスト
には就けないのだろうと思います。

ただ、もし仮に青島係長殿が遠い将来的に湾岸署の署長と言うポストに就いた時、
彼はきっと今まで以上に現場刑事側の立場に立ちつつ、現在の腐り切った警察
社会に一石を投じてくれるのでは?と、思わず期待してしまうんですよね~。

いずれにせよ、泣いても笑っても今回の最終作・『踊るTHE FINAL』でシリーズに
ピリオドが打たれる訳ですが・・・今朝の『めざましテレビ』でチラッとだけ流れていた
予告編的な映像を観る限り、前作の『踊る3』以上にかなり見応えがありそうです!

一部報道では例によって例の如く、青島係長殿と室井さんとの確執が取り沙汰
されていたり、これによって『踊るTHE FINAL』の公開予定日が遅れるかも?との
噂話もあったりして何かと気掛かりな情報や憶測も飛び交っていますけど・・・でも
そんな雑音は一切気にせず、9月の公開をただひたすらお待ちしたいと思います!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『THE FINAL』に先駆け・・・最後のSP版、O.A.決定! [織田裕二]

今年9月の『THE FINAL』ロードショー公開を以って、15年と言う長きに亘る歴史
に幕を下ろす事になっている、『踊る大捜査線』シリーズ。

そんな『踊るTHE FINAL』公開に先駆けて、何と同じく今年9月に『踊る大捜査線
THE TV SPECIAL』と言うSPドラマ版のO.A.が決まったそうですわねっ!(*^_^*)


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『踊るTHE FINAL』、遂にクランク・イン! [織田裕二]

今朝方O.A.されていた『めざましテレビ』・芸能情報コーナーによりますと、
昨年暮れに大々的に発表された『踊る大捜査線』の劇場版最終作品となる
『踊るTHE FINAL(仮)』が遂に昨日、クランク・インを迎えたようですわね!

コーナー内では撮影模様や青島係長殿こと織田君のインタビュー等が少し
ばかり流れていまして、私も朝の出勤支度をしつつ胸躍らせながら思わず
見入ってしまいましたわよっ!!!(*^_^*)

ちなみに昨日のクランク・インではまず、湾岸署内でのシーンが撮影されて
いたらしく、青島係長を始めとした強行犯係の面々(=緒方さんや夏美さん、
和久君に栗山君、そして研修生扱いの中国人・王さん)等も勢揃いしていた
ようでした♪

現時点に於いては『踊るTHE FINAL』の正式サブタイトルや登場人物の詳細、
ゲスト・キャラの有無、それに今回の主なストーリーについては一切不明のまま
ですけど、織田君のファン歴・21年目であると共に『踊る』シリーズの大ファンと
なってしまった私としましては、今朝報じられたクランク・インの情報だけでとに
かく異常な程に舞い上がっております!!!

これら不明な情報については、これから追々小出しに告知されていくんだろうと
思います。

・・・それにしても前作・『踊る3』のラスト・シーンにて湾岸署の新署長に就任した
真下君。
彼が果たしてちゃんと湾岸署の運営・管理を仕切っているのか、個人的には非常
に微妙な感じなんですよね~。(苦笑)

まあ彼は元々エリートのキャリア組ですし、実力そのものはあるんだと思うんです。
しかも『踊る2』やスピンオフ作品『交渉人・真下正義』では、ロス市警にてクライシス・
ネゴシエーション術を学んで警視庁に交渉課まで設立させましたから、基本的には
頭の切れる人物でもあります。

ただ真下君って、どちらかと言うと“おとぼけ系キャラ”でしょ???
(演じるユースケさん本来のキャラも混ざりつつ・・・。苦笑)

しかも湾岸署在籍時代は、あの“ずっこけ3人組(笑)”こと“スリアミ(スリー・アミ
ーゴス)”の教育の下で研修していた訳ですから、彼らの影響を受けていない筈
が無いのですっ!!!(^_^.)

そう言えばその“スリアミ”・・・神田前署長と秋山副署長は、『踊る3』を最後に
本当に引退(=定年退職?)されてしまったんだろうか?
そして残された(と思われる)袴田課長は今も尚、刑事課課長として在籍されて
いらっしゃるんでしょうか?

まあそんな心配もありつつ(苦笑)、今後の『踊るTHE FINAL(仮)』の最新情報
を心待ちにしたいと思います!!!













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

さらば青島君! 『踊るTHE MOVIE・完結編』公開決定! [織田裕二]

何だか早いもので、2011年も今日を含めて後3日となってしまいましたわね~。
慌しい年の瀬ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私も昨日で仕事納めとなり、今日からやや短めの年末年始休暇に突入した
訳ですが・・・今日は取り合えず大掃除・第1弾を終えたところです。

ちなみに大晦日から来月2日までは立て続けにライブ参戦予定が入っている
都合上、明日一杯で大掃除関係を終わらせなければならないんですよね~。
(苦笑)

今回は久々に、不要になった書籍やCD関連を一斉処分しようと思っているん
ですけど、そこまで果たして時間があるかどうか非常に微妙でございます!!

さて・・・早速ですが本題です。

ついさっきまで、『踊るTHE MOVIE 2 ~レインボーブリッジを封鎖せよ!~』
の地上波O.A.を懐かしく拝見していたんですけど、まさに本日29日付の最新
情報として、『踊る』シリーズの劇場版・最新作制作が決まったらしいですわよ!



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 織田裕二 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。