So-net無料ブログ作成

『超スーパーヒーロー大戦』初日舞台挨拶@新宿バルト9・観覧プチレポ♪ [仮面ライダー]

3月も下旬を過ぎますといよいよ春本番と言う感じですけど、まだまだ
朝夕は冷え込む気温が続いて行くと思いますので、私を含めて当ブログ
にお越しの皆様方はくれぐれも体調管理にお気を付け下さいませねっ♪

この春先の時期と言えば、特撮ヒーロー作品的にはライダー×戦隊のいわ
ゆるコラボ系劇場版作品が上映されるパターンがすっかり定着しており
まして・・・2017年もその例に漏れず、まさに本日3/25(土)から最新の
ライダー×戦隊系コラボ映画が全国ロードショーとなりました!

その名もズバリ、『超スーパーヒーロー大戦』!

現在O.A.中の2作品(=『仮面ライダーエグゼイド』+『宇宙戦隊キュウ
レンジャー』)を中心にして、新旧のライダーや戦隊ヒーローが多数登場
して複数のチームに分かれてバトルを繰り広げながら謎の強敵に挑んで
行く・・・と言うのが主な粗筋なんですけど、個人的な感想としては全体
的なストーリーは余り深く考えずに、ただ単純に歴代ヒーロー達の活躍を
楽しめた作品だったと思いましたわね~。

その感想は追々書かせて頂くとしまして、本日が公開初日と言う事もあり、
例によって例の如く私は新宿バルト9にて行われた初日舞台挨拶イベントも
しっかり観覧させて頂きましたので、まずはそちらのレポから始めたいと
思います!



本日の新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶(私が観覧したのは初回の
12:00上映回終了後)に登壇してくれたのは、『エグゼイド』チームの
以下の面々でございました!

◇飯島寛騎君(仮面ライダーエグゼイド・宝生永夢役)
◇瀬戸利樹君(仮面ライダーブレイブ・鏡飛彩役)
◇松本亨恭君(仮面ライダースナイプ・花家大我役)
◇小野塚勇人君(仮面ライダーレーザー・九条貴利矢役)
◇岩永徹也さん(仮面ライダーゲンム・檀黎斗役)
◇甲斐翔真君(仮面ライダーパラドクス・パラド役)
◇松田るかちゃん(ポッピーピポパポ・仮野明日那役)
◇金田治監督(今作でのメガホン監督)

『エグゼイド』に於ける私のお気に入りキャラ・飛彩先生と黎斗社長は
今日もとにかく素敵だったんですけど、その一方で貴利矢君の人気も
未だに高い状態がキープされてるみたいで・・・。

それが証拠に、貴利矢君本人が「こう言う形で又戻って来る事が出来て
嬉しいです!」的なコメントをした直後には客席のあちらこちらから
「お帰り!」の歓声が飛び交っていましたし、改めて貴利矢君の根強い
人気を思い知った次第でありました。

ステージ上にキャストの皆さん方が勢揃いした後は、各キャラクター
の決め台詞披露がありました。
詳しくはざっとこんな感じだったでしょうか?

◇永夢先生=「このピクルス・・・まだ瑞々しい!(※ジュージュー
バーガー回でのシーンから。)」

◇飛彩先生=「今の俺の凄さを教えてやる!(※但しこの台詞、実は
1度うっかり噛んでしまって、周囲のキャストさんからブーイングを
喰らいつつ恥ずかしそうに慌てて仕切り直しする飛彩先生なのでした。
苦笑)」

◇大我先生=「黙ってくたばってろ!(※本編ばりに凄みがあって
良かったぞ!)」

◇貴利矢君=「ハーイ、九条貴利矢・6歳でーす!(※ち、ちょっと!
よりによってその懐かしい台詞を持って来るのか!?苦笑)」

◇パラド君=「俺の心を滾らせるなよ。(※Silver的に言えばそちら
よりも「心が躍るなあ~。」の方が聞きたかったかも?苦笑)」

◇黎斗社長=「君の水晶を砕くのは・・・この私だあ!(※この台詞
では本日もしっかり振り向きざまにおどろおどろしく仰け反って頂いた
黎斗社長なのでした!笑)」

◇ポッピーちゃん=「バガモンは良いバグスターだよ!(※永夢先生
と同じくジュージューバーガー回のシーンより。)」

2度目の舞台挨拶(14:30上映前)は参加していないのでどんな状況に
なっていたのかは判りませんけど、私が観覧した初回(12:00上映後)
では何だか永夢先生と飛彩先生がやたらとイチャイチャしていたのが
今日一番印象に残っちゃっていましてねえ~。(^^ゞ

例えばこんな風に二人の会話が展開しておりました。

◇永夢先生×飛彩先生クロストーク・その1

飛彩先生「(現実世界の自分とゲーム世界の自分の一人二役だった事
から)いつもの飛彩とトゥルー飛彩(=本作の新キャラとしてトゥルー
ブレイブが登場する事から自ら命名!笑)、どっちが好きだった?」
永夢先生「(実に可愛げにニコッとしながら)どっちも好きだよ♡」

以上のやり取りをすぐ隣で見ていたポッピーちゃんがボソッと呟くよう
に「・・・何だ,こいつ等?」といかにも面倒臭そうに反応していたの
が何気にツボでございました!(^^ゞ

◇永夢先生×飛彩先生クロストーク・その2

イベント司会のいつものお姉さん(麿さん)からの前振りで、今作の
コンセプトに因んで「自分がもし歴代ヒーローをセレクトするとしたら
誰にする?」のQ&A形式トークコーナーでは二人が共に大好きだと言う
『仮面ライダー龍騎』のキャラをセレクトしてました。

永夢先生=龍騎(自分の本名に"騎"と言う文字が含まれているから。
永夢先生曰く、「寛騎の"騎"は龍騎の"騎"なので!」との事です。)

飛彩先生=王蛇(これって自分のスピンオフ・ドラマの宣伝もちゃっ
かり兼ねているのかも?苦笑)

"その1"でもそうだったんですけど、この『龍騎』の話題の時にも二人は
お互いの顔を見合わせつつ「ね?♡」みたいな表情をしていたのが実に
微笑ましかったんですよねえ~♪

そして"その2"のテーマトークでは、他のキャストさんもこんな回答を
してくれておりました。

◇大我先生=クウガ(自分が一番好きな作品が『クウガ』なので。)

◇貴利矢君=ゲンム(TV本編で直接戦った相手なので。 この発言後
に黎斗社長とガッチリ握手を交わす貴利矢君でした。)

◇黎斗社長=ドラゴンレンジャー@『恐竜戦隊ジュウレンジャー』
(この作品に時の精霊・クロトと言うキャラクターが登場するので。
つまり自分のキャラ名と同じキャラクターが居るからなんですのね♪)

◇パラド君=パラドクス(「これしか無いでしょ!」と即答でした!)

他にもトークコーナーでは今作での好きなシーン(或いは印象的だった
シーン)を各自挙げてみたり、撮影時の苦労話(特にポッピーちゃんの
屋上での囚われシーンが夜の撮影+薄着の衣装+マイナス6度近い極寒
状態だったのでとにかく大変だった!)等、興味深いエピソードを沢山
聞く事が出来ました。

それでは本日のまとめとして、今作の感想を箇条書き風に少々挙げて
みますね。

◇今作での主役は実質上、飛彩先生であります!
(それにヘビツカイシルバー・ナーガ君やジュウオウタイガー・アム
ちゃんも準主役的な立ち位置で何気に目立ってました。)

◇ゾルダ・北岡先生(演・小田井涼平さん)の久々登場に超興奮!
(でも北岡先生・・・やっぱりちょっとふっくらしちゃっていたなあ。
苦笑)

◇そんな北岡先生、何故かモモタロスちゃんの事を何度も"吾郎ちゃん"
呼ばわりしていた。
(彼のネタ的には誰かを相棒代わりにしないとしっくり来ないからなの
かも知れませんけど・・・その吾郎ちゃんは他局の某・深夜特撮枠にて
竜騎士として現在苦戦中です!笑)

◇マジイエロー・翼君と間違ってセレクトされてしまうビートバスター
・陣さんの立場って一体・・・。(^^ゞ
(こればっかりはどちらも瓜二つなので仕方ありませんなあ~。苦笑)

◇モモレンジャーが何故かキャピキャピ・ギャル風なキャラに変貌して
いた事にかなりの違和感を覚える。
(これも本人ではなくいわゆる"ゲーム世界"でのキャラクターだから、
なのかしらねえ?苦笑)

◇"ブレイブ"と言うキーワード繋がりで、ゲーム世界での飛彩先生の
部下的役割だったキョウリュウゴールド・ウッチー殿。
(ウッチーもそれなりに目立っていたとは思いますけど、願わくば
もう少し出番が多かったら良かったなあ・・・。泣)

◇モモタロスちゃん、自身の決め台詞をヤックンことアオニンジャー・
八雲君に掻っ攫われる!
(しかも"クライマックス"の発音もネイティブ・イングリッシュ風に
カッコ良くなる!苦笑)

◇同じくモモちゃん、永夢先生の事を咄嗟に「おい、良太郎!・・・
じゃなかった、永夢!!!」と呼び間違える。
(このシーンは当然ながら『電王』ファンに向けたサービスシーン扱い
だと思われますけど、やっぱりモモちゃんと良太郎君はセットじゃない
とね!)

◇ライダー系劇場版作品で暫く続いていたロック・ミュージシャン枠
ゲストキャラとして、遂にこの御方(=ダイアモンド☆ユカイさん)
までもが今作に駆り出される羽目に・・・。(^^ゞ
(ちなみにユカイさん、黎斗社長のパパこと正宗様と数年前にホスト
系舞台にて共演歴がございます!苦笑)

◇そんなユカイさんが演じたショッカー首領三世の台詞の中に、何故
だか"宇宙の神様(笑)"こと紘汰君@『鎧武』の名台詞=「此処から
は俺達のステージだ。」があった事に軽く疑問を覚えた。
(何でよりによって敵キャラにその台詞を言わせたのよっ!?それは
あくまでも紘汰君が言ってこそ『鎧武』ファンが喜ぶものなのに!)

◇"ゲーム世界"でのトーナメント戦に於いて、ダイレンジャーが何気
にフィーチャーされていた(※5人勢揃いしていた)のは何故?
(バトルステージが中華風だったから?)

他にもいろいろ見どころや突っ込みどころが満載だったのですが、
余り長くなってもいけませんので(既にもう相当長文化しています
けどね。苦笑)この辺りで留めておきたいと思います。

そう言えば今作にもチラッと登場している、仮面戦隊ゴライダーに
ついては一部の携帯キャリア系アプリでしか観られないと言うスピン
オフ作品があるようなんですけど、そちらに関しては私の通信環境
では残念ながら視聴不能みたいです。

・・・嗚呼、せっかくブレイド・剣崎君(演・椿隆之君)やバロン・
戒斗君(演・小林豊君)が登場していると言うのに何て事なの!?
(プチ嗚咽!)

でもこの作品もいずれはDVD化やBlu-ray化が予定されているだろう
と勝手に予想しちゃってますので、その日を首を長くして待って
みようと思っております。

以上、本日公開となりました『超スーパーヒーロー大戦』初日の模様
を長々とお伝えしてみました。

此処までお付き合い下さって有難うございました!m(__)m


仮面ライダーぴあ 超スーパーヒーロー大戦 公式写真集 (ぴあMOOK)

仮面ライダーぴあ 超スーパーヒーロー大戦 公式写真集 (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: ムック



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。